休肝日を管理する休肝日アプリを活用することで飲酒生活が改善される

  • メンバー
  • 更新日:
73view
favorite

昨今、休肝日アプリが巷で流行っています。当アプリは飲酒量と休肝日を管理するためのものです。記録を続けることで、一週間又は一か月の成果がポイント表示されたりします。飲酒量の限度を目標設定して、モチベーションをアップできます。休肝日アプリには、カロリーや運動時間を管理できるタイプもあります。但し、複雑な操作は長続きしない恐れがあるので、最初はシンプルな操作のアプリを選ぶのが良いと言えます。自分の飲酒量が視覚化されることで、飲酒生活の見直しにつながります。1日の純アルコール摂取量の目安は20グラムです。これは日本酒で1合、ビールで中ビン1本となります。休肝日アプリは、煩わしい文字入力も不要なので、飲み会の席などでも気軽に使えます。

休肝日アプリは休肝日と飲酒量を管理するものでカレンダー機能を持つ

昨今、休肝日アプリなるものが、巷で流行っています。これは休肝日と飲酒量を管理するためのアプリで、飲酒の日や内容を日々記録することが出来ます。休肝日や適量、飲みすぎなど段階に分けて記録する簡単なものです。思い立ったら直ぐに使えるので、飲み会やコンパの際に気軽にインストールして利用できます。何かと飲む機会が多い人や、毎日のお酒が欠かせない人におすすめできるアプリです。記録を続けることで、一週間又は一か月分の成果がポイント表示されます。目標を決めることで達成感が得られ、休肝日をしっかり守れるようになります。飲酒記録の一覧のほか、カレンダー表示の切替も可能です。毎月の記録や結果をグラフで見られるので、一目でも分かりやすいのが魅力です。

休肝日アプリを選ぶ際にはシンプルなタイプの方が長続きする

休肝日アプリには、カロリーや運動時間なども管理できるタイプがあります。それでも、設定が難しかったりすると、長続きしないものです。その点、シンプルなアプリであれば、毎日続けていても苦労しません。慢性的にお酒を飲む人なら、毎日続けて飲酒を管理することが何より大切だと言えます。自分の飲酒記録を知れば、生活の改善やお酒の付き合いの見直しにもつながります。ヘビードリンカーであれば、週に1日でも休肝日を設けると血圧の数値や睡眠なども改善されます。目に見えて体の変化を感じることで、休刊日アプリの利用のモチベーションもアップします。何よりも、休肝日アプリはお酒を楽しみながら、健康管理にも役立つのがメリットです。お酒の量をクリック一つで記録でき、カレンダーで飲酒の日と量が一目で分かります。色やキャラクターなどで、見やすいのもポイントです。

厚労省は週に2日の休肝日を設けることを推奨している

厚労省の発表によると、一日の純アルコール摂取の適量は20グラムとなっています。これは日本酒や焼酎であれば1合に相当し、ビールであれば中ビン1本となります。適量を超えると二日酔いなどの要因になり、それを続けると肝臓障害などの疾病につながります。それに対して、飲酒の量をコントロールできれば、長くお酒を楽しむことも可能です。飲酒は習慣化しやすく、コントロールしないと飲酒量も増加する傾向があります。習慣的な飲酒は肝臓への負担を増加させ、身体機能全体に影響を及ぼします。そのため、厚労省では週に2日ほどの休肝日を設定することが推奨されています。その為に有効活用できるのが、休肝日アプリのカレンダー機能です。

休肝日アプリで記録することで飲酒生活を客観的に判断できる

飲酒と健康は密接な関係があり、WHO(世界保健機関)は、飲酒は60以上の疾病と関りがあると報告しています。今まで飲酒量を考慮してこなかった場合、先ず普段の飲酒量をチェックすることが大事です。自分の飲酒生活で、休肝日を設けていたか振り返ってみるのがおすすめです。飲酒が健康被害に結びつきやすいのは、お酒の種類や度数よりも、お酒の摂取量や継続性にあると言われます。それ故、休肝日アプリで飲酒量や飲酒日数を記録することで、客観的に自分の飲酒習慣を判断することになるわけです。飲酒量を管理することが、健康管理にもつながると言えます。1日の純アルコール限度が20グラムだと、中にはオーバーする場合もあります。そうしたケースでは、最初は30ラムくらいに設定して、最終的に20グラムを目指すのも一つの方法です。

休肝日アプリでは純アルコール量や血中濃度も表示することが可能

休肝日を設けて飲酒を管理するには、楽しく続けることが大切です。それには、休肝日アプリなどで、モチベーションをアップさせることが有効な手段となります。自分の毎日の酒量を知るだけでも、過剰な摂取を防止する効果があります。休肝日アプリの飲酒カレンダーは視覚的に分かりやすいので、自分の飲酒量がどれくらいになっているか直ぐに判断できます。何よりも、煩わしい文字入力を必要としないので、飲み会などの飲酒の席でも簡単に入力可能です。酔い状態をキャラクターで表示したり、飲酒量がオーバーすると警告が出たりと色々な機能も満載されています。休肝日アプリには、現在のアルコール摂取量や純アルコール量、そして血中アルコール濃度などを表示させることも出来ます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3