げにまっこと!【高知グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

ビールに合う「高知グルメ」についてご紹介します!

  • メンバー
  • 更新日:
55view
favorite
げにまっこと!【高知グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

高知といえば、言わずと知れた「酒飲み」県です!

有名なおつまみからマイナーなおつまみまでお酒好きにとってはたまらないものがたくさんあります。とくに宴会のことを「お客」といって、いつもお酒でおもてなしをする習慣が根ついているほどお酒とはゆかりの深い県なのです!

そんな高知県はビールの消費だって一人当たりの量にすると全国第2位です。高齢者が多いとされている県なのにこの成績はすごいことではないでしょうか。

気温が高い傾向があるので、よく冷えたビールを好む人が多いことも事実です。そこで、ビールに合う「高知グルメ」についてご紹介します!

【01】王道は新鮮なお魚「カツオ」

まず高知といえば海が目の前にあり、ということは絶対的においしい魚にありつけることは間違いなしです。

代表的なのはカツオですが、どんな食べ方をしますか。お刺身やたたきが有名です。初夏を感じるさわやかな初カツオ、冬を迎える準備をしたトロリとした戻りカツオとそれぞれ何とも言えないおいしさがあります。

お刺身だと皮つきで食べると口当たりがよく味が良く出るので、高知では基本的に皮つきのカツオが多く出てきます。

そしてカツオのたたきは全国的に有名ですが、ポン酢とネギなどのやくみと一緒に食べるのが一般的だと思いますが、高知では最近塩たたきでたべます。カツオを焼いてたたきにした後、あたたかいままで切り身は厚めにします。そして上から塩をそのままたたき全体に、均一になるように振りかけます。

そしてカツオのたたきの身をたたいて塩をなじませます。生のスライスにんにくと一緒に食べるのが高知流です。あたたかい塩たたきをぜひ!

かつおたたき 3本入り 出典:楽天

かつおたたき 3本入り

【原材料名】
かつお(太平洋産)、塩、にんにく玉、添付タレ:しょうゆ(大豆、小麦を含む)、醸造酢、米発酵調味料、砂糖・異性化液糖、かつお節エキス、ゆず果汁、こんぶエキス

【02】濃い味が癖になる『軍鶏』

高知といえば龍馬ですが、龍馬の好物だったといわれているのが「軍鶏」です。軍鶏といえば肉質が筋肉質で食べる時とても歯ごたえがあり脂の味もよく、味が濃いので、出汁が良く出ます。

食べ方としては焼き鳥などもお勧めではありますが、なんといっても軍鶏鍋が一番、軍鶏の味が楽しめる定番料理といえるでしょう。
軍鶏鍋は、軍鶏出汁がしみこんだ具材と軍鶏肉が同時に味わえるぜいたくな料理です。

軍鶏出汁は味が濃厚なだけでなく、脂もうまみがあり、飲み込んでものど越しがいいのです。飲み込んだ後も次をすぐ口にしたくなるくらい後を引く味がします。

そしてしめにおススメなのが、うどんです。軍鶏の味がするだし汁とうどんがとても満腹感を満たしてくれます。

でも捨てがたいのが、軍鶏出汁で食べるしめのラーメンです。どちらもお勧めではありますが、お好みでどちらをチョイスしてもいいですが、うどんとラーメン両方を食べる贅沢も許されると思います。

高知県南国市発!ごめんケンカ軍鶏(シャモ)すき焼きセット 3-4人前 出典:楽天

高知県南国市発!ごめんケンカ軍鶏(シャモ)すき焼きセット 3-4人前

【内容量】
ごめんケンカシャモすき焼きセット 3-4人前
シャモ肉350g/つくね30g×8/スープ500cc

【03】え?植物??『浜アザミ』

ハマアザミという植物をご存知ですか。これは高知の東部、室戸周辺を中心に自生している植物です。

高知県民でも知らない人が意外と多いのですが、春先の珍味です。

何がいいかって、香りです。ハマアザミ独特のとても香ばしい香りがします。とくにおススメな食べ方は、ハマアザミの天ぷらです。てんぷらの衣の香ばしさと、ハマアザミのゴボウににたほんのりとした香りと味が口の中に広がります。

主としてハマアザミの根っこをてんぷらにして食べるのですが、葉っぱも食べることが在ります。

でもハマアザミは、下処理がとても手がかかります。あく抜きやハマアザミの外皮を除く作業がかなりめんどいようなので、素人では料理自体がかなり技術が必要です。

でもプロに調理してもらうと、最初に見た姿よりは「かなりやせたね」といいたくなるほど処理をしますが、それでも春先になると置いてあるお店をわざわざ探すほどです。

とても香ばしい、ビールのおつまみです。

【04】ただのさばじゃない!!『清水サバ』

高知は東西に長く黒潮の流れ方でとれる魚が地域によっても特徴があります。

高知県の西部地域の海では、清水サバがブランド化されておりとても有名です。では清水サバとはどんなサバでしょう。

背にゴマ模様があるゴマサバという種類のサバです。漁に特徴があって一本釣りをしてたいせつに取り扱います。傷みが速いサバですが、この漁法によって傷が少なくなることも鮮度が保たれる理由のひとつです。お刺身が食べれるくらい新鮮です。

この清水サバ、強い潮流によって身がしまり、また秋になると脂がのってうまみが増します。そしてなんといっても焼いてもこの脂がたまらなくおいしいのです。

それを活かしたのが、焼サバ寿司です。一気に食べれるので、ビールで流しながら食べると、より一層食事が進むでしょう。

ビールに合うおつまみといえば、しめさばやサバ缶なども候補のひとつでしょうが、清水サバ、生でも焼きでもぜひともお試ししていただきたいお魚です。

清水サバ姿寿司<皮あり> 出典:楽天

清水サバ姿寿司<皮あり>

商品名:清水サバ姿寿司
名称:寿司
内容量:1箱
賞味期限:冷蔵即日
保存方法:要冷蔵10℃以下で保存してください。開封後はお早目にお召し上がりください。
製造者:株式会社末広・高知県土佐郡土佐町

【05】乾きものの代表『ミレービスケット』

ビールのおつまみといえば、まずは乾きものから手にすることも多いでしょう。

乾きものならぜひ食べてみたいのが、ミレービスケットです。ご当地菓子ですが、高知県民なら小さなころからなじんだお菓子です。

フライにしたビスケットに塩をまぶしたシンプルなお菓子です。最近は県外でも話題になったり、お土産にお願いされることもある人気のあるお菓子です。

色んなコラボ商品が出ており、パンにはさんだりアイスクリームに入っていたり、クリームサンドのような商品も出ています。

それらもおいしいのですが、ビールのおつまみとするとやはりシンプルなミレービスケットがもっともおすすめです。指でつまめる小さなサイズのビスケットで、塩味がビールにとても合います。指についた塩をついつい舐めたくなるところもご愛敬でしょう。

一度食べだすとなかなか止まりません。シンプルですが昔ながらのミレービスケット、ぜひビールと一緒に楽しんでみてくださいね。

ミレービスケット まじめミレー(塩入)130g 【5袋セット】 出典:Amazon

ミレービスケット まじめミレー(塩入)130g 【5袋セット】

原材料:
ビスケット生地(小麦粉、砂糖、ショートニング、ぶどう糖)、植物油、食塩、膨張剤、(原材料の一部に大豆を含む)

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3