バーレイワインって何!?ビールなのにワインの味わい?不思議なお酒

今回は、バーレイワインのおすすめの飲み方や種類などをご紹介します!

  • ライターN
  • 更新日:
64view
favorite
バーレイワインって何!?ビールなのにワインの味わい?不思議なお酒

呑んべぇのみなさんこんにちは!突然ですが、バーレイワインを知っていますか?「ワインってつくからにはワインの種類なんだろう」と思いましたか?実は、バーレイワインと言っている物の「ビール」のスタイルの一つなのです!

バーレイワインは、バーレー(大麦)を使用して6カ月~数年かけて熟成しワインのようにアルコール度数が高いビールのことです。 フルーティな香りと熟成した香りが特徴です。麦芽風味が強く、甘みを楽しむことができますよ。

「バーレイワイン」はイギリス発祥のビールの名前です。寒くてブドウの栽培ができなかったイギリスが、得意とするビールでワインに対抗して作ったと言われています。

ビールなのにワインのようにアルコール度数が高く、ワインのように月日をかけて熟成していく、というのが特徴です。原料はビールと同じ麦とホップですが、使用量が多く熟成にかける時間を長くしています。

日本でバーレイワインを製造しているビール会社は少ないと言われているので、一度飲んでみたくなりますよね?

今回は、バーレイワインのおすすめの飲み方や種類などをご紹介します!

バーレイワインとビールの違いは?通はこう飲む!

バーレイワインはアルコール度数の高さが特徴です。

ビールのほとんどが5%前後ですが、バーレイワインは8~12%もあります。アルコールの強さは、ワインと同じくらいですね。

熟成期間も長く、麦芽もホップもたくさん使わているので手間ひまをかけて仕上げられています。じっくりと熟成されることにより、いい風味を作り出しているのです。

バーレイワインの香りを楽しむためにも、チューリップ型のグラスに注いで飲むのが良いとされています。

このようなところは、ワインに似ている感じがしますね。飲み方もビールのようにグイグイといくわけではなく、あまり冷やさずに、グラスを手で暖めながらゆっくりと味わうのが特徴です。

そしてビールのようにグラスいっぱいまで注ぐことはしません。グラスの半分程度まで注ぎ、一口ずつ味わうように飲みます。

バーレイワインは熟成されると味が変わるので、数年寝かせてから飲むことも出来るんですよ!時間をかけて楽しめるなんて、お酒好きの方には目が離せません!

お酒好きが好むのはバーレイワイン?それともビール?

ワインといえばブドウが思い浮かび、生産地はフランスと思いますよね?ブドウでもなく、フランスで作られていたのでもない不思議な

ワイン「バーレーワイン」ですが、お酒好きの方は一度は飲んでみたいものです。

バーレーワインは長期熟成させたビールです。名前はワインですが、原料はブドウではなく麦なので全く別物です。

バーレーワインは、フルーティーな香りがウイスキーやブランデーと少し似ています。

炭酸は弱めですがアルコール度数は7~14%で高めなので、きつめのお酒をロックで飲むのが好きな方にはお勧めです。

ですが、お酒好きな方でもビールが大好き!という方には炭酸が弱めなので、のど越しが満足できないこともあるかもしれませんね・・。

お酒が好きな方であっても、日本酒やブランデー、ワインを好む方、ビールなどの炭酸系がお好きな方にわかれるので様々です。

ですがバーレイワインは、お酒好きの方々にはぜひ飲んでいただきたい一風変わったお酒だと言えます。

バーレーワインとビールは賞味期限や飲み頃が違う!?

バーレイワインは麦のワインと呼ばれていて、長い期間かけて熟成させたビールです。

出荷される頃には熟成されていて、購入後すぐにおいしく飲むことができます。ですが、その後保存して、さらに熟成させればよりまろやかな味になり、麦芽の甘みが出てきます。

常温に戻してからワインのように味わっていただけるビールです。

特に味に変化があらわれるのは最初の1年目です。同じビールとは思えないほどの味わいになるんですよ。

それ以降はゆっくりと変化を続けていきます。買ってすぐに飲んでももちろん美味しくいただけますが、多めに購入して前の年のものと比べてみても楽しいですね!

お祝いに購入して、記念日に楽しむという方もおられます。バーレイワインは自分好みに熟成させて飲むことが出来るんです!

それとは反対に、ビールには賞味期限がちゃんと設定されており、美味しく飲める期間は限られています。ビールは作り立てが一番おいしいので、早めに飲むことをお勧めします。

通販でも買える!おすすめバーレイワイン5選

【01】TOKYO CRAFT (東京クラフト) バーレイワイン 出典:Amazon

【01】TOKYO CRAFT (東京クラフト) バーレイワイン

安心の日本の企業、サントリーさんが手掛けているTOKYO CRAFTシリーズの「バーレイワイン」です。

日本人の口にも合いやすい味わいで、バーレイワイン初挑戦ならおすすめ!

【02】ハレの日仙人 出典:楽天

【02】ハレの日仙人

こちらも日本の会社が作るクラフトビールです。通常は2か月間の熟成の所、この「ハレの日仙人」は何と6カ月以上も熟成させ、ワインなブランデーのようなふくよかな甘みとコクを堪能する事ができます。

【03】ミッケラー スリーフロイド マイスグープ「バーレーワイン 」 出典:Amazon

【03】ミッケラー スリーフロイド マイスグープ「バーレーワイン 」

年間最優秀醸造所という偉業を成し遂げたブルワリー「ミッケラー」が手掛けるバーレイワインはドリンカブルでパワフルな味わいです!

世界40か国以上でビールマニアの舌を唸らせるビールをぜひお試しあれ!

【04】ヘルトック・ヤン グランド・プレステージ 出典:Amazon

【04】ヘルトック・ヤン グランド・プレステージ

2014年度のワールドビアカップで金賞を受賞した、ビール大国オランダ生まれのブルワリーで作られるクラフトビールです。

ビール愛好家のために作られた逸品で上質かつ個性的な味わいは、ワインの様にじっくり時間をかけて味わいたくなる贅沢です。

【05】バラデン シャウユ オーロ 出典:Amazon

【05】バラデン シャウユ オーロ

ワインの本場、イタリアで作られているバーレイワインがこちらの「バラデン シャウユ オーロ」です。

麦(バーレイ)のワインの何ふさわしいドライフルーツのような魅力的な香りと、琥珀色の色合いが美しい見ても味わっても満足できるビールです。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ