知らないと笑われる?リキュールとワインの違いを知る飲み比べのコツ!

今回は原材料の違いだけではない、リキュールとワインの違いについてご説明します。

  • メンバー
  • 更新日:
38view
favorite
知らないと笑われる?リキュールとワインの違いを知る飲み比べのコツ!

ブドウからできているワインと、果実から造られることもあるリキュール。

一体なにがどうして違うのでしょうか?

ブドウ以外はリキュールなのかなと思っていたら、ブドウのリキュールも存在するんです。

葡萄酒とも言われるワインと、ブドウを原材料に造られることもあるリキュール。

一体何が違うのでしょうか。

今回は原材料の違いだけではない、リキュールとワインの違いについてご説明します。

知らないと笑われる?リキュールとワインの違いとは?


薬草を原材料としたリキュールというのがリキュールの原点ではありますが、フルーツなどを用いたリキュールも沢山ありますよね。

カシスや桃、木イチゴなどその種類は様々ですが、中にはブドウのリキュールなんていうものもあります。

お酒に詳しくない人から見ると、葡萄を使ったお酒はワインじゃないの?と思われるかもしれませんが、ワインとリキュールの違いについてはその製法にあります。

葡萄を原材料にしたリキュールを作る場合には、ベースとなるスピリッツを選択します。

一般的にリキュールはこのスピリッツを飲みやすく風味や味を調えたものをいうのです。

中には醸造酒からできたものもありますが、基本的には、スピリッツもしくは醸造酒に、香りづけや風味、シロップなどを加えて味を調えたものがリキュールだと思ってください。

一方でワインの作り方は、葡萄の果汁を発酵させたものです。

発酵させることによってアルコール成分を作り出し、ブドウそのものの風味を活かすことが出来るお酒となっています。

リキュールはスピリッツのアルコール分が決め手となりますが、ワインにはスピリッツなどのアルコール分を加えることがありませんし、風味を調えることもありません。

これがリキュールとワインの大きな違いです。

リキュールとワインの飲み方の違い


世界中で最も多くの地域で愛されているのがワインではないでしょうか。

ワインは葡萄以外の果汁は主原料にはしませんが、リキュールは葡萄以外の果汁や果実を使っているものが沢山あります。

ワインはブドウそのものの味を楽しむものであるとされており、ほとんどの場合は割ったりせずにそのままで飲むことが出来ます。

一方でリキュールは砂糖やシロップなどを加えるケースが多く、全体的に濃いめで甘めのテイストとなっています。

そのため、実はストレートでも充分おいしいのですが、度数が高いことが多いため、カクテルとして楽しむという方が一般的です。

リキュールの味をそのまま味わいたいけど、度数が気になるという場合は、ソーダなどと割ることによって味わいやすくなります。

ワインももちろんカクテルの材料として用いられることが多いのですが、ワイン愛好家の多くはそのまま飲むことが多いですね。

リキュールとワインの違いがわかったら飲み比べ!


ここで、ブドウを使ったおすすめのリキュールをご紹介します。

ブドウを使ったリキュールと、ワインをどちらも飲み比べてみたら、リキュールとワインの違いをしっかり感じることができます。

同じブドウからできたお酒でも、リキュールとワインではどう違うのか、ぜひストレートで飲んでいただけたら、よくわかると思います。

どちらも楽しみ方によってさまざまな表情を見せてくれるので、ますますお酒の奥深さに気づかされますね!

マスカットリキュール・ド・フランスミスティア

フランス伝統あるコニャックのメーカー、ルイ・ロワイエのリキュール部門が造られたリキュールとなっており、日本ではサントリーが輸入販売しています。

ジューシーなマスカットをベースにオレンジフラワーというハーブで香りをつけている爽やかなリキュールとなっています。

マスカット・リキュール・ド・フランス・ミスティア 1本 出典:amazon

マスカット・リキュール・ド・フランス・ミスティア 1本

ルイ・ロワイエ社(700ml)
アルコール度数:15%

丹波深山ぶどう

次に国産のリキュールをご紹介しましょう。

赤葡萄を用いた葡萄リキュールのなかで、高い評価を得ているのが「丹波深山ぶどう」です。

日本の酒造である西山酒造が製造しているリキュールとなっており、ホワイトブランデーをベースにし、赤葡萄を原材料にしたものです。

赤ワインと似ているような見た目ですが、ホワイトブランデーのアルコール分が聞いており、ライムも使われています。

深山ぶどうはワインを醸造したときに出た葡萄を再発酵させた自家製のグラッパを用いられています。そのため、ワインとの違いを飲み比べるのにおすすめの逸品です。

丹波 深山ぶどう 720ml 出典:amazon

丹波 深山ぶどう 720ml

原材料・成分
赤ぶどう ホワイトブランデー ライム
アルコール度数:8%

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ