ハイボールにしたら美味しいおすすめの有名ウイスキー4銘柄を紹介!

  • メンバー
  • 更新日:
5view
favorite

ハイボールはウイスキーの代表的な飲み方の一つです。しかし、日本酒にも熱燗向きのものもあれば、冷や向きのものもあるようにウイスキーにもハイボール向きのものもあれば、そのまま飲むもの、あるいは水割りやトワイスアップのようなもので真価を発揮するものなど様々なウイスキーが存在します。今回、この飲み方のうち、ハイボールに注目し、比較的手に入れやすいハイボール向きのおすすめのウイスキーを4つ選びました。これを読めばきっとどんなウイスキーがハイボールに向いていて、具体的にどんな銘柄のものがおすすめなのかをきっと知ることができるのではないでしょうか。最初にハイボール向きのウイスキーの条件についてお話しし、その後に具体的な銘柄についての紹介と言う流れですすめていきます。

ハイボールにしたらおいしいウイスキーはどんなものがおすすめか

ハイボールにしたら美味しいおすすめウイスキーの条件として、味の強いもの、香りの強いもの、そして逆にすっきりと飲みやすいものという3つの条件が考えられます。
味の強いものの理由としてハイボールにすると単純にウイスキーの濃度が減りますから、当然味も薄くなります。更に最近はやりの強炭酸で割るとその味は更にあいまいなものになりがちです。そういった意味で加水による味の薄さや炭酸による味のぼやけにも対抗できる強さが必要です。逆にそのままでは強くて飲みにくいものもおすすめです。
香りの強さも重要です。加水によって香りが減るだけでなく、ウイスキーのちびちびとした飲み方ではない飲料のようなスピードの速い飲み方になりがちなので、そんな中でもある程度の存在感を感じさせる意味で香りも重要です。
反対に食中酒として利用されることも多いので、料理を邪魔しない飲みやすいウイスキーもハイボールに向いていると言えます。

ハイボールにしたら美味しいおすすめウイスキー:ザ・グレンリベット

ザ・グレンリベットは全てのシングルモルトウイスキーの原点です。そのままでもフルーティーで甘い香りが広がり美味しくいただけるのですが、味わい、飲み口でハイボールにおすすめのウイスキーと言えます。
味わいに関してはウイスキーの中でもすっきりとクセが少ないため飲みやすく、ハイボールにしてもその特徴は十分生かされ、肉料理のような脂っぽい料理との相性も良く、チョコレートのような甘いおつまみにも適しています。
飲み口も優しい特徴があり、ハイボールにすることで更に口当たりも柔らかくなることからウイスキー自体に苦手意識を持っている方でも安心して飲むことができる銘柄と言えます。
個性を和らげるというよりも飲みやすさを追求したハイボールになるという意味でおすすめです。

ハイボールにしたら美味しいおすすめウイスキー:ニッカ 宮城峡

ニッカ宮城峡も先ほど紹介したグレンリベット同様にシングルモルトウイスキーのジャンルに入るウイスキーです。華やかでフルーティ、スイートな力強さを持ったウイスキーでもあり、加水することで更に個性が際立つという意味で力強いウイスキーをより飲みやすくするスタイルとしてハイボールでの飲み方もおすすめしたい一本です。
元々甘口でややリッチな飲み口という特徴がありますから、甘いチョコレートなどのおつまみやナッツなどとも相性が良く、つい早く飲みがちなハイボールですが、この宮城峡のハイボールはゆっくり飲むのにも適した銘柄と言えます。また、氷で多少薄くなってもその個性を残してくれる印象がありますから、長くゆっくり楽しめるハイボールにもなってくれます。

ハイボールにしたら美味しいおすすめウイスキー:カナディアンクラブ

カナダのウイスキーを代表する銘柄、カナディアンクラブ(C.C)も実はハイボールにしてもおすすめの美味しいウイスキーです。その理由としてとても力強い味と香りの強さを挙げることができます。
味わいはウイスキー特有の深さを強めた特徴を持っており、そのままでも楽しめますが、人によってはその強さが気になる位の個性を持っています。それをハイボールという形にすることでとてもリッチな味わいに変化させてくれます。
香りも味に負けない位強く、甘い香りはハイボールの加水や炭酸に負けないどころか、ジンジャーエールなどの香りを加えた飲み方にしても色あせることはありません。
この力強い味と香りをハイボールにすることで柔らかくし、贅沢な高級ハイボールへと変身してくれます。

ハイボールにしたら美味しいおすすめウイスキー:サントリー白州

サントリー白州はコンビニでも購入できるくらい気軽に飲めるややクラスの高いウイスキーです。そのままでも爽やかで軽やかな香りや風味ですが、ハイボールにすることで、その良さを高めることができます。
香りは、一部で不快な印象を与えるピート香も抑えられており、ハイボールにすることでミントを連想させるような爽快さを与えてくれます。
味わいも飲みやすく、かといってハイボールで加水されてもその風味は十分残る芯の強さを持っているという点もおすすめしたいポイントです。
高級ハイボールを求めている方にとって手に入りやすく、しかも安いウイスキーにありがちな貧弱な味わいや香りにならないという点で人気のある一本となっています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3