梅酒の梅を甘露煮に!作り方と活用方法

  • メンバー
  • 更新日:
3view
favorite

お酒の中でもとても飲みやすくて甘みがある梅酒は、幅広い人から大人気になっていますね。
アルコール度もそれほど高くありませんから、お酒が苦手な人や女性などでも楽しめてしまいます。
梅酒の中に入っている梅は飲み終わったらどうしていますか?
特に梅酒を手作りしている人は、大量に梅が余りがちですね。
そのままパクっと食べても柔らかくて甘みと酸味がありますから、おいしく食べられます。
これにひと手間加えてみて、梅酒の梅を甘露煮にしてみましょう。
梅酒に浸かっていましたから元々柔らかいですし、短時間で甘露煮は作れてしまいます。
お砂糖とお水さえあればOKだから、材料費もかかりませんね。
そこで、簡単な梅酒の梅を使った甘露煮の作り方について、紹介しましょう。

梅酒の梅の甘露煮の材料

梅酒の梅を使った甘露煮に必要な材料はとてもシンプルです。
まずは梅酒の梅、そして、砂糖、水の3つだけですから、家にある材料で簡単に作れてしまいますね。
分量は好みですが、大体の目安を紹介しましょう。
梅500gに対して水500ml、砂糖はその半分くらいの250gから300gくらいでOKです。
甘味やとろり感は好みですから、分量を減らしたり増やしたりして調節するのがおすすめです。
毎日の晩酌に使った梅酒の梅をためておいて、まとめて作ればOKですね。
自宅で梅酒を作っている人は、梅をお酒に漬け込んで1年くらいして梅だけ引き上げるのがベストタイミングです。
大量に梅酒の梅が出ますから、まとめて作って保存しておきましょう。

梅酒の梅甘露煮の作り方

梅酒の梅甘露煮は材料がシンプルですが、作り方も同じくらいシンプルです。
お鍋にまずは梅と水だけいれて、沸騰するまで中火で温めます。
沸騰したら今度は弱火にしてあげて、梅の中まで火が通るようにしてあげましょう。
10分くらい弱火で煮込んであげる程度で大丈夫ですね。
梅が水分を含んでシワシワだった梅がふっくらつるんとしてくると、上に浮いてきてしまいます。
満遍なく火を通すためにも、落し蓋などをしてあげるのがおすすめですね。
しばらく弱火で煮込んだ後、砂糖をプラスして溶かしましょう。
砂糖を煮詰める感じで5分ほど煮込んであげると、梅にしっかりと砂糖がしみ込んで甘くてツヤのある甘露煮になります。
冷ましたら密閉できる容器に入れて、冷蔵庫で保管しましょう。
大体2週間くらいは持ちますから、スイーツや料理に活用するのがおすすめです。

梅酒の梅甘露煮の活用方法

そのままおやつとしてつまんで食べるのが手っ取り早くておいしいですね。
梅は疲労回復にぴったりですし、酸味が強かった梅も砂糖の甘みでさらに食べやすくなります。
子供のおやつにもぴったりで、パクパクそのまま食べてくれますね。
ただし、梅酒に浸かっていた梅ですから、やはりそのまま子供に与えてしまうのは心配ですね。
そんな時には作っている過程で、砂糖を入れる前にお水を変えて2回ほど茹でると、アルコール分も飛んでくれます。
スイーツとよく合いますから、アイスの横にトッピングしたり、ヨーグルトと合わせたりなど、色んな食べ方ができます。
夏場のかき氷のトッピングにも合いますし、夏バテしやすい夏のおやつにぴったりで、スタミナ回復に役立ってくれますね。

梅シロップもしっかり活用

梅酒の梅甘露煮だけ使っていると、どうしても梅シロップが余ってしまいます。
梅のエキスがジュワっと染み出したシロップですから、そのまま捨ててしまうなんてもったいないですね。
梅だけでなく、煮込んだシロップもしっかりと活用しましょう。
甘みが強くてほどよい酸味がありますから、煮物に使うのがぴったりです。
普段の煮物に梅シロップをプラスしてあげると、健康効果もアップしますね。
ほんのりと梅の香りがシロップに移っていますから、和食の煮物とも相性ぴったりです。
梅シロップの味を楽しみたいなら、何かで割ってジュースとして飲むのがおすすめです。
お水や炭酸水などで割ると爽やかさがアップして、梅酒とはまた違った味わいが楽しめます。

梅酒の梅甘露煮は健康にもいい

梅自体が疲労回復に効果がありますから、梅酒の梅甘露煮も疲労回復や夏バテ予防になりますね。
酸っぱくて梅だけじゃ食べられないという人でも、甘露煮にしてしまうととても食べやすくなります。
ビタミン類も豊富ですから、日々の栄養補給にも適しています。
クエン酸が含まれていますから、血行促進作用にも期待できますね。
血行がよくなると栄養や酸素などを体中に運べるようになりますから、全身の機能全部がアップしてくれます。
生活習慣病予防にもなりますし、健康維持にぴったりですね。
さらに、女性必見の美容効果にも期待できます。
新陳代謝が活発になりますから、美肌や美髪にもおすすめです。
血行促進作用で代謝アップになりますから、ダイエットサポートにまで役立ってくれますね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3