里帰りのお土産はやっぱりお酒!

  • メンバー
  • 更新日:
5view
favorite

日本ではゴールデンウィーク、お盆、お正月になると帰省というイベントが発生します。自分たちが生まれ育った場所を離れて、よその都道府県で働き、暮らしている人たちが、年に数回自分たちの故郷へ戻ってくることのことです。この時期になると両親、親戚、友達に会うために他の都道府県で生活している人たちも、それぞれ手土産を持って故郷へ帰ってきます。この帰省の際の手土産ですが、やはりお酒に1番人気があるようです。懐かしい我が家に戻って酒盛りをしたいという人達の本音が形として現れていますね。今回は帰省の際、お土産としてのお酒やおつまみの選び方、受け取り方などより人間関係が円満になるようにご紹介させていただきたいと思います。

一番大切!里帰りのお土産はまずお仏壇へ!

自分たちの故郷を離れ、他府県で生活している人たちがお土産を持って年に数回帰省をする際に喜ばれるお土産の1つとしてお酒というのがあります。これは誰に贈っても喜ばれる品物だからです。それは人間だけに限りません。お仏壇にお供えするとご先祖様が喜びます。お父さんや親戚の人、男性の友人たちもお酒を贈られて喜ばない人はいないでしょう。お母さんや女性の友人に贈っても、飲むだけでなく料理にも使えるのでとても重宝すると喜んでいただけます。しかし1番気を使わなければいけないのはやはりお仏壇でしょう。他府県で暮らしている人たちは、仏壇からも遠く離れて暮らし、ご先祖様のご加護からも遠ざかってしまっています。それぞれ生活事情があって仕方がないのですが、普段5体満足で過ごすことができるのは、ご先祖様のお陰という感謝の気持ちを持って、帰省をした際はお土産をお仏壇にお供えし、手を合わせて感謝をする習慣を身に付けましょう。

里帰りのお土産にぴったりのお酒は?

里帰りのお土産でよく選ばれるお酒は、やはり日本酒や焼酎などが多いようです。里帰りの理由というのはほとんどの人が自分たちの両親に会いに帰ってきます。年取った両親は、ワインやウイスキーなどの洒落たお酒よりもビールまたは昔から日本にあるお酒を飲みます。里帰りのお土産でお酒を選ぶのは、家族とのコミニケーションを円滑に図るためといっても過言ではありません。今度のお盆帰ったときには、家族や友人と積もる話もあるからちょっとした宴会が出来るようにお酒を買って帰るのです。それならば誰でも飲むことができる日本酒や焼酎が選ばれるというのは納得のいく話ですね。日本は高齢化社会ですので、帰省するとお父さんやお母さんだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんも御健在の家も多いことでしょう。家族みんなが親しんで飲めるのお酒はやはり日本で昔から存在するお酒ではないでしょうか?

里帰りのお土産にはどんな品種のお酒がいいの?

里帰りのお土産にお酒を選ぶ際には日本酒や焼酎などが良いと述べましたが、日本酒や焼酎などにもいろんな品種があって、どれをやればいいのかわからないというのが本音ではないでしょうか?こんな場合は、ご当地のお酒を選ぶのが1番いいのです。日本は北海道から沖縄まで各都道府県からいろんなお酒が発売されています。新潟県には新潟県のお酒、石川県には石川県のお酒、京都府には京都府のお酒とそれぞれの地域の特色を生かした地酒というものが存在します。これはその都道府県独特のお酒であり、すべてのスーパーで販売されているわけではありません。里帰りのお土産にお酒を選ぶのであれば、自分たちが生活をしている地域で、その特色を生かした地酒と呼ばれるお酒を持って帰るのが1番喜ばれるでしょう。

里帰りのお土産にぴったりのおつまみは?

もし帰省の際に、ちょっとしたミニ宴会を開くためにお土産をお酒にするのであれば、ぜひともお土産もセットで買って帰りましょう。この際のおつまみもお酒と同様、ご当地のおつまみを選ぶことをお勧めします。海沿いの地域で生活をしている人であれば魚の干物、山の地域で生活した人であれば佃煮や山菜などが日本酒のおつまみには適しているでしょう。ご当地のお酒とおつまみというのは、同じ場所で生息していたもの原材料として使われているため、とても相性が良いということが多いのです。そのためお酒を購入する際には、コンビニやスーパーに売っているスルメなどのおつまみだけでなく、一品か二品はご当地のおつまみを選んでみることにしましょう。きっとお酒の味もぐっと良くなり会話も弾むことでしょう。

里帰りのお土産にお酒のまとめ

年に数回の里帰り、どんなに立派な大人になってもやはりたまには両親に甘えたいもの。久々に家族揃って酒盛りをするという一家団欒の光景というのはとても微笑ましいものです。今回里帰りのお土産のお酒にはご当地のものをということで強くお勧めをしましたが、これはただ単においしいからというだけの理由ではありません。どんなに離れて暮らしていても、親子の縁というのは切れることがないのです。両親というのは自分の子供たちが、巣立って暮らすことになってもどんなものを食べて生活をしているのかということをいつも気にしています。そのためお土産として持って帰るときには、自分が生活している所の食べ物で「普段こんな良いものを食べているんだよ。だから何も心配しなくてもいいんだよ。」ということを知らせる意味としても、ご当地の料理というのはある意味ご家族を安心させるためのアイテムにもなってくれるのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3