バーに出かけるその前に…知っておくと役立つ飲み方やマナーをご紹介

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

バーと聞くと、おしゃれな雰囲気と、おしゃれなマスター、さらにお客もおしゃれで、大人の場所といった感じがします。なんだか敷居が高く感じて、興味はあるけど、勇気が足りずに挑戦できていないという人もいるかもしれません。

1人で行くのは怖いけど、大人数で行くのはどうなんだろう。どこに座ればいいの。何を注文すればいいんだろう。お会計はどうするの。行ったことがないならば、お店に入ってから出るまでに、たくさんの疑問があります。

そこで今回は、バーでの飲み方やマナーを紹介していこうと思います。実際に出かける前に、予習をして、ある程度余裕を持てるようにしましょう。

「行きつけのバーがある」と言える大人はとてもかっこいいです。この記事を読んで、バーでお酒を嗜む、かっこいい大人を目指しましょう。

バーへの入店時のマナーについて

まずは、入店する前から、入店直後までについて解説します。初めに服装ですが、高級なバーならば、ジャケットの着用が義務付けられているところがありますが、ほとんどの場合、特に服装に決まりがないことがほとんどです。雰囲気を壊さない程度ならば、カジュアルな服装でよいでしょう。

次に人数です。初めて行くから、1人ではなく、複数人で行きたいという人もいるかもしれません。ですが、バーという場所は1人、もしくは2人程度で、静かにお酒を楽しむところです。あまり大人数で行ってしまうと、お店の雰囲気が崩れるため、マスターや、他のお客からも好まれません。多くても4人程度にしましょう。また、席は店員かマスター自身が案内をしてくれます。大人数だとボックス席に行くことが多くなるでしょう。カウンター席を占領したりするのは迷惑になるので、予め目的のバーにボックス席があるかどうか確認しておくとよいでしょう。

バーでのお酒の飲み方について

次は席についてから、お酒を飲む際のマナーです。まず、バーにはメニューがないこともあります。そのため、初めての場合は困惑してしまうこともあるでしょう。バーに行くのが初めてだという方は、その旨をマスターに伝えるとよいでしょう。そうすると、マスターが振る舞い方などを教えてくれます。恥ずかしがって伝えずにいると、余計に恥をかくかもしれません。リラックスして楽しむためにも、素直に初めてだと伝えましょう。

そしていよいよオーダーですが、慣れていないならば、マスターと相談しながら、決めていくとよいです。知っている名前のカクテルを適当に注文してしまうと、アルコール度数が強かったりして、辛いことになります。

基本的に、お酒は弱いものから段々と強いものへとシフトしていきます。マスターに苦手なもの、好きなものを話しながら、自分に適したカクテルを作ってもらいましょう。

バーでの話し方のマナーについて

次は、話すときのマナーです。バーという場所は、癒やしを求める空間です。楽しい気分の人だけでなく、落ち込んでいる人もいれば、疲れた心を癒やされに来る人もいるのです。ですから、たとえ親しい友人と来たとしても、大きな声で話したり、笑ったりするのは避けたほうがよいでしょう。自分以外の人のことも考えて、大きすぎない適切な声量で話すようにしましょう。

また、友人などではない、知らない人と会話するときは、マスターを介して行うようにしましょう。マスターは、場の状況を、客観的に見ています。1人でいたい人、親しい恋人や友人との時間を大事にしている人など、その人の情報を一番持っているので、上手に導いてくれます。結果的に余計なトラブルを起こさずにすむので、自分からグイグイいかずに、マスターに任せるようにしましょう。バーでは、雰囲気を読むことが大切です。

バーでのお会計時の注意点について

次は、バーでのお会計についてです。先程、メニューのないバーもあると書きました。そのようなバーでは、どれだけのお金を支払うことになるのかわからないためら不安になりますよね。基本的には、一杯800円から1500円程度の値段で考えておくとよいですが、予算的に不安だというときは、素直にお店の人に値段を尋ねてみるのがいいですね。もしくは、あらかじめ予算を伝えておけば、それに応じたお酒を出してくれます。慣れないうちは、そうするのがベターかもしれません。

そしてお金の支払いですが、バーにはレジがあるところとないところがあります。ある場合はそこで支払えばよいですが、ない場合は、どうすればよいか困りますよね。そういったときは、マスターやスタッフにお会計したいということを伝えればよいです。ただし、他のお客の迷惑にもなるので立ち上がらないようにしましょう。

バーでの飲み方やマナーについてのまとめ

今回は、バーに入店するときから、お会計をするまでの一連の流れのマナーについて解説してきました。バーという場所は敷居が高いような感じもしますが、誰でもはじめは初心者なんです。マスターもそれを分かっている人が多いので、素直にわからないことはわからないと伝えれば、それに応じた対応をしてくれます。

また、迷惑にならないようにマナーを守れば、マスターの仲介で、バーで友人ができたりということもあります。友人ができれば、そのバーに行くのがより楽しくなりますよね。そうしていくと、その場所が「行きつけのバー」になるのです。

大切なことは、相手の気持ちや場の空気を読むことです。互いの気持ちを尊重し、自分の気持ちだけを押し付けないようにしましょう。そこさえ守れば、バーデビューは、思ったよりも簡単です。早速近くのバーを検索して、出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3