お土産にもぴったり!安くて美味しいおすすめ台湾ビール

  • メンバー
  • 更新日:
4view
favorite

台湾のコンビニやスーパーで売っているお土産にもおすすめの台湾産ビールのご紹介です。

台湾では日本と同じようにビールの種類も豊富で、気軽にいろいろな種類を試す事が出来るので、これから台湾旅行を予定されている方もご参考にしていただけたら幸いです。

今回は老舗の台湾ビールから台湾女子にも人気のフルーツビールまで、ビール好きの私が台湾旅行中に試して美味しかったおすすめビールを幅広くご紹介いたします。

台湾や中国のビールは、比較的に味がさっぱりしていて、風味が抜けやすいイメージですが、辛い食べ物や脂っぽい食べ物と一緒に飲むにはぴったりです。ビールの苦みが苦手な方でも飲みやすいフルーツビールも、日本でこれから流行りそうな予感です。ぜひ台湾でお気に入りのビールを見つけてください。

台湾女子もおすすめ!甘すぎず飲みやすいお土産にもぴったりのフルーツビール!

台湾のコンビニやスーパーで売っているお土産にもおすすめの台湾産フルーツビールのご紹介です。

台湾旅行に行った際にコンビニで見つけて試してみたところ、ジュースかと思ってしまう程飲みやすく、ついいろいろな味を試しているうちにはまってしまいました。口当たりも軽く甘すぎないので、ご飯と一緒でもゴクゴクいけちゃいます。

アルコールは2.8%と普通のビールよりやや少なめで、ビールの風味もありますが、どちらかというとフルーツの風味の方が強いのでビールの苦みが苦手という方でも飲みやすいと思います。

マンゴー味、パイナップル味、グレープ味、ライチ味、レモン味など種類も豊富ですが、個人的にはマンゴー味が一番おすすめです。季節限定のフレーバーもあるようなので、その季節にあった旬のフルーツビールを探すのも楽しいですね。

価格は350ml缶で150円前後で、街中のコンビニでも気軽に購入出来るのでお土産にもおすすめです!

ビール好きへのお土産には老舗の台湾ビールで決まり!

フルーツビールと同様におすすめなのが、台湾ビールです。

よく見かけるのは老舗の台湾ビール。コンビニやスーパー、夜市やレストランどこでも手に入ります。種類は一番よく見かけるのが、台湾ビール金牌やクラシックですが、レストランや屋台では生ビールが飲めるところも多いです。

さっぱり飲みやすいビールがお好きな方には生がおすすめで、KIRIN一番搾りよりKIRINラガーが好きという方には、クラシックがおすすめです。ビールの味には人一倍うるさいというあなたには、賞味期限がなんとわずか18日間!という絞り立て新鮮な18daysという名前の瓶ビールがおすすめです。

台湾や中国のビールは味がさっぱりしていて、風味が抜けやすいイメージですが、辛い食べ物や脂っぽい食べ物と一緒に飲むにはぴったりなので、夜市やお食事の際にぜひいろいろな種類を試してみてください。

台湾でも手に入る青島ビール飲み比べ、台湾限定デザインのレア缶でお土産にもGood

中国のビールと言えば青島ビールですが、最近では日本のスーパーでもよく見かけるようになりましたよね。

台湾でもコンビニやスーパーで気軽に安く手に入れる事ができます。日本では緑色の缶に入ったイメージですが、台湾で販売されているのは白い缶で日本ではなかなか見かけないレアなデザインなので、ビール好きのお友達のお土産にしても喜ばれると思います。日本で購入出来る緑缶の青島ビールと飲み比べてみるのもおもしろそうです。

味は台湾ビールに比べると、苦みと濃さがより味わえる風味があり飲みごたえがあるので、ビール好きにも満足の美味しさです。台湾ビールと一緒に飲み比べしたり、さっぱりした台湾ビールの後に2杯目に飲むビールとしてもぴったりだと思います。ぜひお試しください。

台湾夜市グルメに合うビールのおつまみ、お土産にはコンビニの珍味がおすすめ

台湾といえば夜市ですね。

場所ごとにお店のメニューや味が違ったりと、台湾夜市は奥が深いです。毎日夜中まで開いているところが多いのでビール片手にぜひいろいろとお試しいただきたいです。数あるメニューの中でもビールに合うおつまみとしておすすめなのが、炸?排(ザージーパイ)という台湾版フライドチキンです。

日本の唐揚げよりも大きく、衣がからっとしていてビールにぴったりです。ビールと揚げ物は健康に悪そうですが、なかなか台湾に来る機会もないと思うので旅行中はダイエットのことを忘れて、ビールと夜市グルメをたっぷり楽しんでしまいましょう。乾杯!(台湾語でガンボエ、中国語でガンベイと読みます)

お土産にはコンビニで売っている小さめのサイズのいかや魚の珍味や、ピリ辛の味付けのもおすすめです。ポテトチップスも台湾ならではの牡蠣のオムレツフレーバーなどもあるのでぜひ帰国前にチェックしてみてください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3