休肝日にもデメリット!?知らなきゃ怖い誤解だらけの真事実!

今回は健康のために、休刊日を設けたいと思っている呑んべぇさんなら知っておきたい休刊日のデメリットをご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
510view
favorite
休肝日にもデメリット!?知らなきゃ怖い誤解だらけの真事実!

仕事帰りにアルコールを摂取して帰宅する、などという人は多いのではないでしょうか。

しかし、ついお酒を飲み過ぎてしまい、健康に不安を感じている人もいるかもしれませんね。そのため、休肝日が推奨されています。

休肝日というのはお酒を飲まず、体を休ませるという事ですが、確かに健康のためには休肝日が大切だと感じる人もいるかもしれませんね。「週に1回、2日続けて」とはよく聞く言葉ですよね。

しかし、その一方で休肝日を設けてもそれなりにデメリットが生じてしまうのです。

休肝日を設けるというのは良い事なのに、なぜデメリットが生じてしまうのでしょうか。ここでは休肝日に関するデメリットを詳しく紹介していきます。

今回は健康のために、休刊日を設けたいと思っている呑んべぇさんなら知っておきたい休刊日のデメリットをご紹介します。

【01】お酒を飲まない代わりに間食が増える!


休肝日のデメリットの1つには、たとえ休肝日だからといってお酒を飲まなかったとしても、その分口寂しくなってしまい、お酒に代わるものを摂取してしまう可能性があるということです。

一般的にはお菓子などを摘んでしまう人が多くなると言われており、糖分や塩分の摂取が増えてしまうことで健康に良くない、という問題が指摘されています。

確かに、お酒をいつも飲んでいるにもかかわらずその日だけお酒を飲まないとなれば、その代わりに何か食べるものなどが欲しくなってしまいますよね。

このような問題があるからこそ、禁酒をすると体重が増えるなどという問題が起こるのです。

お酒の代わりにお菓子などを大量に食べてしまえば意味がありません。

むしろ、それによって糖分や塩分を大量に摂取してしまい、他の日にもお酒を飲みながらお菓子を食べるようになってしまった、などという人もいます。そのため、休肝日はお酒の代わりのものを摂取してしまうというデメリットが生じてしまうと言われています。

【02】休肝日明けの飲酒量が増えてしまう!

休肝日のデメリットには、休刊日の翌日の飲酒量が増えてしまうということもあります。

毎日お酒を飲んでいる人が休肝日を設けたら、「休肝日のおかげで飲酒量が減っている」と思ってしまう可能性があります。

しかし、そのために休肝日の翌日は飲んでも良いと思い込んでしまい、休肝日に飲めなかったお酒を取り戻すかのように、翌日飲酒量が増えてしまうという人が多いと言われています。

これではそもそも休肝日の意味がないですよね。

休肝日を設けることでお酒の摂取量を減らすなければいけないのに、休肝日のおかげでより飲酒の量が増えてしまうという人もいるのです。

言い換えれば、休肝日を設けない方がお酒を摂取しないで済む、ということであり、これでは健康にはなりません。

そもそも休肝日を設ける意味がなくなってしまいますので、休肝日を設けるときには翌日も飲みすぎないように気をつける必要があります。

このようなリスクも休肝日のデメリットとして覚えておかなければいけません。

【03】休肝日のせいでストレスが溜まってしまう!

休肝日のデメリットの1つには、とにかくストレスが溜まってしまうということも挙げられます。

お酒が大好きという人がお酒を摂取しなくなれば、その分ストレスが溜まりますよね。

休肝日を設けるという事は多かれ少なかれ自分の健康に不安があるということであり、そのようなストレスも合わさって、休肝日は精神的に平和ではないとも言われています。

例えば医者から休肝日を設けるように指示された場合、「休肝日を設けなければいけないほど自分の体調が悪い」と感じてしまい、それがストレスになります。

さらにそこにお酒が飲めないというストレスが加わってしまい、さらなるストレスになってしまうのです。

確かに、毎日お酒を楽しみにしている人にとってはお酒が飲めないというのは大きなストレスになります。

その分、何らかのストレス解消法を見つけていかなければいけないと言えるでしょう。

ただし、お菓子などを食べるようになってしまうとそれが原因で糖分や塩分を摂りすぎてしまったり、体重が増加してしまったりする可能性もあります。

【04】飲み会のお誘いをお断りして人間関係が希薄に!?

休肝日のメリットの1つには、人間関係が希薄になってしまう可能性が挙げられます。

いつも友達や同僚と居酒屋などに行き、お酒を飲んでいるという場合、休肝日はそのような場所にいけなくなりますよね。

もちろん、居酒屋などに一緒に行っても良いのですが、そのような場所でノンアルコールを嗜むというのはなかなか難しいものです。そのため、居酒屋などに行かなくなってしまい、友達関係や人間関係が希薄になってしまう可能性があります。

確かに、いつもお酒を飲んでいる仲間にしてみれば誰かがお酒を飲まなくなってしまうと、「付き合いが悪い」などと感じてしまうこともあるでしょう。も

しも休肝日を設けるのであれば、その理由などもしっかり説明しなければならなくなるかもしれません。

しかし、特に理由などを説明することなく居酒屋などに行かなくなれば、「最近は付き合いが悪い」と思われてしまう可能性も出てきます。

もしも休肝日を設けるならば、いつも居酒屋などに行く仲間にも理由を伝えておくと良いかもしれません。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ