まだ飲んでないの?泡盛が若者に密かなブーム!SNSで人気の飲み方

今回は、かつて泡盛が若者離れしてしまった理由と、それを覆すように今ブームになっている飲み方についてご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
178view
favorite
まだ飲んでないの?泡盛が若者に密かなブーム!SNSで人気の飲み方

「最近の若者はあんまりお酒を飲まない…」なんて聞いたことありませんか?

お酒離れが進んでいるわけですから、ましてやビールや日本酒よりも度数の高い泡盛なんて、名前も知らない若者もいるんじゃないかと思ってしまいます。

でも、その泡盛。種類が豊富で飲み方も多く、おしゃれに飲むことができる変幻自在のお酒なんです!

今回は、泡盛がなぜ若者離れしてしまったのかという理由と、今密かにブームになっている泡盛の飲み方についてご紹介します。

これを読んだら、新たな泡盛ブームがくるのを感じていただけることと思います。

泡盛が若者離れしてしまった理由


泡盛が作られているのは現在も沖縄で、沖縄のお土産のお酒としても親しまれています。

そのせいか、「泡盛は沖縄で飲むもの」とか「沖縄料理店で飲むもの」と思っていた方も多いようです。

それが若者を泡盛から遠ざけてしまっていた理由ともいえるでしょう。

でも今はインターネットでどんなお酒もパッと買える時代です。

泡盛だけでなく日本中、いえ世界中のお酒をいつでも買うことができます。

しかも泡盛はとってもリーズナブルなお酒なので、ぜひともネットでお酒を買う際には、泡盛のことも思い出していただきたいと思います。

泡盛が若者離れした背景にはもう一つあった


2000年代初頭は沖縄サミットや、安室奈美恵さんの人気、ドラマ「ちゅらさん」など沖縄ブームといってもいい時代でした。

その時代に泡盛の知名度はかなり上がったと思うのですが、残念ながらその後ウィスキーブームやワインの人気、ホッピーの再ブレイクやクラフトビールブームなどその時代の人気のお酒におされてしまったのです。

ですが、健康志向が深まるにつれて泡盛の人気は再び上がってくると私は思っています。

蒸留酒である泡盛は糖質が0で、飲み方も幅広くダイエットにも向いているからです。

また泡盛には3年以上熟成させた古酒もあり、通ならではの楽しみ方ができるのも魅力の一つです。

今密かなブーム!泡盛が再び若者に人気のワケ


最近SNSなどで人気の泡盛があるのをご存じですか?

先ほどまで、泡盛の若者離れについてお伝えしてきましたが、実はすでに泡盛の人気は回復しつつあるのです。

その一つが、泡盛コーヒーです。

泡盛をコーヒーで割るというのは、実は沖縄ではとてもポピュラーな飲み方で、居酒屋でもコーヒー割というのを注文できたりするほど。

これが沖縄をはじめSNSでも噂になって、ブームになりつつあるんです。

久米仙・泡盛コーヒー

開発したのは、沖縄の久米仙酒造です。

こちらは泡盛をベースにコーヒー、沖縄県産黒糖などを加えたリキュール「泡盛コーヒー」です。

アイスクリームの上にかけてアフォガードのようにして食べても、おいしくいただけます。

久米仙 泡盛珈琲500ml 出典:amazon

久米仙 泡盛珈琲500ml

原料:泡盛、果糖ブドウ糖液糖、コーヒー、黒糖(沖縄県産)、香料
アルコール度数:12度

また、ファミリーマートで販売されている

ファミマ限定泡盛コーヒー

こちらも、沖縄土産としてSNSで大人気。沖縄でしか手に入らないこともあって、沖縄にいったらぜひ飲んでみたいという若者が続出です。

味は飲みやすくてアルコール度数を感じさせない飲み口なので、今まで泡盛を飲んだことのない人にも受け入れられています。

泡盛が若者に人気がないといわれていたのはもう過去の話で、すでにブームがやってきているのかもしれませんね!

泡盛コーヒー[BLACK] 300ML 出典:ファミリーマート

泡盛コーヒー[BLACK] 300ML

ファミリーマート通常価格
239円(税込262円)

詳しくはこちら

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ