休肝日って効果あるの?とるべき日数と酒好きが知るべき肝臓の負担

  • メンバー
  • 作成日:
439view
favorite
休肝日って効果あるの?とるべき日数と酒好きが知るべき肝臓の負担

私たち現代人は日常的に実にたくさんのストレスと接しています。

ストレスの発散方法は人によって違いますが、多くの人は美味しいお酒を飲んで発散させたりしていますよね。会社帰り、気の合った会社の同僚たちとワイワイとお酒を飲むと実に楽しく、ストレスもあっという間にどこかに吹き飛んでくれるものです。

ただ、そんなお酒もストレス発散のためと言いつつ、毎日、毎晩に渡り飲みすぎると体には決して良くないもの。恐らくは毎日お酒を飲み続けて休肝日を全く設けていない人は、アルコールが私たちの体にもたらす影響をきちんと理解していないのだと思います。

大好きなお酒だからこそ、これからも末長く付き合っていきたいものですよね。ここでは休肝日を設ける事の効果について分かりやすくまとめてみました。

休肝日の一番大きな効果は内臓の中でも特に大切な肝臓のケア

肝腎要(かんじんかなめ)という言葉があります。

肝腎要の肝とは実は肝臓の事を指しているのです。肝臓は私たち体の中の内臓でも一番大切と言っても良いほど重要な働きをしています。

私は一度とても大きな病気をした事があります。その際、不運にも1つの内臓の機能を失くしてしまいました。

その時、主治医に言われたのは機能を失ったのが肝臓でなくて良かったという事。肝臓が機能を失っていたら今頃私は生きてはいられなかったようです。要はそれほど肝臓とは私たちが生きていくためには欠かせない存在だという事ですね。

肝臓は、私たちが食事などで摂った栄養を分解し、取り込んで体が生きていくために必要な成分に換えて他の内臓に分配すると言う大きな働きを持っています。

その栄養の分解を「代謝」というのですが、肝臓以外の内臓はその機能の維持を肝臓の代謝に大きく依存をしています。だから肝臓がその本来の機能を果たさないと私たちの体の中の内臓は多くが同時に機能を果たす事が出来なくなると言う事なのです。

休肝日でアセドアルデヒドを体に残さないことも効果の1つ

特に肝臓はお酒を飲んだ時に体に入ってくるアルコールの代謝には重要な働きをしています。

体に取り込まれたアルコールはその多くが肝臓で処理をされ、アセドアルデヒドという物質に換えられていきます。このアセドアルデヒドが大いにクセ者。言ってみたらそれは体にとって毒素、有害物質以外の何物でもありません。

体の中でアルコールから変化したアセドアルデヒドは内臓などいろいろな部位の機能を低下させるという悪さをするのです。つまり、お酒を飲みすぎると肝臓で分解されたアセドアルデヒドが体に悪い影響を与えてしまうという訳ですね。

基本的にお酒を飲む事で体がアルコールを摂取すると、私たちの体は他の食べ物よりも優先してアルコールを分解しようとします。

それは本来、体にとってアルコールは良くない物と判断されるからなのです。体に入ったアルコールを処理するために肝臓や他の内臓は通常よりもフル稼働します。

その際、体が健康に代謝を行うために必要な酵素も通常以上に使われてしまいます。それでも肝臓のアルコールの分解能力には限界があります。十分に処理しきれなかったアルコールが体に残ると、それが二日酔いの原因になる訳です。

つまり二日酔いとは体に悪いものが残った状態の事。こんな事が長く続くと決して体に良い訳がありません。お酒はストレス発散にはとても有効なものですが、度を越して飲み続けると必ず私たちの体を蝕んでいくものなのです。

痩せたい人必見!休肝日にはダイエット効果あり!

お酒は太ると言いますが、それは少し言葉が足りません。

お酒を飲むと太るというのは、正しくはお酒を飲み続けると、太りやすい体質になってしまうという事なのです。

先ほども申し上げたように、お酒を飲む事でアルコールが体の中に入ってきますと、私たちの体の中にある内臓はいつもよりも機能をフル稼働しますので、その分負担がかかり疲弊を起こしやすくなります。疲弊した状態が長く続くと内臓は本来の機能を発揮できないようになってしまうのです。

基礎代謝とは、私たちの体が生きていくために行うエネルギーの消費のことを言います。

分かりやすく言うと体は生命を維持するために意図しなくとも呼吸をしたり、内臓を動かしたりしていますが、その際にも費やされるエネルギー消費を基礎代謝と言います。

基礎代謝のうち、内臓は例えば肝臓は21%、腎臓は9%と実に多くの割合を担っています。

もし、お酒を飲みすぎてアルコールの悪い影響のせいで肝臓、腎臓などの機能が低下すると必然的に基礎代謝量も低下するという訳です。基礎代謝が下がるとエネルギー消費も下がるので結果、私たちの体は太りやすい体型になってしまうという事なのです。

もしダイエットに励んでおられる方がいらっしゃれば、休肝日を設ける効果がここにもある事をお分かりいただけると思います。

休刊日で効果を得るにはどのぐらいの日数が必要?

休肝日を設けて結果を得るにはどのぐらいの日数を1週間に取ればいいのでしょうか?週に1日や2日と聞きますが、実際の所どちらが正解なのかがわからず困ってしまいますよね。

結論から言いますと、厚労省の公式見解でも「休肝日は週1日以上」が推奨されています。

週1日以上の休肝日を設ける事で、アルコール依存症の早期発見ができたり、肝機能障害の予防に期待できるかもしれない…という事です。

確かに、週1日もアルコールを我慢できないとなるとアルコール依存症が少し心配になりますよね。

そして、飲酒総量の減少する事で「肪肝・アルコール性肝炎・肝硬変」といった病気の予防とまではいかないものの、毎日飲みすぎていると「肪肝・アルコール性肝炎・肝硬変」のリスクが高くなるという事ですね。

お酒と上手につきあうのなら休肝日を設けよう!


ここでは休肝日を設ける事の効果について、分かりやすくまとめてみました。

お酒は百薬の長と言います。けれどもそれはあくまでも適量を守り、そして肝臓のケアをきちんと行った上での事だと思います。

お酒を飲みすぎると内臓の中でも特に大切な肝臓を酷使し、さらには体全体に悪い影響を与えてしまいます。ストレスを発散して毎日頑張ろうと思っていたのに、そのお酒が原因で体が蝕まれたのでは本末転倒ですよね。

私もお酒は大好きです。出来れば休肝日など設ける事なく、毎日でも飲みたいというのが本音の所。けれども毎日、お酒を飲み続けるよりも、年齢を重ねても健康で長くお酒を楽しめる体を維持する方が、私にとっては大いに魅力に感じるのです。

だから私は最低でも週1、理想は週2程度の休肝日を設けて、将来の自分のために今、我慢をするようにしています。もし、老後に健康な体でお酒を楽しめていたとしたら、その頃の私は今の私にとても感謝をする事でしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ