スナックの起源は○○から来ていた!?知っていると鼻が高い呑んべぇ豆知識

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

スナックは便利だと感じている人も多いと思います。会社帰りにすぐ立ち寄ることも出来るし、日本全国にもあるからどこに住んでいても利用出来ます。スナックに行けば悩みを聞くことが出来るし、スナックでしか味わえないお酒も味わうことが出来ます。スナックももちろん起源があり、歴史があります。スナックの起源は実は意外なところから由来があります。今回説明するのはお酒を飲むためのスナックと他の由来や言葉の関係性、起源になった理由を説明します。由来を聞いてさらに美味しくお酒を飲むことが出来ればいいと感じているし、由来があるからお酒にさらに興味を持つ人が増えればいいと思います。スナックの起源や説明を3点紹介していきます。

お酒のスナックはお菓子のスナックから来ている

お菓子にスナック菓子と言われるお菓子があるのを殆どの人が知っていると思います。スナック菓子というのはポテトチップスや挙げて調理をしたお菓子を主旨としています。本来お菓子のスナックの意味はおやつやおつまみの意味があり、この意味を由来としながら、お酒のスナックが生まれました。スナックは簡単に説明すると軽食の意味になります。スナックに行くと通常おつまみを頼んだりお酒を頼んだり、食事をたっぷり食べるのとは少し違うと思います。軽く食事をする、食事前に簡単に立ち寄るためにスナックが誕生し、大人がお酒を飲める場所としてスナックという商売が始まりました。このおつまみのスナックとお酒のスナックは若干ですが言葉の意味として関連性があります。

スナックとバーとの違いとは

スナックとバーは由来したところが違います。スナックは日本語でおつまみと軽食の意味になり、日本で生まれました。スナックは日本のお酒を飲む場所として有名であり、昔から日本で盛んに商売が始まりました。しかしバーは昔からあったかというと、違います。どうして違うのかと断定出来るかというと、時代劇のドラマや古いアニメでバーを映し出しているお店は殆どありません。実はバーはイギリスが由来となっており、由来した国が違います。バーはお酒を飲むところの意味もありますが、宿泊施設としても考えられており、軽食のスナックとは全く違います。さらに軽食の方が悩みを聞いてくれて落ち着いて飲む雰囲気も持ち合わせており、悩み同士の集まりになります。

スナックは接待飲食営業である

スナックは接待飲食営業であり、お酒を飲むだけではなくお酒やお客を接待する仕事でもあります。先ほども説明した通りバーはお酒を飲むところと宿泊出来るところです。ちなみにパブについてはスナックと同じ接待飲食営業ですが、店員の年齢層やお客が目的としていることが少し違います。パブは若い女性に優しくしてもらいたいから行くことが目当てな人もいるし、スナックはこれとは違いお酒を飲むことを主旨として行きます。だからスナックに行くと接待のつもりでいつも悩みを聞いてくれたり、お酒を親切に出してくれます。スナックには独特のママというのがあり、このママとは店員のお酒を出す女性のことを言います。他のお酒を飲む場所はあまりママとは言わず、別の言い方をします。

スナックと起源のまとめ

スナックの由来はお菓子のスナックと関連性があるというのは意外だと思う人もいると思います。時代劇や昔のアニメでも言えますが、スナックは日本で生まれた言葉だから昔からありました。だから昔の人も仕事が終わるとお酒を飲みにスナックに立ち寄り、家族の妻や子供は帰って来るのが遅いと思わせながら待っててくれます。本来ならお酒を出す場所でもありますが、スナックには軽食という意味も含まれており、おつまみや簡単な食事を扱っています。スナックは昔からあまり変わりはありませんが、スナックはカラオケが出来ているところが増えて、楽しめるものも多くなりました。大人の居場所としてもスナックは大事なところであり、今もスナックに通う人はその気持ちを持っています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3