日本とは全然違う!アメリカに行くなら知っておきたいアメリカのお酒のマナーとは?

  • メンバー
  • 更新日:
8view
favorite

アメリカというと豪快なイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか。なにしろ、自由の国アメリカですから、お酒に関しても自由なのだろうと思ったら大間違いです。アメリカにはアメリカのルールというものがあります。

日本のルールが正しいと思われているのであれば、アメリカで大恥をかいてしまうだけではなく、場合によっては逮捕されてしまう可能性もありますので、きちんとその国のルールを知っておくことが必要となります。

アメリカではお酒を飲める年齢が違う?お酒のマナーが異なるアメリカで飲酒できる年齢とは?

お酒のマナーは日本よりも緩いようなイメージもあるアメリカですが、日本では二十歳以上となっている飲酒ですが、アメリカではお酒の購入も飲酒も21歳からと決まっています。日本人だから関係ないと言うわけではなく、日本であってもその国の法律を守らなくてはなりませんので、アメリカで二十歳の方がお酒を購入しただけでも法律違反となってしまいます。

レストランやバー、更にはお酒を販売しているスーパーやコンビニエンスストアなどでも、お酒を購入する際には身分証明書の提示がルールとなっています。21歳以上であることが確認できない状態でお酒を提供してしまうと、店舗が罰せられるため、大変厳しいのです。

日本人は海外の人からは若く見られることが多く、40代で日本では一度も身分証明書の提示を求められたことがないというような人も、アメリカでは若く見られて身分証明書を提示するシーンも多くなりますので、レストランなどでちょっと一杯というときも、パスポートは常に携帯しておくことが必要となります。

公園でちょっと一杯はマナー違反?アメリカでは外で飲んだらいけないの?

駅前の椅子に座ってお酒を楽しんでいたり、公園やお花見の場所や海水浴場などではお酒というのは付き物ではないでしょうか。しかし、このような行為をアメリカで行った場所にはルール違反となってしまいます。一部地域では許可されている場所もありますが、ほとんどの場所は公共の場所でお酒を飲むというのは禁止です。

これは法的にも禁じられていることですので、マナー違反というよりも軽犯罪にあたるため、罰金を支払わなくてはならなくなります。アメリカ人から見ると、お酒を並べてお花見というのは異様な光景なのかもしれません。

海外に行って開放的になるかもしれませんが、素敵な公園でサンドイッチとワインをもってゆっくりとした休日をなどとしていると、警察にお世話になってしまうのです。アメリカではバーやレストランなど飲酒が認められているエリア以外での飲酒はマナー違反であることを覚えておいてください。また、飲酒運転もご法度となっています。

意外とうるさいアメリカのお酒に関するマナー、バーなどでも気を付けよう

アメリカのバーを利用する際などはバーのルールを覚えておいてください。日本では居酒屋などで注文をする際に店員を大声で呼ぶというシーンも見られますが、これをアメリカで行うと白い目で見られます。アメリカのバーは静かにお酒を飲む場所であり、大声を出すというのはマナー違反となります。もちろん、お店の方に大声で呼び掛けるのもマナー違反です。

日本はお客が上というような先入観を持たれている方がいますが、アメリカは店員も客も同じであるという認識ですので呼びつけるというのはマナー違反に当たります。

また、お酒にオープンなイメージがアメリカにはあるかもしれませんが、人前で酔っぱらうというのはアメリカではマナー知らずだとみなされます。日本では酔っぱらって路上に寝転んだり、べろべろで歩くというのはよく見かけるかもしれませんが、アメリカで同じことをしていると、恥さらしであると思われます。酔って失敗したはアメリカでは許されないということを知っておきましょう。

アメリカにはお酒を買うのもマナーがある?購入方法をご紹介

24時間いつでもコンビニエンスストアに足を運んだらお酒が買うことが出来る日本。しかし、アメリカは違います。アメリカでは州によって、お酒の購入方法も異なるので覚えておくことが必要です。アメリカではお酒を購入することができる時間というのは決まっている州があります。午前2時以降や日曜日の午前中は酒の販売を禁止しているというような州もあります。また、テキサス州など特にアメリカ南部の州には「禁酒郡」というエリアも存在しており、日曜日のお酒の販売を禁止したり、州によっては一切禁止という場合もあります。

また、お酒を購入することができるお店に対しても厳しい規制があります。ビールなどの比較的アルコール度数が低いお酒はスーパーなどでも購入することができます。しかし、ウォッカなどのアルコール度数が高いものに関してはリカーショップでのみの販売となっています。

実はアメリカは日本よりもお酒に関してのルールもマナーも厳しいので、エリアによって異なるマナーを把握してアメリカでのお酒を楽しまれてください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3