禁酒はどのぐらいの期間で変化と効果がでる?肝臓のためにできる事!

これを機会に少しだけ禁酒の期間を設けてみて、変化を体感してみてはいかがでしょうか。

  • メンバー
  • 作成日:
818view
favorite
禁酒はどのぐらいの期間で変化と効果がでる?肝臓のためにできる事!

お酒が好きな人はお酒がもたらす影響というのも気になるところではないでしょうか。

でも禁酒をして本当に効果があるのか、そしてどれくらいの期間我慢したらよい影響があるのか、そもそも禁酒による効果はあるのかと気になることだらけです。

そこで、禁酒の期間別にどれ程の効果があるのか、また、禁酒の期間におすすめの飲み物などもご紹介していきます。

これを機会に少しだけ禁酒の期間を設けてみて、変化を体感してみてはいかがでしょうか。

呑んべぇに禁酒は必要?お酒が肝臓に与える影響

「お酒は百薬の長」という言葉を、呑んべぇさんであれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

適量のお酒を毎日飲むことで、健康になるといわれることもありますよね。

しかし、それと同時に「百薬の長とはいへど、よろずの病は酒よりこそおこれ」という言葉もあります。

コミュニケーションを円滑にしたり、楽しい時間を作ってくれるお酒ですがやはり飲み好きには健康の為にも注意しなければいけません。

特に”肝臓”はお酒を分解する役割を担っており、お酒の飲みすぎによる影響を一番受けやすい臓器といっても過言ではありません。

肝臓病でいうと脂肪肝はお酒の飲みすぎによりまず最初に選らわれる病気です。脂肪肝は、肝臓の細胞に中性脂肪の滴ついた状態で様々な肝障害を引き起こすといわれています。

しかし、肝臓は沈黙の臓器といわれていて、病気になっていたとしても痛みなどの症状が出にくく発見が遅れ放置されてしまう事もしばしばあります。

「特に体の不調は感じてない!」そう思ったとしても、適量以上の毎日の飲酒はどんどんと肝臓に負担を与えている可能性もあります。

お酒が大好きな呑んべぇさんだからこそ、呑みすぎには気を付けてお酒と大人の付き合いができる事が望ましいですよね。

禁酒の期間は3日からでも出る?驚きの変化!

毎日お酒を飲まないと眠れないというような人も多いようですが、試しに三日だけでもお酒を飲まない日を作るというのはとても大切です。

肝臓を休ませるという意味では三日では大きな効果をもたらしませんが、日常生活において大きく変化は訪れます。

まず、お酒を飲まないと眠れないというのは大きな間違いです。

アルコールには興奮を引き起こす作用がありますので、アルコールを飲むと脳が興奮状態になります。

そのため、眠れたとしても脳は興奮状態のままで休んではいないため、寝起きが悪かったり、朝は集中することが出来ないという状態にあったはずです。

しかし、三日の禁酒によって、ようやく脳が休む時間を得ることかでき、睡眠の質も高まっていきます。

三日の禁酒期間でもたらすのは高い集中力が身に付いたりと、「何となく体調がいいな」ということが三日間の禁酒では得ることが出来るはずです。

たった三日と思うかもしれませんが、三日だけでも変化は訪れます。

禁酒期間2週間で効果はここまで得られた!

お酒を毎日飲んでいた人にとっては、この二週間というのは大変辛いかもしれませんが、二週間で得ることが出来る効果は三日よりも断然大きいです。

一番の効果はやはり疲労感が減少するということです。

アルコールは脳を活性化させる働きがありますので、夜飲むことが多いアルコールを摂取して寝るとなかなか眠れなかったり、何度も目を覚ましたりというようなこともあるのではないでしょうか。

しかし、アルコールを二週間飲まない期間を作ることで、脳がリラックス出来るのです。同時に、二週間の禁酒によって肝臓もデトックスを開始しています。

禁酒で最も気になるのは肝臓への負担を抑えることが出来るのかということではないでしょうか。肝臓はアルコール分解をする働きもありますが、疲労物質の分解も担っています。

そのため、アルコールを摂取すると、アルコール分解することが優先されて疲労物質の分解まで行き着かず、疲労感が残りやすくなっていたのです。

しかし、二週間の禁酒によって肝臓は正常な働きをもたらすことができ、疲労感が格段と軽減すると言えます。

さらに1ヵ月禁酒期間を続けると…

禁酒を一ヶ月も続けるなんて無理だと思われるかもしれませんが、一ヶ月でもたらす効果というのは絶大です。

日頃、習慣的にお酒を飲んでいた方は、肝臓内に脂肪細胞を蓄積させています。

実験によると、禁酒一ヶ月で肝臓脂肪が15パーセントも減少させることが出来たというデータもあり、更には体重が2パーセント減少したというデータもあるのです。

また、アルコールというのは脱水状態をか引き起こすとも言われています。

そのため、アルコールを摂取し続けていると肌も乾燥状態になっていると言われています。

そのため、一ヶ月禁酒期間を設けることで、肌の状態も改善するという効果もあります。

乾燥肌でさまざまな化粧品を試したけれど思ったような効果を得ることができなかったというような方も、禁酒を一ヶ月続けることで何だかいつもとは違うと実感することが出来るはずです。

また、一ヶ月禁酒した後は多くの人がその後のアルコール摂取量が減少するなど、一ヶ月の禁酒によってその後のアルコール摂取量にも変化をもたらすことが出来るのです。

禁酒の挫折を食い止める!味方なドリンク

禁酒を決意しても、習慣になっていることをやめるということは難しいものです。

禁酒期間中に挫折しようとしたら、まずはなぜ禁酒禁酒をしたのかを思い出してみてください。

それでもお酒が飲みたいという欲求が抑えられない場合、普段飲んでいるドリンクに工夫をしてみてはいかがでしょうか。

まず、禁酒期間におすすめのドリンクは炭酸水です。

ビールなどは喉ごしを重視される方も多いので、実は炭酸水のシュワシュワで満足できたというような方も少なくはないのです。

炭酸水だけでは物足りないという人はレモンやライムなどを加えると、満足度が高いですので、禁酒を決意したら炭酸水を購入しておきます。

また、お酒好きな人はカクテルやワインなどフルーティーなものを好む人も多いはずです。

そのような方はちょっとリッチなフルーツジュースをお取り寄せするのもおすすめです。高級なグレープジュースやビネガードリンクなどもおすすめです。

はまるとお酒よりも安くて健康的だと禁酒を忘れる方も多いのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ