知らないなんてもったいない!アイリッシュ・パブの魅力

  • メンバー
  • 更新日:
21view
favorite

まだまだ日本では馴染みのないアイリッシュ・パブ。でも、行ったことがないのは非常にもったいない!その一番の特徴はアイルランドの伝統的で和やかな雰囲気です。初対面の人とでも会話を楽しんだり、もちろん友人や同僚とにぎやかに飲んだりする場所です。また、アイリッシュミュージックを楽しむことのできるところも数多くあります。そしてアイリッシュ・パブと言ったら外せないのがビールです。中でもアイルランドを代表するアイリッシュスタウト「ギネス」。その特徴である濃厚な色、しっかりとした苦味、深いコク、ほのかな甘み、繊細でクリーミーな泡は絶品です。伝統的なアイリッシュ・パブで、ギネス片手に会話や音楽を楽しむ、日本の居酒屋とは違った良さを感じてみてはいかがでしょうか。

今さら聞けない!パブってなんだ?

みなさんはパブと聞いて、どういった場合を指すのかご存知でしょうか?私自身も知らずにいた1人でした。この機会に、パブとは何かを知って、パブをもっと楽しみましょう。そもそも、パブとは、イギリスで発達した酒場をさし、Public Houseの略称。大衆的な酒場で、その地域の人たちの「社交の場」という要素が強いイメージです。主にビールやサイダー(お酒)、ワイン、ブランデーやウイスキー、からソフトドリンクまで提供するのが一般的。ここで、同じような場所を示す言葉として、バーというものがあります。どちらかというと、こちらの方が馴染みのある言葉ではないでしょうか。バーとは、アメリカで発達してきたもので、カクテルを提供するために、多くの種類を揃えているのが一般的。古くは仕事終わりの労働者が会話や歌、踊りを楽しむ場所でしが、現在では落ち着いた大人な雰囲気でお酒を楽しむ場所となっているのが一般的です。

同じじゃない!!アイリッシュ・パブの特徴

パブにも種類があります。今回はアイリッシュ・パブとブリティッシュ・パブについて比較をご紹介。まず、名前の通り、アイルランド流、ブリティッシュ・パブはイギリス(グレートブリテン)流です。そのため、雰囲気はそれぞれの国柄を反映して、大きく異なります。アイリッシュ・パブでは初対面の客同士でも会話をし、最後には常連も一見さんも知り合いになっている事もしばしば。一方ブリティッシュ・パブでは、オーダー以外はあまり言葉を交わさずドライな感じ。客は自分のペースで飲む、コミニュケーションをとる、というのが伝統的スタイル。これは、階級社会の影響を受けているためと言われています。また、客層にも違いがでます。アイリッシュ・パブでは、親がビール片手に会話を楽しんでいる傍ら、子供はアイスクリームを食べているということが自然な光景としてみられますが、ブリティッシュ・パブでは、飲酒する場所に子供は入れないのが一般的です。

アイリッシュ・パブと言ったらギネス!美味しい飲み方

アイリッシュ・パブと言ったらギネスビールは外せません。スタウトと呼ばれる、ローストした大麦を使用し、上面発酵により醸造された黒ビールです。独自の特許技術より生み出される、極めてクリーミーな泡となめらかな喉ごし。ヒールらしい苦味と後味の中にほのかな甘みを感じるのが特徴です。ところで、ギネスを飲まれたこのとある方、注がれたらすぐに飲んでいませんか?そうだとすると、損をしています!ギネスはまず「目」で飲まなければなりません!ギネスビールはグラスに注いだ直後、細かな泡で濁った状態です。時間が経つにつれて、泡が表面まで上がり綺麗な黒色になり、飲み頃となります。この過程を「カスケードショー」と呼び、注がれてから飲み頃(泡が落ち着く)まで、119.5秒と言われており、この時間を楽しめるのが、通の飲み方と言われています。

ギネスだけじゃない!アイリッシュ・パブで飲める絶品のサイダー

アイルランドといえば「ギネス」ですが、アイルランドの夏と言ったらこれ!というのが、アイリッシュ・サイダーです。サイダーといってもジュースではなく、お酒です。定番はアップルテイストで他にも、洋ナシやベリーなど様々です。アイルランドにおいて夏に欠かせないものだそうです。その中でも最もメジャーなのがBULMERSです。1930年代より販売されている伝統あるサイダーです。その代表であるアップルテイストは甘さ控えめですが、天然のりんごの風味が強く爽やかでとても飲みやすいドリンクとなっています。ちなみに、BULMERSというサイダーは2つあります。一方はアイルランドのサイダーメーカー、もう一方はイギリスのサイダーメーカーです。ただし、商標の問題で、アイルランドメーカーのBULMERSは、アイルランド以外ではMAGNERSという名前で販売されています。一度飲み比べてみても楽しいかも知れません。

本場のアイリッシュ・パブに行ってみよう!

アイリッシュ・パブの魅力を知ったら、一度は本場のパブに行きたくなりませんか?ダブリンの中心部にあるテンプルバーという、パブ密集エリアが有名です。比較的観光客向けの店舗も多いです。より、伝統的なアイリッシュ・パブに行きたい場合は、ダブリン市内ではなく、地方のパブがおすすめです。客とバーマンがコミュニケーションが取りやすく、独特の親しみのある雰囲気を楽しむことが出来るでしょう。まず、ビール一杯を頼むためのワンフレーズ「A pint of Guiness, please.」を覚えておきましょう。また、オーダーの仕方を覚えておきましょう。アイリッシュ・パブでは、カウンターで注文・支払いを行い、お酒を受け取ってから席に着くのが一般的です。追加オーダーもその都度カウンターに行きます。ぜひ、アイルランド文化には欠かせない、アイリッシュ・パブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3