記事バナー1

そのハイボールちゃんとウイスキー選んでる?通ならわかる銘柄4選!

今回はハイボール向きのウイスキーで、通好みなのに手に入れやすいおすすめの銘柄を4つご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
1,390view
favorite
そのハイボールちゃんとウイスキー選んでる?通ならわかる銘柄4選!

ハイボールはいまやすっかりウィスキーの代表的な飲み方になりましたよね!

最近では乾杯の時からずっとハイボール!なんて人もよく見かけます。

でも、そのハイボール、元のウィスキーがなんの銘柄か気にしたことってありますか?

日本酒にも熱燗向きのものもあれば、冷や向きのものもあるようにウイスキーにもハイボール向きのものもあれば、ストレートやロック、トワイスアップ向けのウィスキーが存在します。

今回はウィスキーの飲み方のうち、ハイボールに適した銘柄で、比較的手に入れやすいおすすめの銘柄を選んでみました。

お好きなウィスキーで割るのがもちろん一番ですが、自分でウィスキーを買うときの参考にしてくださいね!

ハイボールにするウイスキーのおすすめ3箇条


ハイボールにしたら美味しいおすすめウイスキーの条件は3つあります。その3つの条件をご紹介しましょう。

【01】味の強いもの

味の強いものの理由としてハイボールにすると単純にウイスキーの濃度が減ってしまい、味がぼやけてしまうからです。

しかも最近は強炭酸で割るハイボールが流行っているので、味は濃いに越したことはありません。

逆に言うと、ストレートで飲みにくいなと思っていた銘柄もおすすめです。

【02】香りの強いもの

ソーダで割ってしまうと、薄まるというだけでなく、ストレートのようにじっくり飲むわけではないので、炭酸で香りが飛んだりジョッキでのどに流し込んでも香りを感じられるものがおすすめです。

【03】後味がすっきりしているもの

ただし、ハイボールは食事と一緒に飲むことも多いので、後味はすっきりしているというのも大切です。

それでは、その3つの条件を満たしたウィスキーをご紹介していきましょう。

【01】ハイボール向けウィスキーのおすすめ「ザ・グレンリベット」

ザ・グレンリヴェット 12年 40度 700ml 出典:amazon

ザ・グレンリヴェット 12年 40度 700ml

内容量: 700ml
種類:モルト
アルコール度数: 40%
原産国:イギリス

ザ・グレンリベットは全てのシングルモルトウイスキーの原点といわれています。

そのままでもフルーティーで甘い香りが広がり美味しくいただけるのですがその味わい、飲み口はハイボールにおすすめのウイスキーと言えます。

味わいに関してはウイスキーの中でもすっきりとクセが少ないため飲みやすく、ハイボールにしてもその特徴は十分生かされ、肉料理のような脂っぽい料理との相性も良く、チョコレートのような甘いおつまみにも適しています。

飲み口は優しく、ハイボールにすることで更に口当たりも柔らかくなることからウイスキーが苦手という方でも安心して飲むことができる銘柄と言えます。

飲みやすさを追求したハイボールなら、このザ・グレンリベットがおすすめです。

【02】個性あるハイボール向きウイスキーのおすすめ「宮城峡」

シングルモルト 宮城峡 [ ウイスキー 日本 700ml ] 出典:amazon

シングルモルト 宮城峡 [ ウイスキー 日本 700ml ]

原材料・成分:モルト
アルコール度:45%

ニッカ宮城峡も先ほど紹介したグレンリベット同様にシングルモルトウイスキーのジャンルに入るウイスキーです。

華やかでフルーティ、スイートな力強さを持ったウイスキーでもあり、ハイボールにすることで更に個性が際立つという意味で力強いウイスキーです。

元々甘口でややリッチな飲み口という特徴がありますから、甘いチョコレートなどのおつまみやナッツなどとも相性がよいです。

つい早く飲みがちなハイボールですが、この宮城峡のハイボールはゆっくり飲むのにも適した銘柄と言えます。

また、氷で多少薄くなってもその個性が消えることはありません、長くゆっくりとハイボールを楽しみたいかたにおすすめのウイスキーです。

【03】定番!ハイボール向けウイスキーのおすすめ「カナディアンクラブ」

カナディアンウイスキー カナディアンクラブ [ ウイスキー カナダ 700ml ] 出典:amazon

カナディアンウイスキー カナディアンクラブ [ ウイスキー カナダ 700ml ]

原材料・成分
モルト、グレーン
アルコール度数:40%

カナダのウイスキーを代表する銘柄、カナディアンクラブ(C.C)も実はハイボールにしてもおすすめの美味しいウイスキーです。

その理由としてとても力強い味と香りの強さを挙げることができます。

味わいはウイスキー特有の深さを強めた特徴を持っており、そのままでも楽しめますが、人によってはその強さが気になる位の個性を持っています。

それをハイボールという形にすることでとてもリッチな味わいになるのです。

香りも味に負けない位強く、甘い香りはハイボールの炭酸に負けないどころか、ジンジャーエールなどの香りを加えた飲み方にしても色あせることはありません。

この力強い味と香りをハイボールにすることで柔らかくし、贅沢な高級ハイボールとして味わうことができるでしょう。

【04】日本人ならハイボール向きウィスキーのおすすめ「白州」

サントリーシングルモルトウイスキー 白州 出典:楽天

サントリーシングルモルトウイスキー 白州

原材料:モルト
お酒の製法/ベース/種類:モルト
アルコール度数:43%

サントリー白州はコンビニでも購入できるくらい日本では流通していますが、本格的なウィスキーです。

ストレートでも爽やかで軽やかな香りや風味を楽しむことができますが、ハイボールにすることで、その良さを高めることができます。

香りは、独得のピート香も抑えられており、ハイボールにすることでミントを連想させるような爽快さを与えてくれます。

味わいも飲みやすく、かといって炭酸で割っても風味が飛ばない、芯の強いウイスキーです。

高級ハイボールを求めている方にとっては、手に入りやすいのに味は本格的な理想的なウイスキーと言えるでしょう。

   
この記事を書いた人
メンバー
記事バナー2

最新記事

記事バナー3