節分の日におすすめするお酒にまつわる話3選

  • メンバー
  • 更新日:
9view
favorite

節分の日は子供だけではなく大人になっても特別な日になります。自宅に帰れば子供と一緒に豆を投げられる鬼役をしたり、節分には恵方巻という食べる行事もあるし、豆を数数えて食べる習慣もあります。夏はビールなど喉を潤すものが美味しいですが、節分の寒い冬は節分の日に合ったお酒を飲みたい人もいます。節分に合ったお酒やお酒にまつわる話も様々あります。最初は恵方のみについて説明し、2つ目の小見出しからは節分にあったお酒やおつまみについて紹介します。恵方のみとは何なのか、どういうことか聞いたことある人もない人もいると思います。節分の日がお酒を飲む人も楽しめるような話題を今から3つ取り上げて詳しく説明していきます。

節分の日の恵方飲み

通常お酒を飲まない人は恵方巻と言い、運がある方を向いて長いお寿司を食べる習慣があります。日本酒も恵方巻と同じように運がある方角を向きながら、お酒を飲む話もあります。恵方巻と同じように願いや気持ちを込めながら運を取り入れるところは、節分の日の日本酒も同じです。飲み方はお酒を片手に持ちながら運がある方に向いて、飲んでいきます。日本酒でも節分の日のための日本酒があります。普通の日本酒は安いものだとパックに入っていたり、パッケージがシンプルなものが多いです。節分の日のような特別な日に飲むお酒はパッケージに無病息災や祈願酒などと書かれており、しっかり包装されているお酒をおすすめします。専用のお酒の方が運を味方につけやすいからです。

節分の日のおすすめのお酒

お酒については先ほども説明した通りパックにある日本酒ではなく、お祝い事や楽しいこと、行事などに行う専用のお酒をおすすめします。お酒の飲み方はビンのまま飲むのではなく、行事などに使う専用の枡、豆まきの枡でもいいです。よく知られている酒屋やスーパーでもいいですが、行事用のお酒が揃っているのはネット販売あるいは、個人の酒屋をおすすめします。AmazonやYahooの通販ではどうかというと、沢山ではありませんがお祝い事専用のお酒は揃っています。こちらで入手するのもいいですが、日本酒が手に入る酒屋の通販か、お酒を中心に取り扱っている高級スーパーにある日本酒の通販をおすすめします。基本的にビンに入っており、文字が大きく書かれています。

節分の日のおつまみ

節分の日のおつまみは恵方巻でもいいです。例えば先ほど説明した日本酒は方角を確かめながら飲みます。恵方巻もおつまみとして方角を向きながら食事します。これだけだとつまらないため、他のおつまみも1品はあるといいです。おすすめする食べ物は豆腐です。豆腐はどうやって食べるのがいいかというと湯豆腐にして食べるのもいいし、さらに湯豆腐に味噌をつけて食べるとお酒の食にすすみます。何故豆腐がいいのかというと、豆腐は災いをはらう役目があり、お祝いの行事に食べるものに適しているからです。節分は鬼を追い出し、厄を払う行事です。これと同時に豆腐を食べることでさらに厄払いの代わりになります。寒いため温かい豆腐を噛みしめながら食べるのをおすすめします。

まとめ

節分は妻や子供が楽しめるものだけではなく、夫やお酒を飲む人もお酒に関する楽しみの行事があります。家庭では子供に豆を投げつけられてつまらない思いをするかもしれませんが、自宅でお酒を飲んだり飲み屋に行ったときは十分楽しめるものがあります。先ほど豆腐もいいと言いましたが、他にもイワシを食べると厄払いになると言われています。基本的に豆腐、イワシと料理名にこだわらずに、厄払いをしてくれる食べ物を考えながら食べるのがいいです。イワシならイワシを焼いて食べる、あるいはイワシを煮て食べるのがいいです。寒い季節だからお酒もそのまま飲むのもいいし、温めて飲むのもいいです。寒くなりすぎたり飲みすぎて体だけは壊さないようにしましょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ