ビールにはゴールデンエールという種類がある

  • メンバー
  • 更新日:
3view
favorite

日本でもよく親しまれているお酒としては、ビールがあります。国内で生産されているビールは日本人向けに作られており、飲み易さがポイントになっています。しかし、ビールは世界中に存在しており、その国柄がよく出ているお酒でもありますので、日本のビールとは一味違った味わいを楽しめます。ゴールデンエールはベルギー生まれのビールであり、その名称から分かるように美しい黄金色をしているのが特徴です。柑橘系の香りがして、スッキリと爽やかな味わいに仕上がっていますので、苦味が苦手な人でも美味しく召し上がる事が出来るのが良い点でしょう。スッキリと爽やかな香りと味わいを持つ事から様々な料理に合わせ易いのも、ゴールデンエールというビールを選ぶ上で押さえておきたいポイントです。

黄金色のビールであるゴールデンエールは生産地が増えている

黄金色が美しいビールであるゴールデンエールは元々ベルギー生まれですが、近年では世界各国でゴールデンエールを作っている醸造会社がありますので、色々なゴールデンエールを楽しめるようになってきています。柑橘系の香りが爽やかであるゴールデンエールを選ぶ際には、醸造会社毎にどのような特徴があるのかを確認しますと自分の好みの味を見つける事が出来るかもしれません。日本においても地ビールのような形でゴールデンエールを醸造している会社は存在します。国産ビールが良いという人々にとっては、ゴールデンエールを生産している醸造会社は貴重な存在ですので、日本特有のゴールデンエールを楽しめるかもしれません。大手の会社でも販売されていますので、手軽にゴールデンエールを楽しめる環境が整っていると言えるでしょう。

普通のビールよりも料理に合わせ易いゴールデンエールの魅力

ゴールデンエールは白ワインのような味わいと形容される事があります。その為、白ワインと合う白身魚を使った料理などとの相性が良いのが、普通のビールよりもゴールデンエールが優れているところでしょう。ゴールデンエールを選ぶ場合には、料理も脂っこい物よりも繊細な物の方が合います。クラフトビールの一種であるゴールデンエールと合わせる料理としては繊細な魚料理、和食、シンプルな構成のパスタ、ハーブを使用した料理などが良いでしょう。素材の味を引き立てながら、ゴールデンエールの良さを堪能出来る組み合わせですので、フルーティーな味わいが好みだけれども、フルーティーさが強いよりはスッキリとした爽やかな感じを好むのであれば、ゴールデンエールはとても良い選択肢と言えます。

他のビールよりも苦味が少ないゴールデンエールを楽しむポイント

他のビールと比べますと苦味が少ないのがゴールデンエールの一つの特徴ですが、このクラフトビールのユーザーの好みに合わせて飲むポイントを知っておきますと、一層ビールの風味を自分好みで楽しめるようになるでしょう。ゴールデンエールの味わいを楽しむには、ビールの温度やグラスの選び方に拘ってみるのが良いです。ビールは冷える事で風味が抑えられる傾向がありますので、かなり冷やした状態では冷たくて美味しいですが、ビールの本来の風味を楽しむ事が出来ません。冷やした状態であるなら、風呂上がりに飲めるように風呂に入る前から冷蔵庫に出しておきますと、ゴールデンエール本来の風味を楽しめるようになるでしょう。苦味が少なく、柑橘系の爽やかさが魅力であるゴールデンエールは夏場は6度ぐらい、他の季節は8度から10度ぐらいにしておけば飲み頃になります。

ビールよりもフルーティーなゴールデンエールは色を楽しむのも良い

ゴールデンエールは黄金色が美しいビールですので、その色を楽しむのもこのビールを選ぶポイントになってきます。その為、グラスやタンブラーなどを用意しておきますと、様々なビールの楽しみ方が行えるようになります。ゴールデンエールの場合、香りも楽しみたいですので、ジョッキやタンブラーのようなタイプの物は少し適していません。口が狭くなっているワイングラスのようなタイプの方が香りが飛びにくく、香りを楽しみながらビールを飲んでいく事が出来るでしょう。グラスの厚みはユーザーの好みによりますので、実際にグラスに注いでみて自分の好みの温度になるようなグラスを探してみるのが一番良い方法です。金属製のタンブラーの場合、ゴールデンエールの美しい色を楽しむ事が出来ませんので、ガラス製のグラスの方がより良いでしょう。

ゴールデンエールと他のビールをに見比べてみる

ビールはとてもたくさんの種類が存在していますので、飲み比べをする事でビールのそれぞれの良さを感じ取る事が出来ます。ゴールデンエールと他のビールの違いを知るには、実際に飲んでみるのが一番良い方法であり、自分の好みのビールを見つけるのに役立ちます。コクや苦味が欲しい場合には、ゴールデンエールは適していませんので、他の銘柄を選んだ方が良いでしょう。しかし、シンプルな料理を引き立てるような味わいが欲しい場合にはゴールデンエールはとても相性が良く、多くの人々が好む味になっていますので美味しく感じるシーンは多いはずです。パスタや魚料理や和食などを好んで食べる場合には、ゴールデンエールを選ぶ事で白ワインのように組み合わせて召し上がる事が可能です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3