心も体もほっこり♪ウォッカのお湯割りをはじめよう!

  • メンバー
  • 更新日:
6view
favorite

皆さんお酒は好きですか?今日はおいしいウオッカのお湯割りの話題を始めたいと思います。ウオッカはご存じの通り洋酒の中でもとりわけアルコールが強めのどちらかというとマイナーなイメージが付きまとうイメージのある酒なのではないでしょうか。そのウオッカをお湯割りで飲んだらどうなるか、飲んでみたいと思いませんか?酒飲みの好奇心が抑えられない人もいるかと思います。ウオッカの一般的な飲み方は氷を入れてロックグラスに入れて飲んだり果汁で割ってカクテルにしたりだと思います。水で割って飲むとウオッカの香りがよくわかりとてもおいしいです。しかし、お湯割りで飲むとその香りが一段と立ち、風味が強くなります。その分アルコールも強くなるので上級者向けの酒といえます。

ウオッカをお湯割りにするときの飲み方

ウオッカをお湯割りにするといっても様々な飲み方が考えられると思います。そのままお湯で割るだけでなく砂糖やシナモンを加えて飲んでみたり、レモンやライムを垂らして飲んでみたりと普通に飲むときと同じ選択肢が生まれます。お湯の温度にもよりますが炭酸は相性が悪くてよくないかもしれません。ウオッカの香りがするのと同時にアルコールの強い香りが立ち込めるので糖分を入れる飲み方がおすすめです。あまりアルコールに強くない人はお湯を強くすると飲みやすくなります。果物を入れる時は香りづけ程度の量がちょうどよく味を楽しめることができます。様々な工夫をしてみましょう。ウオッカの香りを大事にしつつアルコールを適度に保つのはなかなか難しいですが工夫の余地があり面白いです。

ウオッカのお湯割りに使うウオッカ

ウオッカをお湯割りにするときはあまり強くないウオッカを選ぶほうが適しています。なぜならアルコールの香気でむせるからです。調子に乗って作るとアルコールだらけで味を楽しむことができなくなります。気を付けてください。ウオッカで有名なスピリタスなどを使うときは十分薄めてから使います。その他のウオッカを使うときでもアルコール度数には十分注意してください。ウオッカを普段の見慣れていない人はお湯の量を酒の倍以上入れて試してみてください。とてもおいしくできると思います。ウオッカのお湯割りは体を温める効果もあるので寒い夜などに最適です。飲んだ後はあまり深いことは考えずにそのまま寝てしまうこともあると思います。寝酒にも使えます。

ウオッカのお湯割りに合うおつまみ

ウオッカをお湯割りにするときに準備するおつまみを紹介します。ウオッカのお湯割りはおいしいですがそのまま飲むのは物足りないという人もいるかと思います。そこでどんなおつまみが合うのかを考えようと思います。ウオッカは強めの酒なのでその味を受けるには少し味が強いつまみを選びます。スナック菓子や総菜などでもいいですが、チーズサラミや枝豆をゆでたものなどの定番品もとてもおいしいです。甘いものもとても合い、チョコレートやクッキーなどもおいしいです。魚のムニエルなどと食べると豪華な晩酌を楽しむことができます。お肉やお魚と合わせる時は少しウオッカを薄めたほうがマッチすることが多いようです。お肉とお魚の香りを引き立てる役に回ってくれて口の中が楽しいです。

ウオッカのお湯割りを飲むタイミング

ウオッカのお湯割りを飲んでみたいと思う人はお酒が好きな人と勝手に推測させていただきますが、ウオッカだけでは終わらないのではないでしょうか。ウオッカのお湯割りはどんな時に飲むのがいいのかを考えたいと思います。とりビーという言葉があります。とりあえずビールの略称ですがこのような言葉が生まれるほど最初にビールを飲む方は多いようです。ひとしきりビールを飲んで落ち着いた後何を飲むか。そこでウオッカのお湯割りを飲むのがおすすめです。すでにビールを飲んでいるので急激に飲むこともないと思われて体に優しいかもしれないからです。あまり飲みすぎてからウオッカのお湯割りを飲むと少し酔いが回りすぎるきらいがあるのでできるだけきをつけてください。

ウオッカのお湯割りの勧め

ウオッカのお湯割りはまだあまり一般的にはのまれていない飲み方で、少しマイナーな飲まれ方だと思います。酒の飲み方は千差万別ありどのようなスタイルで飲んでもだめということはありません。ウオッカはこれと決めつけないで様々な飲み方を試してみてください。ウオッカの可能性はまだまだ広がることになります。お酒の味の膨らみ方はまだまだ未知数のことがたくさんあるので常識にとらわれずチャレンジしてみる精神が大事です。飲みすぎたらだめなのでその点だけはくれぐれも注意してください。たくさんのウオッカをお湯割りで飲むと個性の違いが普段と違う形で出るので面白いです。ウオッカだけではなくいろいろなお酒をいろいろな飲み方で飲むことを心がけると世界が開けて面白いです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3