これを合わせれば間違いなし!『梅酒にあう簡単おつまみ』5選

  • メンバー
  • 更新日:
18view
favorite

酒好きにとって、「このお酒になにを合わせるか」というのはとっても重大な問題ですよね。もちろん「いや、オレはつまみなんかいらん!酒だけを楽しむんだ!」というようなつわものもいらっしゃるでしょうが、そんな方もたまには気分転換につまみとともにお酒を楽しむのもオツですよ。

おつまみは買ってくることもできるのですが、時間がある日は自分の手で作ってみるのもまた楽しいんですよね。友達があなたの家に遊びに来た時に、ちゃちゃっとおつまみを手作りできたら、あなたの株も確実に上がりますしね!というわけで今回は、『梅酒にあう簡単おつまみ』を5つご紹介したいと思います!かんたんなレシピも一緒にご紹介しますので、ぜひとも作ってみてくださいね!

【01】クリームチーズのかつおぶし和え

まずはじめにご紹介したい、梅酒にあう簡単おつまみは、「クリームチーズのかつおぶし和え」です。甘い梅酒と、クリームチーズの旨味は相性ばっちり!ものすごくかんたんに作ることができますので、「料理なんかやったことがない!」という方であってもすぐにマスターすることができますよ。ぜひともチャレンジしてみてください!

《レシピ》
1.お好みのクリームチーズを小さなサイコロ状に切ります。
2.青ネギを小口切りにします。
3.サイコロ状に切ったクリームチーズの上に、かつおぶしと小口切りにした青ネギを好きなだけかけたら出来上がりです!

お好みでだししょうゆをちょっと落としてみたり、わさびや七味唐辛子を加えてみたりしても美味しいですよ!

【02】ピーマンとツナの塩昆布和え

梅酒にあう簡単おつまみその2は、「ピーマンとツナの塩昆布和え」です!梅酒の甘味、ピーマンの苦み、ツナと塩昆布の旨味と塩気・・・この組み合わせが最高なんです!こちらもとってもかんたんに作ることができますので、お料理嫌いな方にもおすすめです。

《レシピ》
1.ピーマンを縦に細切りにしたら、塩を振りもみこんで、そのまま5分ほど置いておきます。
2.その間に、ツナと塩昆布、マヨネーズ、しょうゆ少々をボウルに入れ、混ぜ合わせておきます。
3.1のピーマンを水でサッと洗い塩気を落とし、手でぎゅっと絞って水分を落とします。
4.2のボウルの中にピーマンを入れ、しっかり混ぜ合わせます。
5.お皿に盛り付けたら、白ごまを振って出来上がりです!

【03】ゆで卵のイクラのせ

梅酒にあう簡単おつまみその3は、「ゆで卵のイクラのせ」です!ちょっぴり高級感のあるこのおつまみ・・・さっぱりとした梅酒と合わせるととってもよく合いますよ。これもまたつくり方はものすごくかんたんなんです。

《レシピ》
1.ゆで卵を作ります。
2.ゆで卵がお好みの硬さになったら冷水にとって熱を冷ましてから、殻をむいていきます。
3.殻をむいたゆで卵を包丁で縦半分に切ります。
4.クリームチーズをゆで卵に乗せやすいサイズに小さく切ります。
5.ゆで卵の上に小さく切ったクリームチーズをのせ、その上にイクラを好きなだけ盛り付けます。
3.最後にお好みでブラックペッパーを振ったら、出来上がりです!

ゆで卵はちょっぴり半熟がおすすめです!

【04】たたききゅうり

梅酒にあう簡単おつまみその4は、「たたききゅうり」です!たたききゅうりは、どんなお酒にも合う万能おつまみですが、特に今回ご紹介するレシピは梅酒とよく合いますよ。ごま油の香りと梅酒のコクが、食欲をそそる簡単おつまみです。

《レシピ》
1.きゅうりを麺棒でたたいたら、手でひとくち大にちぎっていきます。
2.きゅうりに塩をふってよくもんだら、そのまま5分間置いておきます。
3.ボウルにしょうゆ、ごま油、砂糖、すりごま、粉末のとりがらスープの素を入れて、とりがらスープの素が溶けるまでしっかりと混ぜます。
4.きゅうりをよく絞って水分を切ったら、3のボウルの中に入れてタレをよく絡ませます。
5.お皿に盛ったら出来上がりです!

【05】だし巻き卵

梅酒にあう絶品おつまみその5は、「だし巻き卵」です!だし巻き卵のやさしい味わいは、梅酒のコクと風味に本当によく合いますよ。なんだか身体も心もほっこりしてしまうような、おふくろの味のおつまみです。

《レシピ》
1.ボウルに卵を割り入れ、菜箸でしっかりと混ぜてほぐします。
2.水で薄めた白だしを1のボウルの中に入れて、混ぜ合わせます。この時、砂糖を少々入れても美味しいですよ。
3.卵液を漉し器を使って、漉します。
4.玉子焼き機(もしくはフライパン)にサラダ油をよく熱し、卵液を流し込みます。
5.じっくりと時間をかけながら、卵を巻いていきます。
6.巻き終わったら、す巻きにくるみ形を整えます。
7.お皿にうつしたら出来上がりです!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3