記事バナー1

これで飲めば間違いなし!ハイボールのためのグラス選び!鉄板3選

今回はハイボールのためのグラス選びと、ハイボールのおいしい飲み方についてご紹介していきます!

  • メンバー
  • 更新日:
550view
favorite
これで飲めば間違いなし!ハイボールのためのグラス選び!鉄板3選

どんな食事にも合うハイボール。

CMなどでも人気の女優さんがハイボール片手に登場したりして、もはや一時のブームからすっかり定番の飲み物となりましたよね。

ウィスキーとソーダがあれば気軽に作れるため、宅飲みでも食事やお風呂上りにハイボール!なんて人もいることでしょう。

でもビールグラスと違ってなかなかハイボール用のグラスって家になかったりしますよね。

ハイボールはグラスにこだわるともっともっとおいしく飲むことができます。

今回はハイボールのためのグラス選びと、ハイボールのおいしい飲み方についてご紹介していきます!

おすすめのハイボール用グラスの選び方


ハイボールといえば、あのキラキラの見た目も大事じゃないですか?

ハイボールに適したグラスは色々とありますが、氷やハイボールを入れた、黄金色の輝きを楽しむなら、やっぱりガラスのジョッキやグラスがおすすめです。

なかでもちょっと凝ったカットが施されているものだと、なおさらキラキラと輝きます。

またのどごし重視!という方には一度にたくさん飲めるジョッキがおすすめ。

香りを楽しみたいという方には、ハイボールグラスがおすすめです。

また、見た目よりも保温性重視!というかたにはステンレス製のタンブラーがおすすめです。

金属製のタンブラーは残念ながら炭酸の泡や黄金色のハイボールを目で楽しむことはできませんが、タンブラー自体がおしゃれですし、何よりハイボールがぬるくならず、おいしく飲み続けることができます。

自分がハイボールの何を楽しみたいのかによって、グラスを使い分けることをおすすめします。

のどごし重視用のハイボール用グラスは「ジョッキ」


まず、ハイボールといって思い出すのはガラスのジョッキではないでしょうか。

「炭酸のシュワシュワした感じを一気に流し込みたい!」という方には「ジョッキ」がおすすめです。

「クセのない軽めのウィスキーを、強めの炭酸で割るのが好き!」という方におすすめのグラスです。

ハイボール用のジョッキはウィスキーのメーカーがそれぞれオリジナルのジョッキを出していたりするので、それもおすすめです。

角ハイボールジョッキ

こちらは、サントリーが出している角用のジョッキです。

ハイボールジョッキといえばこの形を思い出す方も多いですよね!しかも歴史あるこのデザインは、実家で見た…という方もいらっしゃるでしょう。

あまり知られていませんが、氷を山盛りに入れ、ラベルの下のラインまでウィスキーを注ぐのが、角ハイの黄金比率と言われています。

ぜひ試してみてくださいね!

SUNTORY  角ハイジョッキ グラス 375ml 出典:amazon

SUNTORY  角ハイジョッキ グラス 375ml

サイズ 高さ14cm×口径7cm
375ml用

香りを楽しめるのは「ハイボールグラス」


オシャレなお店などでよく見かけるのが、ハイボールグラスです。

ハイボールグラスで飲むのがおすすめの理由は、まず見た目が美しいことと、ひんやり感を指でも感じることができます。

またハイボールグラスは、香りが楽しめるようにできています。

先が広がっているグラスなら、注いだ時に香りが広がり、先がすこしすぼまっているものは、飲むときにウィスキーの香りを感じることができます。

ハイボールグラスは薄めの素材のものにすると口当たりがよくなりますが、その時は割れにくい素材のものにするのがおすすめです。

香りを愉しむグラス・ハイボール用

ウィスキーをテイスティングする時の形状を参考にしたグラス。

グラスの下部が膨らんでいることで、ウィスキーの香りが立ち上り、飲むときに緩やかに香りが流れてきます。

香りを愉しむグラス (ハイボール用) 出典:amazon

香りを愉しむグラス (ハイボール用)

口径56.5㎜
最大径76.5㎜
高さ120㎜
容量360ml

ひんやり続く♪ハイボール用グラスは「タンブラー」


グラスやジョッキでハイボールを飲むスタイルは気軽ですが、ハイボールの魅力の一つであるひんやり感を楽しみたい場合には、金属製のタンブラーがおすすめです。

特にステンレス製タンブラーは様々な飲み物を飲むのに適していますが、最近ではホームセンターなどの量販店で様々なデザインや素材、大きさのタンブラーを見つける事が出来ます。

ステンレスでウィスキーなんて…と思うことなかれ。

あの山崎もオリジナルのステンレスタンブラーを出しているほどです。

形状も香りをたのしめるようになっている口径が広がっているものが多く、ハイボールをゆっくり楽しみたい人におすすめなのがステンレス製のタンブラーです。

飲みごろハイボールタンブラー

飲み頃の温度をしっかり保ってくれる、ステンレス製のタンブラーです。

硝子の様に透明ではありませんが、スタイリッシュなダイヤモンドカットデザインが宅飲みをおしゃれに彩ってくれますよ!

氷が長持ちするため、時間がたっても味が変わりにくいのも嬉しいですね。

ドウシシャ タンブラー 420ml 飲みごろハイボールタンブラー 出典:amazon

ドウシシャ タンブラー 420ml 飲みごろハイボールタンブラー

サイズ(約):φ8.0×16.4cm
素材:本体 ステンレス鋼
420ml マットシルバー

ハイボールのグラスにこだわったらおつまみにも


さて、素敵なグラスでハイボールができたら、次に気になるのはおつまみですよね!

ハイボールに合う料理といえば「ハイカラ」CMでもおなじみの唐揚げでしょう。

ジューシーで脂ののった唐揚げと、ハイボールのドライなのどごしは最高の組み合わせです。

他にもウィンナーなどの肉料理はもちろん、ハイボールはなんの料理とも相性がいいです。

また料理ではなく甘いものと一緒にハイボールを召し上がりたいというのであれば、高級チョコレートがおすすめです。

よくウィスキーにチョコレートを合わせたり、ボンボンに使われることからも、チョコレートがウィスキーに合うのは周知の事実ですが、ハイボールには甘味があまりないので、チョコレートの甘さが合うのです。

チョコに合わせるのなら、香りのいいウィスキーがいいですね。

ぜひ試してみてください。

ハイボールにおすすめのウィスキーの銘柄


ハイボールの味は、元になるウイスキーの選び方によってまったく異なってきます。

至高の一杯にするならカナディアンウイスキーの最高傑作と呼ばれるカナディアンクラブ20年。

和食に合わせるなら、日本人の口に合うシングルモルトウイスキーの白州がおすすめです。

上品な味わいが好きなら、ザ マッカラン ダブルカスク 12年などあげればきりがありません。

アルコール度数50%で1000円台から購入出来る富士山麓 樽熟原酒50度は濃厚な味わいを楽しめます。

飲みなれたお酒がおすすめですが、バーボンがお好きならジャックダニエルを使っても良いでしょう。

ジャックダニエルは、テネシーウィスキーに分類されているウィスキーです。

なめらかで香ばしい香りは、ハイボールにしても負けずにしっかりと味わいが残るのでおすすめです。

ジャックダニエル ブラック [ ウイスキー アメリカ合衆国 700ml ] 出典:amazon

ジャックダニエル ブラック [ ウイスキー アメリカ合衆国 700ml ]

原材料:グレーン、モルト
お酒の製法/ベース/種類:ブレンデッド
アルコール度数:40%

   
この記事を書いた人
メンバー
記事バナー2

最新記事

記事バナー3

関連するタグ