大人だったらひとりでバーに行きたい!

  • メンバー
  • 更新日:
5view
favorite

20歳になりたての頃は、お酒と言えば、皆で飲んでワイワイ騒ぐものでしたよね。飲むのはサワーだったり、カクテル、梅酒、ビールなど。ついつい自分の知っているお酒ばかり選んでしまったり、「選ぶのが面倒だから、とりあえずレモンサワーで」なんてこともあったかもしれません。

社会人にとっては、お酒はお付き合いのためのものですね。今度は、とりあえずビールで!と言って、上司のグラスを見て、注いだり追加の注文を頼んだりと、大忙し。

ひとりで飲むなら、別に宅飲みでいいんじゃないの?という人もいると思います。でも、実は、ひとりバーにハマると、お酒がもっともっと好きになります!

しかも、なじみのバーがあれば、もし友人や恋人を連れて行ったときに、「こんなお店を知っているなんて、素敵な人だなあ」と思ってもらえますよ。何よりも、ひとりでバーに行くって楽しいんです。大人の特権ですからね!

でも、そもそもバーには行ったことがない……

いくらお酒が好きでも、バーは敷居が高いですよね。店内の様子が分からないドアですし、地下だったりビルの上階だったり、奥まったところにありますし。

筆者も、はじめてバーに行ったときは本当に緊張しました。

では、なぜバーに行くことができたのか。それは、友人が連れて行ってくれたからです。友人は常連で、マスターとは顔なじみ。筆者のこともすぐ紹介してくれて、話が弾みました。

それからは、バーで働いている友人の勤務中に行ったり、バーが好きな友人と新規開拓したりもしました。

つまりおすすめは、まず誰かと行くこと。

でも、一緒に行く友人はいない!最初からひとりで行きたい!そんな人にもおすすめのバーの探し方があります。

・地元や近所のバーに行く
地元トークで話が弾みます。

・趣味に合ったバーに行く
ジャズ喫茶などですね。これも共通の話題になります。

・SNSをよく更新しているバーに行く
ご新規さん大歓迎のしるしですよ!

バーの注文の仕方って難しい?

バーでの注文って、難しそうなイメージがありませんか?お酒に詳しくなければいけないとか、高いお酒しかないとか。実は、バーの注文はとっても簡単です!なぜなら、たいていのお店にはメニューがあるからです。

バー初心者は、メニューから選べば値段も分かるので安心です。しかも、バーによっては、お酒の説明が詳しく載っていて、見ているだけでも楽しいですよ!

メニューが出てこなかったら、メニューはありませんか、と聞いてみるのもいいでしょう。

もちろん、メニュー以外の注文もできます。お酒の名前を言わなくても、色々な質問からあなた好みのお酒を出してくれます。

例えば、カクテルを飲みたいと言えば、
「炭酸は好き?」
「強めでも大丈夫?」
「甘いのがいい?」
「フルーツ系とミルク系、どっち?」
といった具合です。

お酒に詳しい人は、お酒の名前で注文したり、その店オリジナルのカクテルを試すのもいいでしょう。

バーの雰囲気は?ひとり客は多い?

小さなお店だと、カウンター席しかない場合があります。バーテンダーさんとの距離が近く最初は少し緊張するかもしれません。

しかし、注文やコミュニケーションがしやすく、お酒のボトルもよく見えますので、とても楽しいでしょう。他のお客さんとの距離も近く、はやく常連の仲間入りができます。

ひろくてゆったりしたお店は、テーブル席がたくさんあります。しかし、必ずカウンター席があり、ひとりで行ったときはそちらに案内されます。

このようなお店は、グループ客も来ますから、賑わっているときもあります。それでも雰囲気はバーらしく、まさに大人の社交場です。

逆に、あなたが友人や恋人をこのお店に連れてくるときに利用するのがいいでしょう。

ひとりでバー、どうやって楽しむ?

ひとりならではの楽しみ方をご紹介します。

まず、ゆっくりすること。

バーは照明や音楽も落ち着いていて、ゆっくりした時間が流れているようです。そんな空間に身をゆだねて、ぼーっとするのはとても癒されます。忙しい日々を忘れることができます。

反対に、バーテンダーさんや他のお客さんと話してみるのもありです。

バーテンダーさんがあなたに詳しくなればなるほど、あなた好みのお酒を出してくれるようになります。色々なお客さんの話を聞いているバーテンダーさんのお話を聞くのも楽しいです。

他のお客さんと話が弾んで、一緒にお酒を飲むこともあります。恋人と喧嘩した日に行ったら、お隣さんも同じく喧嘩したから来ていて、二人で落ち込んだり。

お酒を純粋に楽しむのも、ひとりでバーの真骨頂です。人のペースを気にせずガンガン飲んだり、普段飲まないものを人目を気にせず飲んだりも出来ますよ。

【まとめ】ひとりでバーってこんなに楽しい♪

今までお店でお酒を飲むときって、誰かと行って、お喋りを楽しむものでしたよね。ひとりで行くバーには、また違った楽しみがあります。

行きつけのバーがあるのは、自分の居場所が増えたのと同じ。嬉しいこと、悲しいことがあったとき、そこに行けば誰かがいるという安心感があります。

今日お酒を飲みたいけど、誰か友人を呼ぶほどでもない。でも一人は寂しい、美味しいのを飲みたい。そんな欲張りも、ひとりでバーに行けば解決です。

自分を知っている誰かがいる空間で、ひとりで飲む、そんな不思議な体験ができます。

何より、バーのお酒は美味しい!なぜか自分の家にあるウイスキーをストレートで出してもらっても美味しく感じてしまいます。

お酒好きさんなら、ひとりでバーに行って自分の好みを開拓するのは絶対ハマりますよ!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3