禁酒のダイエット効果!知っていると知らないのとでは大違い!

  • メンバー
  • 更新日:
19view
favorite

お酒大好き!お酒を好きなだけ飲みたいけれど、でもダイエットもしたい!そんな人ってきっとたくさんいる事と思います。私たち現代人は毎日忙しい生活に追われ、とかく体や心の中にはストレスを溜めがちです。そんなストレスの発散にはやっぱりお酒を飲むのが一番ですよね。けれどお酒は飲むと太ってしまうと一般的には言われています。お酒はカロリーが高いようなイメージがありますし、何よりお酒を飲むときに食べるおつまみはとかくカロリー高いものになりがちです。だから、ダイエットを成功させるためには飲む量を減らしたり、場合によっては禁酒をするのが効果的だったりします。ここでは禁酒のダイエット効果についてまとめてみました。お酒を飲みすぎて太ってしまったという人は是非、参考にしてみて下さいね。

禁酒のダイエット効果とそもそもお酒が太る理由

禁酒をしてダイエットに励むのなら、やっぱりお酒を飲む事がどれだけ太る原因になっているのか、きちんと理解しておく必要があります。お酒を飲む事で太る理由は1つではありません。ここでは一般的にお酒をんむ事で太る理由を1つ1つ解説していきたいと思います。

1.味が濃いものを好む。
とにかくお酒を飲むと食欲も進む事から、味が濃いものを好んで食べてしまいます。お酒を飲んだ時に食べる濃い味の料理、これ、本当に美味しいですよね。そのような感じでお酒を飲むと食欲がスパイラル的に増進していくのです。特に自宅ではなくお店で飲むとその傾向は顕著に現れます。お店で食べるおつまみは、どうしても味が濃いものに仕上げられているのです。味が濃い方がお酒も進み、お店の売り上げ増にも繋がるという訳です。塩分の多い物を食べると必然的に摂取カロリーが増えてしまいますし、なによりむくみの原因にもなりますので、注意が必要です。

2. シメのラーメンが最悪。
お酒を飲むと、シメにラーメンが食べたくなります。実はこの事には明確な理由があるのです。お酒を飲むとトイレが近くなる事は多くの人が経験をされている事と思います。トイレが近くなると、同時に塩分も一緒に体外に排泄されるようになります。だから体はお酒を飲んだ後に塩分を欲するようになるため、自然と塩分の多いラーメンが食べたくなるという訳なのです。飲んだ後のラーメン。これは完全にカロリーオーバーですよね。分かってはいるけれどついついやめられないという人も多い事と思います。

3.太る時間に食べてしまう。
Bmal1(ビーマル1)という私たちの体の中で作られる物質をご存知でしょうか。Bmal1とは体の中で作られるタンパク質の一種で、体に脂肪を溜め込もうとする性質を持っています。ですからBmal1はダイエット中にはなるべくは体の中でたくさん作りたくないものです。このBmal1は夜の22時〜午前2時頃の間に体の中で活発に作られるのですが、この時間帯にたくさん飲んだり食べたりすると私たちの意に反して、Bmal1は通常よりも多く作られてしまう傾向にあります。
一方でお酒を飲む時間帯とはちょうどこの位のタイミングという事が多いのではないでしょうか。つまりお酒は飲む時間もダイエットに大きな影響を与えてしまっているという事なのです。

ここであげたお酒が太る原因。思い当たる人もきっと多い事と思います。結果、気がついたら自分の体はあり得ない状態になっていた・・・という事なのです。だから禁酒をすると必然的にカロリーを抑えられるだけでなく、太りやすい環境や状況を私たちから遠ざける事が出来るという訳なのです。

禁酒のダイエット効果。お酒のカロリーとダイエットに向くお酒

やっぱりダイエットとなると気になるのはそのカロリーですよね。果たしてお酒のカロリーってどのくらいあるのでしょう。ここではお酒の種類毎にカロリーをまとめてみました。尚、実際のカロリーはお酒の銘柄によっても異なるので、ここにまとめたカロリーはあくまでも平均的な数値として誤認識下さい。

100mlあたりのカロリー
・ウイスキー232kcal
・日本酒105kcal
・ワイン 70kcal
・ビール 40kcal

こうやってみるとビールのカロリーが意外にも低い事に気が付きます。ビールの飲みすぎは太るというイメージがありますが、カロリーだけを見るとそれほど高くはないようです。

禁酒と言ってもダイエット中、全くお酒を飲まないという訳にはいかない場合もあるかと思います。特に社会人であれば接待やおつきあいなども日常的にはあるものです。そんな時に選ぶお酒としては実はウイスキー、焼酎、泡盛、ブランデーなどの蒸留酒がオススメなのです。ウイスキーは先ほどの通りカロリーが高いお酒ですが、その中身を見ていくと実はダイエットに向いている事が分かります。蒸留酒は製造工程で不純物が取り除かれていて、体の中で分解、解毒されるスピードが他のお酒に比べて早いのです。分解、解毒されるスピードが早いため体に蓄積されず、きちんと消費されることになるので、結局は太りにくいお酒と言う事が出来るのです。いきなり禁酒は無理という方や、禁酒中だけれども今日はちょっと飲まないといけない・・・という人は蒸留酒を選ばれるとよいでしょう。

禁酒のダイエット効果で酵素を節約しよう!

私たちの体は生きていくためにエネルギーの消費をいつも行なっています。例えば呼吸をしたり、内臓を動かしたり、そういった生きるために欠かせない行動を意図せずとも行なっている時にもエネルギーを消費しています。そのようなエネルギー消費の事を基礎代謝と言います。基礎代謝は高ければ高いほどエネルギーの消費量が多くなりますので、言い換えると基礎代謝が高い体は太りにくい体と言えるのです。

一方で基礎代謝を活発に行うためには酵素が欠かせません。言い換えると基礎代謝を活発にして太りにくい体になるためには酵素が必要という訳です。けれどもこの酵素は私たちの体の中で作られる量は限られていて、足りない場合には食べ物などで補っていく必要があるのです。

酵素は内臓などの器官が基礎代謝を行う際に使われるのものなのですが、お酒の分解をする時には通常以上の酵素が多く使われてしまいます。つまり、体が通常の基礎代謝を行うために必要な酵素までも、お酒は奪ってしまうことになり、必然的に基礎代謝は下がることにも繋がってしまうのです。こうして考えると禁酒は基礎代謝を上げるために必要な酵素を無駄遣いしないというためにもとても効果がある事がわかります。

禁酒のダイエット効果で内臓をケア。基礎代謝UPも期待出来る!

私たちの体にある内臓は、実に多くの割合の基礎代謝を行なってます。例えば肝臓は21%、腎臓は8%といった割合で体全体の基礎代謝の量を占めています。ですから内臓がしっかりと働いていれば基礎代謝の量も増えて、私たちの体は太りにくくなるという訳です。けれどもお酒はそんな内臓の基礎代謝を妨害してしまう存在なのです。

肝臓は体の中にアルコールが入ってくると通常の仕事をやめてアルコールの分解に専念するようになります。つまり通常の状態よりもより、肝臓に負担がかかる状態になってしまうという事です。そのような負担が長い間、肝臓にかかり続けるとその機能はもちろん、基礎代謝の量もだんだんと低下していく事は言うまでもありません。

肝臓で分解されたアルコールはアセドアルデヒドという物質に姿を変えます。けれどもこのアセドアルデヒドは体にとっては毒素であり有害物質でもあるのです。アセドアルデヒドが体のいろいろな部位に届くとその機能の低下を引き起こすことになり、結果的には基礎代謝の低下にも繋がってしまいます。

お酒を飲みすぎると次の日、体の調子がすごく悪くなりますよね。つまり二日酔いですが、あれは体がアルコールを分解、消費しきれない事で悲鳴を上げている現れなのです。一方でダイエットとは健康な体を維持して摂取カロリーと消費カロリーの理想のバランスを保つ事が本来の目的。お酒は決して悪いものではありませんが、どうしても飲みすぎると健康な体を阻害してしまいがちです。今まで、健康を度外視してお酒を飲み続けてきた人は、ダイエットのためにも一度禁酒をされると、とても効果があると思いますよ。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3