おなかがおきた!【香川グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

おすすめの「ビールにあう『香川グルメ』つまみ」をご紹介していきたいと思います。

  • ライターN
  • 更新日:
39view
favorite
おなかがおきた!【香川グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

香川といえば讃岐うどんと想像する人は多いことでしょう。あまりにも有名な話です。四国巡礼になぞらえた、うどん巡礼があるくらいですから推して知るべしというところでしょう。

でも香川県はうどんだけがグルメではありません!!

香川県は眼の前には瀬戸内海が広がり、陸には讃岐富士がそびえている美しい風景が見られます。つまり海の幸、山の幸が豊富であることが想像できます。その中でもおすすめの「ビールにあう『香川グルメ』つまみ」をご紹介します!

【01】讃岐牛

ビールにあう代表的な料理といえば、やはり焼肉でしょう。焼肉といえば牛肉がつきものです。

香川で代表的なブランド牛は讃岐牛です。その中でもとくにオリーブ牛というブランドが注目されています。

オリーブ牛とは何かというと、香川はオリーブ栽培で有名ですが、そのオリーブを使った飼料で育った牛がオリーブ牛といわれています。オリーブ牛はうまみはもちろんですが、オレイン酸(不飽和脂肪酸)や抗酸化物質を多く含むことでも注目されている、健康に注意している人には気になる牛肉です。

うまみ成分や肉質の柔らかさも多いため、体力やスタミナを使った日など冷たいビールと一緒に讃岐牛の焼き肉、想像しただけでもたまりません。ビールにあわないわけがありません。

これから行楽シーズンに向けて、野外で仲間や家族と一緒にバーベキューというのも楽しいのではないでしょうか。讃岐牛「ビールにあう『香川グルメ』つまみ」であることは間違いありません。

黒毛和牛 讃岐牛・オリーブ牛 ロース焼肉 出典:楽天

黒毛和牛 讃岐牛・オリーブ牛 ロース焼肉

■商品内容
産地:香川県
内容量:ロース焼肉用400g

【02】骨付きどり

香川県では骨付きどりは地元でよく食べられているグルメのひとつです。骨付きどりのチェーン店が展開しているほど浸透しています。

骨付きどりは一般的にどんな料理かというと、骨が付いた鳥あしをオーブンで皮がパリパリになるように焼いて、スパイシーなたれが絶妙に絡んでいる料理です。

ビールにあう『香川グルメ』つまみであることは請け合いですが、パリパリの食感がたまりません。

とくに特徴的なのが、お好みで肉質が選べるというところです。歯ごたえと濃厚な味がお好みなひとは親鳥がおすすめですし、肉が柔らかくてジューシーな味がお好みならば若鳥がおすすめです。

そして周りを気にせず鳥のあしにかぶりつくことも醍醐味ですね。

あとつけ添えにおすすめは生のキャベツです。骨付きどりを食べながら箸休めが欲しくなったとき、キャベツに鳥の脂が溶け込んだたれをつけてたべるとこれがたまりません。しゃきしゃきの歯ごたえとたれの味がよく合います。

骨付鶏 240g 3本 チキンオイル付き 香川県産 出典:Amazon

骨付鶏 240g 3本 チキンオイル付き 香川県産

【数量・内容】骨付鶏(240g)×3、チキンオイル70g×1 【賞味期間】30日 【原材料】鶏肉(国産)、食塩(香川県産)、胡椒、にんにくパウダー(にんにく(香川県産))、玉ねぎパウダー(香川県産))、とうがらし(香川県産)、醤油(大豆、小麦)、調味料(アミノ酸等)

【03】オリーブはまち

香川県といえば瀬戸内海が目の前にあるのですが、瀬戸内海はさまざまな魚が取れます。瀬戸内海の穏やかな波を活かして養殖などを含む漁業も盛んです。

その中でも最近よく見かけるのが「オリーブはまち」です。

このオリーブはまちは中四国では流通しているようで、スーパーなどの店頭でよく見かけます。認証ブランドなので、パックを見るとわかります。

オリーブはまちとは、オリーブを原料とした飼料で養殖されたはまちのことで、特徴として臭みが少なくて脂もよく乗っています。

おすすめはシンプルにお刺身です。香川には有名な醤油醸造所も多数あり、その醤油と合わせて食べるととてもおいしいです。そして捨てがたいのがオリーブはまちの塩焼きです。脂がのっているので甘みが引き出され、はまちのうま味を堪能することができます。

お肉が苦手な人や、カロリー外になる人はぜひ、ビールにあう『香川グルメ』つまみとしてオリーブはまちを試して頂きたいです。

オリーブハマチ 出典:楽天

オリーブハマチ

▼原材料名
ハマチ(養殖)
▼内容量
約4kg(原体)の半分となります

【04】焼牡蠣

冬のグルメは言わずと知れた「牡蠣」ですね。

瀬戸内海は、とくに広島が牡蠣の養殖で有名ですが、香川でも牡蠣養殖がされています。とくに冬場になれば海沿いの小屋で、焼牡蠣を提供しているお店が何件もあります。

システム的には、まず予約ととっていくほうが確実でしょう。また小屋に行くと席に案内されます。鉄板がってそこに牡蠣を置いて焼きます。お味噌汁や牡蠣飯はついてきますが、料金に含まれます。基本的には時間内であれば食べ放題というところが多いかと思います。

冬場の牡蠣は旬です。甘みがあってツルッとした食感が止まらなくなります。味付けは、お好みで頂きましょう。

冬のビールにあう『香川グルメ』つまみの代表といえるでしょう。

また牡蠣飯は女性でも何杯でも食べられてしまうほどのおいしさです。これとビールが合わないわけないですね。現場でしか味わえない牡蠣がたくさん食べられる、冬場の幸福をビールとともに味わってみてください。

【05】うどん

ビールはどのお店に行っても、とりあえずビール、のひとことなくらい、お酒好きにとっては必須アイテムです。

でもさんざん食べた後で、ビールは多少飲めてもしめまで肉料理は食べにくいというのが一般的ではないでしょうか。でもしめで麺類はよくお腹に入ります。

ビールによく合う『香川グルメ』のつまみの王道として、カレーうどんがおすすめです。

ビールにあうスパイシーさや、しめとしての麺類がおなかを満たす感じもさることながら、なんといってもうどんの出汁であるいりこ出汁がとても体にやさしく入ってきます。程よくゆでられた硬すぎないうどん麺はするすると口の中に入ってきます。

疲れている体や胃腸にもカレーの香りが食欲を誘い、うどんの満腹感も納得します。予想外の様な感じがすると思うでしょうが、意外といけてしまうカレーうどんです。名店もあり興味をそそられます。

やはり「ビールにあう『香川グルメ』つまみ」代表はうどんで決まりです。

讃岐うどん詰合せ 出典:楽天

讃岐うどん詰合せ

内容/讃岐太うどん200g×2、すりごま(8g×3袋)・うどんスープの素(8g×3袋)×各1
箱サイズ/27×24×6cm 化粧箱入

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3