知らずに呑んでた?ウォッカとウイスキーの違いと意外な共通点とは?

ウォッカとウイスキーの違いと、意外な共通点についてちょっと面白いお話を今回はご紹介しましょう。

  • メンバー
  • 更新日:
52view
favorite
知らずに呑んでた?ウォッカとウイスキーの違いと意外な共通点とは?

皆さんはウォッカを飲んだことがありますか?

ウォッカの原料は小麦や大麦、ジャガイモなどで作りとても強いアルコールのお酒です。

ロシア産が有名ですが日本では今一つなじみが薄い気がします。

ではウイスキーはどうでしょうか?

ウイスキーの原料は小麦や大麦やトウモロコシなどで作られます。ウォッカに比べるとウイスキーを飲んだことある人は多いですよね。

この二つ、実は意外な関係を持っているんです。

全然味も香りも違い、作ってる地域も違うこの二種類の酒が実は兄弟も同然の深い関係にあるのです。

今日はその意外な歴史を詳しくご紹介したいと思います。

ウォッカとウイスキーにまつわるちょっと面白いお話を今回はご紹介しましょう。

まずウォッカとウイスキーの違いを知るには歴史から


ウォッカは先ほど言いました通り小麦や大麦、ジャガイモなどで作られます。

もともとスラブ語で「命の水」を意味していて、少しづつなまって変化してウォッカと呼ばれるようになりました。

余談ですがウォッカは日本風のなまりかたで現地ではウオトカと発音するそうです。

12世紀から14世紀の間ごろに原型となるお酒ができたそうですが今となってははっきりとした年代は難しいそうです。

14世紀にブドウを原料としたウォッカが開発されると爆発的にはやり次々と改良が重ねられることになり、1900年のロシア革命まで愛され続けられました。

ロシア革命の後アメリカにわたりアメリカで爆発的にヒットする一方でロシアではソビエト連邦時代に入り、国民はウォッカ中毒になる人が続出しました。

その後ソ連崩壊を経てウォッカとの付き合い方を改めなおし2000年代に入ることになります。

ウォッカとウイスキーの違いの歴史をたどる

さらに、ウイスキーについてお伝えしましょう。

ウイスキーは蒸留酒で大麦、小麦、トウモロコシなどが原料のお酒です。

ラテン語のアクア・ビュテ(命の水)が語源となります。

もうお分かりかと思いますが、ウイスキーとウォッカの語源は同じで、どちらも命の水という名前になんです。

命の水という名前はブランデーの語源にもなっている非常に重要な名前です。

アイルランドかスコットランドのどちらかで誕生したウイスキーですが1707年ごろ、スコットランドで課税が高くなっていくと密造酒がはやり始めます。

それを隠すために樽に隠したのが、ウイスキーの樽熟成の始まりなのです。

ウイスキーは樽に隠したため、ほのかな琥珀色をおび、今の色になったというわけです。

1853年に日本に黒船とともに入ってきますがそのすぐあと、スコットランド留学を終えた竹鶴正孝氏によってジャパニーズウイスキーを手掛けることになります。

ずばりウォッカとウイスキーの違いとは?


ウォッカとウイスキーは原料や名前の元々の由来は同じものであることが分かったと思います。

ではずばり違いは何かというとロシアにわたっていったのがウォッカ、スコットランドやアイルランドやアメリカにわたってできたのがウイスキーとなのです。

同じものが地域の違いで違うものとして根付いていったのです。

それぞれの国に歴史がある中で進化して変わり続けたお酒がウォッカとウイスキーということです。

ウォッカのアルコールは全体的に高くできているのも地域の違いが表れているのではないでしょうか。

現在はロシアのウォッカは消費が落ち込んでいて、若干苦戦気味の様相を呈しています。

ウイスキーの現在は様々な輸出をして日本のみならず世界で飲まれています。

世界一度数の高いウォッカとは


それでは代表的なウォッカの銘柄を紹介します。

ウォッカで有名なお酒というとスピリタスが上がると思います。

ポーランドでできたこのお酒は世界一アルコールが強くてなんと96度もあります。

そのため火気厳禁です、飲みすぎに注意してください。

ポーランドでは、このスピリタスで、果実をつけて果実酒を漬けるという風習もあるそうです。

レモンを漬けてレモンチェロにし、ソーダで割って飲むという楽しみ方もいいかもしれませんね。

スピリタス [ ウォッカ 500ml ] 出典:amazon

スピリタス [ ウォッカ 500ml ]

ウォッカ
味わい: 超辛口
アルコール度数: 96.0%
原産国:ポーランド

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3