知っておかないと大変!アメリカのお酒に関するマナー

  • メンバー
  • 更新日:
5view
favorite

自由の国と呼ばれるアメリカ。一人一人が個性を持ち、それを大きな心で受け入れてくれるのはアメリカです。学校でも社会でもアメリカは日本よりも規則が少なく、皆が自由にのびのびと暮らしています。しかしながらお酒に関してはどうでしょうか?意外なことなのですが、アメリカは飲酒に関してすごくシビアで、日本よりもはるかに厳しい規則を持ち合わせています。毎年日本から大勢の人たちがアメリカへ旅行に行くのですが、知らないとホテルに泊まるところが刑務所でとまることになるようなことにもなりますので、出発前に必ず規則をチェックしておくことをおすすめします。今回は未成年でなくても、知っておかなくてはいけないアメリカのお酒に関する規則とマナーをご紹介させていただきたいと思います。

アメリカの飲酒ができる年齢は日本とは違うの?

日本では20歳になると成人とみなされ、お酒やタバコをたしなむことが許可されます。アメリカの場合は少し早く、18歳、高校を卒業した時点で成人とみなされます。しかしお酒に関しては別のようです。アメリカで飲酒が許可されるのは21歳からとなっています。バーやクラブに入る場合も、年齢確認のためにIDと呼ばれる免許証等の身分証明書の提示が義務付けられています。そしてドラッグストアやコンビニなどでお酒を購入する際も、この身分証明書を提示しなければいけません。アメリカではお酒が自動販売機で売られている事はありません。そのため21歳未満の人たちがお酒を入手するのは本当に困難なことだと言えるでしょう。日本人でも年齢層の若い方なら身分証明書の掲示を求められることがあります。この場合パスポートを提出するのですが、日本でいくら成人と認められていても、21歳未満であればお酒を飲み、購入することは不可能となります。

アメリカは公共の場での飲酒は禁止!

アメリカでは屋外や公共の場でお酒を飲む事は禁止されています。日本でならお弁当とお酒を持って桜の木の下でお花見、肉とビールを持ち込んでバーベキューをして楽しむことができるのですが、アメリカではこういった行為は一切禁止となります。日本人がたくさん集まるハワイ。ビーチで横たわりながら、トロピカルカクテルを楽しみたいと言う気持ちをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思うのですが、ビーチでの飲酒も禁止となります。路上でお酒を飲むのも禁止されています。もし酔っ払って道を歩いていると、警官がやってきてそのまま留置場に入ると言うことも珍しくありません。ほろ酔いぐらいなら許してもらえると思うのですが、あまりにも泥酔していると刑務所で一晩過ごすことになります。これほどまでにお酒と言うのはアメリカでは公共の場ではご法度となるのです。日本では「お酒の上での事」と、許される事でもアメリカではそれは通用しないのです。

アメリカでももちろん飲酒運転は厳禁!

ここ数年で日本も飲酒運転に関する規則がとても厳しくなりましたが、アメリカはその上をいきます。飲酒運転は見つかった時点で現行犯逮捕となりそのまま刑務所行き。そして懲役と言う流れが一般的です。日本では飲酒運転は交通法違反となるのですが、アメリカの場合刑事法違反となります。飲酒運転は罪のない人を巻き込む可能性もあり、多くの人の命を奪う可能性が高いためこれほどまでに厳しい規則が定められているのです。その理由の1つとしてアメリカでは16歳から自動車を運転することができます。若い世代の多くの人が運転をしているのですが、運転マナーはそれほど悪くなく、日本よりも道路が広いため交通環境は良いと言えるでしょう。こういった若い人たちの命を守るためにも飲酒運転はアメリカでは厳しく取り締まれられる必要があるのです。

アメリカに行くなら知っておきたいお酒の飲み方

ここまで取り締まりがきつくなると、ハメを外してお酒を飲むということができません。それではアメリカの人たちはどうやってお酒を楽しんでいるのでしょうか?若い人たちはお酒を飲んではめをはずしたいときは、クラブやバーに行くのではなく、ホームパーティーでお酒を楽しむことが多いようです。週末になるとどこかの家に集まり、音楽をかけておつまみや料理を並べてお酒を楽しみます。ホームパーティーなら公共の場でもないので、ご近所に迷惑がかからない限り、好きなだけお酒を飲むことが可能となります。問題は帰りの運転なのですが、家族に迎えに来てもらったり、お酒を飲まなかった友達に送ってもらったりして、飲酒運転をして法律を破らない限りは楽しんでお酒を飲むことができるようになります。

アメリカのお酒に関するマナー。まとめ

どうしてアメリカにはこれほどまでに厳しいお酒に関する規則があるのでしょうか?日本人の目から見ても「ここまでする事はないんじゃないの?」と思う時があります。しかしながらアメリカと日本では事情が違います。その事情とはアメリカは銃を持つことが許可されています。もし銃を持った人が公共の場で、お酒を飲み、酔って発砲した場合、命を失う人が出てきます。日本の場合酔っ払った人がいたとしても、公共の風紀をみだすだけで済むのですが、アメリカの場合人身事故に発展する可能性があるからです。こういった事情でアメリカはお酒に関して厳しい規則を持っているのです。こういう事情を把握すると、アメリカでお酒に関する規則が厳しいのも納得がいきますね。上記で述べたルールは日本人だからといって例外ではありません。「郷に入れば、郷に従え。」ということわざがあるように、アメリカに行けば、その国の規則を重んじるのは観光客のマナーです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3