オーストラリアのパブについて知っておきたい豆知識

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

海外のパブというのは魅力的な雰囲気を醸し出しています。もしもオーストラリアに旅行などで行かれたときには、オーストラリアのパブの雰囲気を堪能したいと思われるのではないでしょうか。

しかし、日本とはパブのルールや雰囲気も異なるオーストラリア、多数のパブを見かけても何となく足を運ぶことができないと思われてしまうはずです。そこで、オーストラリアのパブに興味のあるかたのために、システムや豆知識をご紹介していきます。

オーストラリアのパブってどんな雰囲気なの?

“オーストラリアのパブというのは、日本のお店とはひと味違います。一見すると感じのよいバーのように薄暗くてハイテーブルが並べられており、バーカウンターにはたくさんのお酒やビールサーバーなどが並んでいるという店が大半です。

オーストラリアにはさまざまなタイプのパブがあり、仕切りがないオープンな空間が多く、他のお客と方を並べて食事を楽しむというのがコンセプトにもなっています。ハイテーブルが並べられており、一定の席につくという人は少なく、忙しく動いている人も多く、パブではさまざまな人とのコミュニケーションが取れる場所ともなっていますので、突然話しかけられるということも少なくはありません。パブはたくさんの人とコミュニケーションをとる場所であり、食事なども楽しむことが出来ます。落ち着いた雰囲気にも思えますが、実はアットホームなのがオーストラリアのパブなのです。日本でいうと雰囲気はバー、コミュニケーションの場として提供するあたりは、スナックというコンセプトです。

オーストラリアのパブではどのようなお酒が楽しめるの?飲み放題などはある?

オーストラリアのパブでは主にビールが楽しめます。ほとんどのパブでは店内のカウンターに十種類ほどのビールサーバーが並んでいるので、そこから好きなビールの銘柄をチョイスするというシステムとなっています。オーストラリアはビール好き。そのため、多種多様なビールが特徴です。もちろんカクテルなども提供されていますし、フードメニューが豊富なパブもありますが、オーストラリアのパブはビールが基本です。

日本では飲み放題のシステムなどがありますが、オーストラリアにはそのようなシステムを導引しているお店はまずありません。オーストラリアでは、アルコールを提供するものはライセンスが必要となり、過度に客を飲酒させて悪酔いさせてはいけないというルールがあるのです。そのため、バーテンダーやウエイターがもう提供できないと判断すると、注文を拒否できます。そのため飲み放題というシステムはないのです。日本でよく見る酔っぱらって大騒ぎをオーストラリアのパブで行ったら、間違いなく追放されます。

オーストラリアのパブの入店のルールは?どんなことに気を付けるべき?

ドアの前でなぜか立っているガードマンのような男性をオーストラリアのパブでは時折見かけます。これは、パブの入店を制限する役割を持っており、お店に入る前にこのセキュリティーを越えなくてはいけません。年齢確認をされますので、パスポートを提示します。オーストラリアでは18歳以上が飲酒を認められています。パスポートがない場合は拒否されてしまうので、必ず持っていきます。また、サンダルやカジュアルな服は入店を断られてしまうケースもあるため、正装でなくても、シャツだけではなくジャケットを羽織るなど服装に気を配ることも必要です。

ガードマンがいない場合でも、店内で服装によって入店を拒否されることもあります。また、日本では案内されなくても好きな席につくという人もいますが、オーストラリアではきちんとバーテンダーの指示を待ちます。どの席なのかを案内されてから着くようにしてください。また、パブでは他のお客さんから気軽に声をかけられるので、コミュニケーションを楽しめますが、全て自己責任なので、簡単には奢られない、バーテンダー以外から差し出されたお酒は飲まないなど注意をしてください。”

オーストラリアのパブのお酒の注意方法は?だいたいいくらくらいの?

オーストラリアのパブでの注文方法は、すべてバーカウンターで行います。間違っても自分の席へと呼びつけて注文するというようなやり方はやめましょう。必ずバーカウンターでお酒も食事も注文します。オーストラリアのパブはビールが豊富なので、ビールを飲まれる方も多いのではないでしょうか。ビールを頼むときには、銘柄を選択して、グラスの大きさもチョイスします。一番小さなものは「グラス」と呼ばれ、4ドル程度、次に普通サイズの「スクーナー」で5ドル程。オオキメノモノハ「パイント」と呼ばれて7ドル程、日本でピッチャーと呼ばれる更に大きめのサイズは12ドルほどとなっています。

州によって呼び方も異なりますので、足を運ばれる際の呼び方を把握しておきます。また、パブによっても値段は異なります。カクテルなどはやや高めの設定となっていて、10ドル以上というものがほとんどです。メニューはカウンターにおいてあることが多く、数人で訪れた場合も支払いはまとめて行うのがオーストラリアパブの基本です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3