ハイボールにぴったり!家飲みにぴったりな低価格なスコッチ

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

ハイボールは日本では完全に市民権を得ていて、ビールよりも人気が高いなんて言われるくらいです。「とりあえず、ハイボールで」なんて声が、飲み屋さんでもよく聞かれるようになりました。爽やかな飲み口で炭酸の刺激もありますから、年齢や性別を問わず、多くの人から親しまれています。そんなハイボールを作るウイスキーは、どちらかというとクセがないタイプのものが多いですね。カナディアンや国産ウイスキーがよくハイボールには使われています。ところが、個性派の代表でもあるスコッチウイスキーは、ツウの間ではハイボールにぴったりだと人気になっています。スコッチウイスキーでハイボールをおいしく飲みたいという人もいるでしょうから、ハイボール向きなスコッチを紹介しましょう。

スコッチウイスキーの特徴

スコッチウイスキーは世界5大ウイスキーの1つです。アイルランド、アメリカ、カナダ、日本のウイスキーと並んで、スコットランドのスコッチもその中の1つに入っています。スコッチはビートという泥炭を使って麦芽を乾燥させる、独特の製法で作られています。そのため、ビートの香りがウイスキーの中にもたっぷりと残っていて、スモーキーな香りが魅力です。また、スコッチの種類によっては水にもこだわりがあり、独特の甘さを引き出してくれます。他の種類のウイスキーと比べて香りや味に独特のクセがありますから、好き嫌いが分かれるウイスキーですね。ハイボールにすると香りや味の深みが薄くなるという人もいれば、スモーキーな香りが残っていて飲みにくいという人もいます。しっかりとハイボール向きのスコッチを選べば、スコッチらしさを残しながらおいしく飲むことができますね。

ハイボール向きなデュワーズ ホワイト・ラベル

世界でも売り上げNo.1を誇ると言われているほど、人気のあるスコッチです。アメリカではスコッチと言えば、デュワーズと言われるくらいメジャーですね。もちろん、日本でもスーパーなどで買うことができて、価格もリーズナブルでお財布に優しいです。スコッチらしさが弱いと、ストレートやロックで楽しむ人からすれば敬遠されることもあります。それが逆にハイボール向きでクセが弱いですから、万人が楽しめるハイボールが作れます。1,200円から1,500円くらいでたっぷりハイボールが楽しめますから、家飲みにぴったりです。100年以上愛される歴史のあるスコッチで、ほんのりとフルーティーさや甘さが感じられ、とても飲みやすいですね。

おなじみのスコッチ!ホワイトホース ファインオールド

スーパーやドラッグストアなどでも、よく見かけるスコッチです。ラベルの白馬のマークが特徴で、日本のスコッチ売り上げNo.1でもあります。価格も1,000円以下ととてもリーズナブルですし、どこでも売っているので手に入りやすいですね。元々スコッチらしいスモーキーな香りは弱めですし、ハイボールにするとほのかに香る程度ですから、苦手な方でも大丈夫です。ほんのりとした甘みと苦みのバランスが取れていて、とても飲みやすいですね。スコッチっぽい香りは残しつつもクセがそれほど強くありませんから、まさにハイボール向きです。どんな料理ともけんかしませんから、色んなおつまみと一緒に楽しめます。値段が安くてコスパもいいですし、家飲みにはもってこいですね。

スタンダードなスコッチ!バランタイン ファイネスト

世界でも愛されているスコッチの1つで、スタンダードスコッチとして人気になっています。40種類もの原酒をブレンドして作られていますから、奥深くまろやかな味になっています。スコッチの特徴でもあるスモーキーな香りは若干弱めですから、ハイボールにしてもそれほど主張しないですね。ほのかな甘みとまろやかさがありますから、炭酸の刺激ともとても相性がいいです。価格も1,000円前後とやはりお財布に優しく、コスパに優れています。バランタインらしい爽やかさが引き出されて飲み口はライトですし、お酒の弱い人や女性でもおいしくしく飲めますね。マイルドで飲みやすいスコッチですから、スコッチ好きならストレートやロックで楽しむのもおすすめです。

スタンダードなスコッチ!ジョニーウォーカー赤ラベル

ジョニ赤の相性で親しまれていて、スーパーなどでも見かけることが多い庶民派のスコッチです。
日本でも人気ですが、世界180カ国以上で売られていて、スコッチの定番になっていますね。
35種類の原酒をブレンドして作られていますから、味に奥深さがあります。
香りも華やかでスパイシーさがあり、スモーキーな香りはあまりありません。
クセが少ないので、ジョニ赤はスコッチ初心者さんでも安心ですね。
舌を刺すような刺激もありませんし、ハイボールにしてもライトにおいしく飲めてしまいます。
価格もジョニーウォーカーの中では一番安くて、1,000円強で買えるのが魅力ですね。
炭酸の中で時々スコッチらしさを感じることができて、すっきりと軽い飲み口です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3