関東のおすすめ飲み屋街5選

  • メンバー
  • 更新日:
6view
favorite

関東にある飲み屋街のおすすめ5選をご紹介します。
飲み屋街はいろんな場所にあるけれど、初めてだとちょっと入りずらかったりしませんか?今回は初心者や女性でも入りやすい飲み屋街や、ハシゴ酒ができる関東のおすすめ飲み屋街をご紹介します。関東にはたくさんの飲み屋街があるけれどディープな雰囲気だったり、常連さんに連れて行ってもらわないと行きずらい雰囲気だったりすると思います。最近は新しいお店が出店して新旧のお店が入り混じって入りやすい雰囲気だったり、新しく飲み屋街ができたりしています。初心者でも入りやすいお店もたくさんできているので最近は若い人で賑わっているます。お気に入りの飲屋街やお店を見つけて、飲屋街でハシゴ酒を楽しんでくださいね。

関東の飲み屋街の横浜野毛

神奈川県の桜木町駅を降りてすぐに、野毛の飲み屋街はあります。600件ものお店が並んでいて、ディープな世界が広がっています。野毛の飲み屋街には、居酒屋、スナック、バーや、オシャレな飲食店など、幅広いお店の種類と、お店の数があります。たくさんのお店があるので、きっとお気に入りのお店を見つけられるのではないでしょうか。最近ではテレビで取り上げられているのこともあり、注目が集まっています。横浜の桜木町の華やかなで洗練された街のすぐ近くに、こちらの野毛の飲み屋街はあります。最近は若い人や女性に人気があってとっても活気がある飲み屋街です。立ち食い寿司から焼き鳥屋、大衆居酒屋、スキレット料理まであるので毎日通っても楽しめます。

   

関東の飲み屋街の東京横丁六本木テラス

六本木にある飲み屋街です。六本木横丁が惜しまれつつ閉店して、こちらの東京横丁六本木テラスが令和1年5月にオープンしたばかりです。六本木という立派ながら、美味しくて安いお店が軒を連ねています。こちらの横丁は六本木に似合って、シャンパンが似合う横丁をコンセプトに作られました。それなので洗練されたオシャレなお店がたくさん入っています。タイ料理や、焼肉、牡蠣などお店があり、ワインに合いそうなお店がたくさん入ってます。シャンパンとワインで美味しいお料理を頂きながらハシゴ酒でるのでグルメでオシャレな人におすすめです。デートにもオススメです。新たな六本木の人気スポットなのでぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?

関東の飲み屋街の川崎のれん街ほのぼの横丁

こちらの飲み屋街は神奈川県の川崎駅からすぐにある川崎駅前タワー・リパークのビルの地下1階にあります。お店は9つあり、異なるコンセプトのお店が連なっています。日本酒、お寿司、ホルモン、餃子などをハシゴ酒で楽しむことができます。串煮込みや馬肉専門店もあり、ちょっと珍しいお料理も楽しむことができます。いろいろなコンセプトの種類の食事やお酒のお店が並んでいるので、飽きることなく長時間楽しめるのが、こちらの川崎のれん街ほのぼの横丁の魅力です。ビルの中なので雨でも濡れないのが嬉しいですね。ほのぼの横丁にはカラオケ店も入っているので、飲んだ後はカラオケも楽しめます。一人でハシゴ酒をして一人カラオケをしたり、友達とワイワイしたり、カップルでデートもオススメですよ。

関東の飲み屋街の恵比寿横丁

恵比寿横丁は恵比寿駅東口を出てすぐのところにあります。建物の中にあるので、雨が降っても大丈夫なところが嬉しいです。オシャレな街恵比寿で、ディープな雰囲気を味わえるのが恵比寿横丁の魅力です。若い女性から外国人観光客まで様々な方が恵比寿横丁でお酒を楽しんでいます。こちらの横浜は初心者や女性同士でも行きやすいのでおすすめです。昭和の雰囲気を楽しめる昔懐かしい空間がこちらの恵比寿横丁にはあります。お魚から肉寿司、九州の地酒や九州の屋台のトンコツラーメン、ホルモンなどさまざまなお店が入っています。お店は平均3坪から6坪となっていて、お店が立ち並んでいます。いろいろなお料理やお酒を楽しむことができるのでハシゴ酒をしたくなります。

関東の飲み屋街の吉祥寺のハモニカ横丁

ハモニカ横丁は吉祥寺駅を出てすぐにある商店街です。こちらの商店街には洋服屋やオシャレなカフェ、雑貨などいろいろなお店が入っています。ハモニカ横丁は戦後の闇市から始まりました。小さなお店が並びあっており、ハーモニカに似ていることからハモニカ横丁と言われるようになりました。細長い横丁で小さなお店が立ち並んでいて、戦後の闇市からの面影を残しています。古き良き昭和の雰囲気を残しながら、新しくできたオシャレなカフェなどもあり、新旧が入り混じったノスタルジックな雰囲気がある吉祥寺の雰囲気にとけこんだ横丁です。お惣菜を売っているお店からカフェ、飲み屋まであるので朝から晩まで賑わっています。ディープな雰囲気を味わいながらハシゴ酒をするにはおすすめの横丁です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3