酒風呂は心も体も温まる!ただし注意することもある

  • メンバー
  • 更新日:
3view
favorite

お酒が好きといってもお酒を飲むのが好きな人やお酒を集めるのが好きな人、あるいは酒風呂が好きな人もいます。人によってはお風呂の中に葉っぱを入れたりりんごを入れたり、入浴剤を入れる人もいます。入浴剤はよく聞く人もいるかもしれませんが、心を安らげ健康を保つ効果があると知っている人もいます。酒風呂も同じように健康を保つ効果があり、酒風呂に注目している人も多くいます。酒風呂は実は想像以上に健康を安らげる効果によく、体のあらゆるところに効果を期待出来ます。酒風呂のことから酒風呂の効果についてこれから詳しく解説します。酒風呂とはどんなお酒を入れているのかも詳しく説明し、お風呂におすすめなお酒と入れてはよくないお酒など分けて説明します。

酒風呂のお酒の種類は日本酒

酒風呂のお酒の正体は日本酒ですが、日本酒でも条件があります。お風呂に入れる酒風呂の条件とは何かというと、純米を使っているお酒に限ります。お酒の選ぶときは合成清酒や料理に使うお酒よりは純米の方がいいです。アルコールの度数も低く22より低いものをおすすめします。まず何故アルコールの度数の低いものを選ぶのがいいかというと、お酒が好きな人でも匂いが強すぎて酔ってしまったり逆に気分が悪くなってしまう人もいるからです。お酒は飲めない人でも酒風呂は好きだという人もいるからです。さらに純米をおすすめする理由は日本酒は通常純米がアミノ酸の効果を多く期待出来るからです。合成清酒や料理用のものだと若干アミノ酸の効果を低く感じてしまいます。

酒風呂の効果とは

酒風呂の効果とは先ほども説明した通り、1つはアミノ酸の効果を期待出来ます。通常アミノ酸と聞くと肌に優しいという印象を持つ人がいますが、このアミノ酸と同じものを言います。アミノ酸には通常美容効果を感じさせる役割をし、肌に優しいです。アミノ酸は化粧品を使って摂ることも出来ますが、酒風呂に入ってお酒の成分として体の外側から得ることも出来ます。さらに日本酒は血液の流れをよくする効果が飲んだときよく感じると思いますが、お風呂の中に日本酒を入れて酒風呂にしても同じように体を温めて血流をよくする効果があります。冷え性の人にとってもいいし入浴剤の代わりとしても役立ち、いい成分を体の外側から取り込むことが出来ます。

酒風呂で注意すること

酒風呂に日本酒を入れるときに注意するべきことがあります。確かに先ほども説明した通りお酒の苦手な人やお酒の飲めない人でも利用出来ると書きました。お酒が苦手な人も量を確かめながら入れれば心配も少ないですが、日本酒には匂いがあるためお酒ですぐ酔ってしまう人は酒風呂に入ることを避けるか少し待った方がいいです。特に子供が家庭にいるときは後から子供がお風呂に入ると子供が酔ってしまうこともあるし、子供の安全性が損なわれてしまいます。子供がお風呂に入り終わったときか、あるいは子供が母と旅行に出かけて何日もいないときなど様子を見て酒風呂に入ることをおすすめします。1人暮らしならいつでも問題ありませんが、入っている本人もあまり酔わないように注意が必要です。

酒風呂についてのまとめ

酒風呂は確かに効果を実感できるし子供以外なら基本的に誰でも入ることが出来ます。もちろん入浴剤の代わりとしても役立ちますが、唯一入浴剤と違うのはお酒の匂いがあるかないかに違いがあります。お酒が特に好きな人には酒風呂をおすすめし、日本酒の香りで心を癒してもいいです。日本酒の香りには心を癒す効果があり、ストレスが溜まっている人や何か不安がある人には心配を和らげる効果も期待出来ます。さらにもう1つおすすめすることは、お風呂の温度は熱すぎるよりは少しぬるい方がいいです。日本酒自体体温を上げる効果があるから、お風呂が熱すぎるとのぼせる心配もあります。長くゆっくり入るには38度程度のお湯が安全です。もう少し低めでもいいですが、38度よりは高くない方がいいです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3