お彼岸にはどんなお酒を用いるのか?逆に知っておかなければいけないこともある?

  • メンバー
  • 更新日:
4view
favorite

お酒は飲むだけではなく、お彼岸の日のようにお酒をかけたり供えたりもします。お彼岸に供えるお酒も種類があるし、お彼岸用のお墓参りのお酒に関してもマナーがあります。むやみに墓石のことを知らずにお酒をかけてしまうと、石が変色してしまう恐れもあります。万が一のことを考えてお酒に関してだけではなく墓石のこと、それからマナーのことを知っておくといいです。今回説明する内容はお酒に関してのマナー、お彼岸用のお酒、お彼岸には飲む専用のお酒があるかどうかを解説していきます。お酒のことを少し知識も揃えながらお酒のことを好きになってくれるといいです。墓石にかけるお酒にも、種類があるかどうかこれから詳しく説明していきます。

墓石にかけるお酒は何がいい?

墓石にお酒をかけるお酒の種類は一般的にはありません。先ほどの導入文でも説明した通り、墓石の色が変色してしまう恐れがあるからです。ビールをかけたら墓石の中にいる家族も喜ぶのではないかと思う人もいます。まず喜ぶかどうかと考えるよりマナーを先に考えるのが大切です。墓石は簡単に購入出来るものではなく少し料金も購入するとき高いです。お酒をかけてしまうと汚れが目立つようになり、周りに墓石がある家族にも迷惑がかかります。だからどうすればいいかというと、墓石には水をかけるだけでいいです。ただしお供え物としてお酒を持っていくことはあります。お酒と食べ物と花をそえると立派なお彼岸のお供えになります。次に説明することはお墓に供えるお酒について説明します。

お彼岸用のお酒も若干決まりがある

お彼岸用のお酒は確かに缶ビールでもいいですが、お彼岸専用のお酒として奉献酒と呼ばれるお酒があります。奉献酒というのは行事に使うお酒ですが、行事の中でもお彼岸のときのようにお供え専用のお酒があります。奉献酒は酒屋でも売っているし、インターネットの中にある通販でも販売しています。奉献酒、お酒と検索するよりはキーワードで奉献酒、地鎮祭と検索した方が見つかりやすくなります。地鎮祭とは通常一軒家を建てたときに行うお祭りですが、お彼岸の日のお供え用のお酒としても使われます。奉献酒は缶よりも瓶に入っているお酒が多いのが特徴で、購入するときに奉献と紙に書かれたりしています。通販によっては1本で売っておらず2本セットで販売しているところもあります。

お彼岸のときに飲むお酒はある?

お彼岸のときに飲む専用のお酒はあり、こちらも奉献酒というお酒になります。ここで疑問に思う人もいるかもしれませんが、先ほど奉献酒はお墓に供えるのにおすすめな専用のお酒だと説明しました。実は供えることだけではなく飲むお酒もお彼岸には奉献酒がおすすめです。どういうことかというと、お墓にお供えするときは食べ物やお酒、花をそえたりします。このときに食べ物をずっと置いたままにしたりお酒をずっと置いたままにしておくと、食べ物やお酒が傷んでしまいます。お墓にそえるのも大事ですが、昔からの行事として後からお墓に来た人に分けて飲む行事をするところが今でもあります。この昔から続いている行事のことを直会と書いてなおらいと読みます。

お彼岸のお酒についてのまとめ

お酒が好きな人は自分の好きなお酒が飲めるように奉献酒を購入する場所も考えるという人もいると思います。基本は奉献酒は自分が飲むためにあるものというよりは、お墓に供えたり神に供えるという意味で作られています。だから供える気持ちを忘れてしまうのは神に失礼にあたります。確かに最後は自分で飲むものだから自分の気に入っているところで購入することを考えますが、礼儀やマナーのことも忘れないようにしましょう。また同じお供え用や行事用のお酒でも酒屋に行けば種類も豊富にあります。お酒に銘柄の名前がついており、美味しい銘柄だからと考えるだけではなくなるべく縁起のいい銘柄を選ぶのもコツです。2本セットで販売しているお酒は1本だけではなく2本セットで供えるという風習もあります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3