あなたは知ってる?パブとスナックの違いがわかる3つのポイントとは

似ているようで実はちょっと違うパブとスナックについてまとめました。

  • メンバー
  • 更新日:
2,002view
favorite
あなたは知ってる?パブとスナックの違いがわかる3つのポイントとは

呑んべぇの皆さん、パブとスナックってどう違うかご存じですか?

日本には居酒屋、バー、スナック、ラウンジ、クラブ、パブなどと呼ばれる、夜にお酒を提供するお店がいたるところに存在します。

どれも似ているようで、実はそれぞれに特色があります。

訪れた店で「ここパブなの?」と聞いたら「スナックだよ」と答えられることもあることでしょう。

でも、そういわれたところでパブとスナックがどう違うのか、明確にわかる人は少ないと思います。

今回は似ているようで実はちょっと違うパブとスナックについてまとめました。

意外?パブとスナックの違いの前に


まずはスナックについて知っていきましょう。

日本に1番多いお酒を提供してくれるお店はスナックだそうです。

スナックは近年減少傾向にあるといわれていますが、けっこう意外ですね。

スナックと言うのはスナックバーの略で、お酒と一緒におやつを意味するスナックを出してくれるところからこの名前がつきました。

それ故、お酒と一緒にポテトチップスやポッキーなどのお菓子を始め、スルメやその他のおつまみを提供してくれるお店です。

スナックは開業する際に風俗業ではなく飲食業での許可を得ています。

その為クラブのようにホステスさんが席につくのではなく、カウンターテーブルをはさんでの対面接客となります。

営業時間にも風俗業のように規制がないので深夜に営業することができます。

スナックというのはホステスさんと楽しむためではなく、お酒や他のお客様との会話を楽しむことがメインとして営業されています。

国で違う!パブとスナックの違いには由来もあった


ではパブとはどんなお店でしょうか。

イギリスのパブ

パブというのはもともとイギリスにある夜間に営業しているお店の総称のことを言いました。

パブとはパブリックハウスの略なのだそうです。

イギリスにはとてもたくさんのパブがあり、日本で言うバーや居酒屋さんのようなものです。

イギリスではパブといってもお酒しか出してくれないパブもあれば、ピーナツなどの軽いおつまみが出てくるパブ、お食事が出てくるパブ、ステージ付きで歌手やダンサー等のショー付いているパブ、スロットマシーンやジュークボックスがついているパブなど、様々なタイプのパブが存在します。

お客様はその日のお財布具合や気分によって週末になるといろんなパブでお酒を楽しんでいるようです。

日本のパブ

日本のパブでもお酒を提供しおつまみを提供してくれます。

しかしながら日本のパブはイギリスと少し違います。

日本のパブにはカラオケがついたカラオケパブ、ステージでダンサーが踊るショ―パブ、外国人のホステスとお話ができるパブなど、それぞれのお店に個性があるようです。

カラオケパブなどは日本独特のものであり、言葉自体はイギリスのパブからきていますが、日本の風習が見事にミックスされて出来上がったのが日本のパブのようです。

またホステスと会話を楽しむというのも日本独特の風習で、お酒を飲みながら会話やショー、カラオケなどを楽しめるのが日本のパブと言えるでしょう。

パブとスナックの違いがわかる3つのポイント


それではパブとスナックの違いはどこにあるのでしょうか?

パブにもほぼスナックと変わらない営業をしている店舗と、そうでないものがあります。

先ほども申し上げたように、スナックは風営法上「飲食店」として届出をしているため深夜営業はできますが、接客でホステスが隣に座ることはできません。

パブの場合は、接客でホステスがテーブルについて隣に座るようであれば、「風俗営業」として届出をしているため深夜営業ができないのです。

外国の女性が隣に座ってくれるようなパブは、「風俗営業店」ということです。

ただパブでもカウンターがあり、ホステスが対面で接客しているような店ではスナックと同じ「飲食店」として営業しているお店だと、限りなくスナックに近くなります。

カラオケパブなどで、カラオケに特化していたりして深夜営業している店などは、このスナックと似た形態のお店が多いようです。

スナックと言うのはお酒と他のお客様との会話を楽しむためのお店であり、パブと言うのはお酒以外にもカラオケ、歌、ダンス、ホステスさんなどの会話を楽しむのをメインにしているところが多いようです。

お店にもよりますがスナックは気軽に飲めて軽食をつまめる店、パブと言うのは飲食以外のものにも力を入れている傾向が日本では強いようです。

違いを分かりやすく3つのポイントにしてまとめてみましょう。

スナック

1.届出 飲食営業
2.接客 カウンター越し対面
3.目的 飲んで軽食をつまめる

パブ

1.届出 飲食営業又は風俗営業
2.接客 届出により様々
3.目的 飲んで食べる以外に特徴のある店が多い

如何ですか?なんとなく違いが見えてきたでしょうか?

パブにはいろんな種類があるようですので、どのパブが何に力をいれて、どんな特色があるのかということを把握しておくといいでしょう。

スナックもパブも何軒か特色ごとに知ったお店があると会社の接待や趣味の集まりの二次会などに使えたり、フラっと飲みに行くときにも便利です。

これでお店で「このお店はスナックだよ!」と言われても納得できますね!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ