よく飲む人ほど休肝日は大切!休肝日の取り方と休肝日の説明

  • メンバー
  • 更新日:
46view
favorite

休肝日という言葉を聞いたことがない、初めて聞く人もいると思います。休肝日とはお酒を飲まずに休んでいる日のことを言います。休んでいるだけだと別の言い方もしますが、今回説明する休肝日とは肝臓を休めるためにお酒を飲まないことを言います。お酒は体にいいことやストレスも取れるといったいい話もありますが、飲みすぎると体に支障が出る人もいます。あまりお酒を飲みすぎると健康によくないから、ときにはお酒を飲まずに休んでいる日もあると少しは違います。特にお酒は肝臓に負担がかかり、肝臓の病気を引き起こすこともないとは言えません。今から説明するのは、休肝日の取り方と休肝日にまつわる話をもう少し詳しく解説していきます。

休肝日は1日だけではなく3日かけて休む方がいい

先ほど説明した冒頭分からお酒を飲むのを1日だけ控えればいいと解釈している人もいると思います。結論から説明すると、休肝日は1日だけではなく3日は取ることをおすすめします。肝臓が休まるには1日だけでは足りず、続けてお酒を控えることが重要になります。1日だけだとよくなりかけていますが次の日にお酒を飲んでしまうため、また肝臓に負担を及ぼします。3日というと1週間に3回休めばいいと誤解している人もいますが、3日連続で休むことが大切です。休肝日の1日目は肝臓が少し休まり2日目はもう少し肝臓を回復させる、3日目はさらに肝臓をよくする状況に至らせることが大事です。1日だけでは休まる人も少ないし、飲む量が多いほど休肝日を取る日数も長くなります。

休肝日はどう過ごしたらいいか

休肝日は体を休めたりときにはお酒以外の趣味や好きなことに没頭するのもいいです。テレビを見ながら休むのもいいし、少しは体を動かしストレッチをするのもいいです。読書が好きなら休める程度に読書をするのもいいです。例えば本屋に行くだけではなく図書館に行ってみると様々な発見もします。食事は体に負担をかけるものではなく、肝臓にはいいもの、あるいは負担のかからないものをおすすめします。体に優しい食事をするのもいいです。例えば肝臓にいいサプリもありますが、食事だけでもサプリの成分は取れます。しじみやにんにくを購入して食べたり料理に使うのもいいです。しじみは例えば味噌汁にすると美味しいし、にんにくは味噌汁の上に軽くのせると相性がいいです。

休肝日にどうしてもお酒を飲みたくなったら

休肝日にどうしてもお酒を飲みたくなる人もいると思います。急にお酒を辞めるのも厳しいし3日かけて休むこと自体辛いと思っている人もいます。逆に我慢をしすぎると先ほども説明したようにストレスが溜まってしまいます。ストレスが溜まってしまうと他の症状が出てくる人もいます。休肝日に取れるお酒はあり、この場合ノンアルコールのお酒をおすすめします。ノンアルコールのお酒はスーパーなどで販売されており、手軽に購入することが出来ます。本来お酒のアルコールの部分が肝臓に負担をかけます。アルコールがなければ飲めると考えている人は諦めなくてもいいです。ノンアルコールにはアルコールが入っていないから、肝臓に負担をかけず休肝日でも飲むことが出来ます。

休肝日の取り方のまとめ

お酒が好きな人はどうしてもお酒を飲みたい気持ちがあるから、急に休肝日を取ると聞くと心配になると思います。我慢出来なくなったときだけノンアルコールを摂取するだけでいいです。今はノンアルコールのお酒を作っているメーカーも増えているから、ノンアルコールでも美味しいお酒はあります。どうしてもノンアルコールの種類にこだわるならスーパーだけではなく通販やお店をまわってみるのもいいです。ただし健康を目指したいからといって体に負担かけるような運動や肝臓に負担をかけてしまう運動はよくありません。肝臓や体を休めているからあまり負担をかけすぎないのも適切です。休肝日をあまり取りたくない人は、毎日飲む量を減らしたり適度飲むことを意識するのも大切です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3