家にあるもので梅酒がグッとおいしくなる飲み方!簡単アレンジ6選!

今回は、梅酒が一段とおいしくなる美味しい飲み方をまとめてご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
491view
favorite
家にあるもので梅酒がグッとおいしくなる飲み方!簡単アレンジ6選!

呑んべぇの皆さん梅酒はお好きですか?

梅の甘さと酸味が丁度良く、さっぱりと飲みやすい梅酒は、幅広い年齢層の方から人気のあるお酒ですよね。

梅の酸味は食欲を増進してくれるので、食前酒としてもよく飲まれています。

また程よい甘さは、疲れたときの一杯にも最適です。

そのままでも十分美味しい梅酒ですが、ロックやソーダで割る意外にも美味しい飲み方があるってご存じですか?

しかもどれも大抵家にあるもので驚くくらい新たな味わいを堪能できちゃうんです。

今回は、梅酒が一段とおいしくなる美味しい飲み方をまとめてご紹介します。

【01】定番の梅酒の飲み方といえば「ロック」


梅酒の飲み方の定番といえば「ロック」ですよね!

梅酒本来の美味しさを十分に味わえる飲み方です。

晩酌タイムに一息つきたいときや、ゆったりと疲れを癒したいときにおすすめ。

ポイントは大きめの氷を使うこと。

氷がゆっくりと溶けていくので、すぐに薄まってしまうことがなく、だんだんと変わっていく味わいを楽しむことができます。

グラスはいわゆるロックグラスと呼ばれる小さめのものがベスト。

飲みきるまでに時間がかからないようにすれば、最後まで美味しさを損なわず頂けます。

また梅酒やグラスはあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくと、氷と合わせた時も水っぽくなりません。

食事中にさっぱりと頂きたいときは、細かく砕いた氷を使った「クラッシュロック」がおすすめ。

よりさっぱり感が増し、どんなお料理ともマッチします。

お好みでレモン果実を加えるのもGOOD。

通常のロックとはまた違ったさわやかな味わいを楽しめます。

【02】ホッとする梅酒の飲み方「お湯割り」


寒い冬も梅酒を楽しみたいですよね。

そんなときには冷えた体を温めてくれるお湯割りで楽しみましょう!

ホットにすることで、甘酸っぱい梅の香りがより広がりますので、リラックス効果も抜群です。

アルコールによって血流の流れも良くなるので、体の中からぽかぽかと温まります。

寝る前の一杯で安眠効果も期待できますよ。

お湯で割ることでアルコール度数も下がるので、お酒が弱い方やほろ酔い気分を楽しみたい時にもおすすめの飲み方です。

お湯の温度は70度くらいが適温。

熱すぎてしまうと梅の香りや風味が損なわれてしまうので要注意です。

割合は梅酒とお湯5:5または6:4が美味しく頂けます。

甘めがお好きならハチミツを入れてとろりと甘さをプラスしたアレンジもおすすめです。

【03】さっぱりと呑める梅酒の飲み方「ソーダ割り」


梅酒の銘柄によっては、甘みが強いものもありますよね。

すこし甘さを抑えたいときには、すっきりと味わうことができるソーダ割りがおすすめです。

パチパチと炭酸が弾け、さわやかな梅の香りが広がります♪

梅酒自体に甘みがあるので、炭酸は甘くないものを選びましょう。

ライトな甘さになり、梅酒本来のすっきりとした甘酸っぱさを楽しむことができますよ!

何といってもソーダ割りは、炭酸のシュワシュワとした爽快感が魅力ですよね!

その炭酸を逃がさず最後まで楽しむには、ちょっとしたポイントがあります。

それは、氷をグラス目一杯に入れること。

ソーダに含まれる炭酸は、液体の温度が高くなると、どんどん抜けていってしまうんです。

なので、できるだけ液体の温度を上げないように、たっぷりの氷を使うことが美味しさを保つ秘訣です。

グラスもあらかじめ冷やしておけば完璧ですね!

【04】新たな味わいの梅酒の飲み方「牛乳割り」


ちょっと珍しい梅酒と牛乳の組み合わせ。

なかなか聞きなれない組み合わせにちょっと戸惑いますよね。

しかし気になるお味はというと、牛乳のまろやかさと梅酒の甘酸っぱさが絶妙にマッチして、飲むヨーグルトのような味わいになるんです!

氷を入れたグラスにそれぞれお好みの割合で注ぎ入れましょう。

氷で薄まるのが嫌な方は、牛乳をしっかり冷やしておいて氷なしで割ってもOK。

ミルキーなまろやかさを最後まで楽しめます。

ホットミルクで割っても美味しく頂けますよ♪

また牛乳を豆乳に変えてみるのもあり!ヘルシーかつ、梅の酸味がまろやかになって柔らかい口当たりになります。

ミルキーな梅酒ならお酒が苦手な方でも飲みやすいですよね。

ついつい飲みすぎないように気をつけてくださいね!

【05】辛党に!梅酒のおすすめな飲み方「ビール割り」


梅酒というと甘くて飲みやすいというイメージが強いですが、甘いのが苦手という方や上級者の呑んべぇさんにおすすめしたいのが、梅酒のビール割りです。

ビールの苦みのおかげで、梅酒の甘さが軽減され、ほろ苦な味わいの大人な梅酒に変化します。

合わせるビールのタイプによっても味の違いを楽しめますよ。

日本で一番飲まれている「ラガータイプ」のビールは、苦みの効いた軽い口当たりですっきりとしたのど越しが特徴。

爽やかな暑い夏にピッタリなカクテルになります。

もうすこし飲みごたえが欲しいときは、芳醇な香りと濃厚な味わいを楽しめる「エールタイプ」がおすすめです。

組み合わせによって幾通りものバリエーションが試せるので、お気に入りのペアを見つけてみるのも楽しいですね♪

ただし、アルコールで割っているため度数はちょっと高め。

お酒好きの方におすすめな、大人の飲み方です。

【06】やみつきになる梅酒の飲み方「コーラ割り」


こちらもちょっと意外な組み合わせ。

梅酒とコーラの組み合わせです。

甘い梅酒に甘いコーラを?と思われるでしょうが、これが不思議とマッチするのです。

コーラの味ってとってもしっかりしてるんですが、そこに梅酒のフルーティさが加わると「ルートビア」や「チェリーコーク」のような味わいになるんです。

もしくはフルーティなラムコークという感じでしょうか?

このチェリーコークやルートビアといえば、好きな人ならハマってしまう禁断の味ですよね!

私のおすすめは、梅酒とコーラを1:1で合わせたどちらの味も味わいえる割合です。

甘味が強すぎるなと思ったら氷を多めにしたり、レモンやライムを加えて調節してみてくださいね。

ただし、梅酒とコーラともなると糖分が気になる!という方には糖質オフのコーラがおすすめです。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ