超簡単に沖縄気分♪ゴーヤの佃煮で酒がすすむ!ほったらかしレシピ!

今回は超簡単で、お酒にもあうゴーヤの佃煮のレシピをご紹介します!

  • メンバー
  • 更新日:
153view
favorite
超簡単に沖縄気分♪ゴーヤの佃煮で酒がすすむ!ほったらかしレシピ!

全国的にすっかり定着したゴーヤ。みなさんはどうやって食べていますか?

ゴーヤチャンプルは有名だけど、それ以外に調理法よく知らない!なんて方いませんか?

確かに、地方によっては馴染みのない食材なので、他の調理法はあまり聞いたことがありませんし、どうしたら美味しくできるのかもよくわからないですよね。

実は、ゴーヤには、チャンプル以外にもとってもおいしい食べ方があるんです。

しかもちょっと濃いめで、ごはんもお酒もすすんじゃうおすすめの食べ方です。

それはゴーヤの佃煮です。ゴーヤの佃煮は一見難しそうに思えますが、誰にでも作れる超時短で超簡単な料理なのです。

今回は超簡単で、お酒にもあうゴーヤの佃煮のレシピをご紹介します!

ゴーヤの佃煮でお酒がおいしくなるレシピ♪


ではゴーヤの佃煮の作り方をご紹介します。

材料
・ゴーヤ(2本)
・醤油(大さじ2)
・砂糖(大さじ1)
・みりん(大さじ1)
・かつおぶし 適量

まず下処理をします。ゴーヤを縦半分に切り、中のワタを取り除きます。ワタを取り除いたら食べやすい大きさにカットしていきます。

ゴーヤの苦味が苦手な方は塩茹ですると苦味が減り、食べやすくなります。

鍋に醤油、砂糖、みりんを入れゴーヤを煮ていきます。

中火くらいで煮汁がなくなるまで火にかけます。およそ20~30分くらいです。

材料をお鍋にいれてしまえばあとはほったらかしでもできる簡単レシピです。

水分が減って煮終わったらかつおぶしを混ぜます。これで完成です。

じっくり煮ることでゴーヤの苦味が減って食べやすくなります。

材料もだいたいお家にあるものでできるのでとてもおすすめです。

お酒にあわせるならここで七味をかけると、一気におつまみらしくなりますよ!

すぐ出せる!ゴーヤの佃煮ならお酒のお供にいつでもOK


このゴーヤの佃煮は作り置きおつまみとしてとっても優秀です。

ゴーヤの佃煮は冷蔵庫でも冷凍庫でも保存することができます。

冷蔵庫で保存するときには綺麗な容器にいれ、密閉して保存しましょう。

冷凍庫で保存するときはジップロックに入れて冷凍するのがおすすめです。

ゴーヤは冷凍しても完全に冷凍されないので、冷凍保存してもすぐに食べることができます。

保存期間としては、冷蔵庫に保存した際にはおよそ1週間程度。

冷凍庫で保存した場合はより長期間保存することができますので、冷凍庫で保存するのがおすすめです。

実はゴーヤの佃煮は冷たい方がおいしい!なんて人もいるほどなので、多めに作って保存しておけば、お酒のつまみに何かないかなって時にすぐに出せて便利ですよ!

気分は沖縄!ゴーヤの佃煮にあうお酒とは


ゴーヤの佃煮はお酒のおつまみにもってこいなんです。

醤油の少し濃い味がしっかりしみ込んでいて、とってもおいしいんですよ!

しょうゆと砂糖の甘辛の佃煮の味って、ちびちび飲む時に最高なんですよね。

また、ゴーヤは苦みも少しだけあるので、まさに大人の味!

それではお酒別に、相性を検証していきましょう!

【01】ビール篇

ゴーヤの旬といえば夏ですよね。夏においしいお酒といえばビールです。

ゴーヤの佃煮は味もしっかりしていますし、ビールの苦みとほんのり苦みを感じるゴーヤの佃煮との相性は抜群です。

ちなみに沖縄ではゴーヤドライというクラフトビールがありまして、ゴーヤの苦みとビールのホップの苦みがちょうどいい具合に合うのです。

そのくらいビールとゴーヤは相性がいいのです。

ヘリオス酒造 ゴーヤーDRY 3缶セット 350ml 出典:amazon

ヘリオス酒造 ゴーヤーDRY 3缶セット 350ml

原材料:麦芽・ホップ・糖類・ゴーヤー果汁
アルコール度数:5%

【02】ワイン篇

さて、続いてもう一つご紹介したいのが赤ワインです。

ゴーヤの佃煮は和食ですが、とても赤ワインに合うのです。

赤ワインといえばチーズやお肉、ナッツなどのイメージが強いかと思います。

あまり知られていませんが、醤油や味噌などの少し辛口の和食にも合うのです。

佃煮の味は割と濃い目の味なので、ピノノワール(ブドウの品種)などの軽めの赤ワインがよく合います。

ピノノワールは赤ワインの中でも軽いもので、とてもフルーティなのであまり赤ワインを飲んだことがない方にもおすすめのワインです。

ぜひこの機会にゴーヤの佃煮と赤ワインのペアリングに挑戦してみてください。

【03】泡盛篇

もう、説明するまでもないですが、ゴーヤの佃煮に合うお酒といえば、もちろん泡盛です。

泡盛はアルコール度数が高めのお酒ですが、ロックで冷やしてこの佃煮を食べるのがまさに「沖縄!」という感じがして美味しいのです。

アルコールのドライさが、口の中にあるうちに、またゴーヤの佃煮を食べて流し込むのが、最高の組み合わせです。

ゴーヤの佃煮には塩気も甘味もあるのが、たまりませんよね!

ぜひゴーヤの佃煮を作ったら、泡盛も用意して沖縄気分を満喫してくださいね!

       
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ