旅行や出張の手土産におすすめ!焼酎5選

  • メンバー
  • 更新日:
6view
favorite

プライベートで旅行に出かけた、あるいは出張で西日本に来たときに、やはりその土地の土産品を買わない手はありませんよね。そんなとき、酒好きの人であればぜひとも西日本ならではのお酒を買ってきてほしいのです。そう、焼酎です。東日本ではあまり焼酎を飲む文化がないこともあり、なじみの薄いものでもあるのです。東日本では甲類焼酎を飲む人が多いと聞きます。しかし、乙類焼酎の宝庫、九州に足を運んだのであれば、ぜひその地域に根付いた焼酎を手土産にしてほしいのです。上司、部下、家族、あるいは自分のためにもぜひとも焼酎を購入してほしいのです。これから、5種類の焼酎たちをピックアップして、呑んべぇならば必ず見てほしいという焼酎を紹介していきましょう。

【焼酎のおすすめ手土産01】鹿児島に行ったら芋!「3M」は必須!

鹿児島県に出張や旅行で行ったときに、そのお土産として買ってほしいのは、「3M」とよばれる芋焼酎です。「3M」とは、「魔王」「村尾」「森伊蔵」のことを指します。特に白玉醸造の「魔王」は入手困難な芋焼酎としても有名です。味わいはフルーティーでとても飲みやすい焼酎ですので土産品として絶対喜ばれます。村尾酒造の「村尾」はかめ壺による発酵で味わい深い焼酎へと生み出していく一品であり、これもぜひ土産品として選んでもらうと喜ばれるのではないかと思います。最後の森伊蔵酒造の「森伊蔵」は、地元の有機栽培のサツマイモを使って製造しておりクセのない芋焼酎として世界的に名が知られています。鹿児島に行ったら、絶対どれか一つは買わなければなりませんね。

【焼酎のおすすめ手土産02】大分の麦焼酎「二階堂」も負けていない!

CMに情緒あふれる雰囲気を醸し出す大分県の二階堂酒造では、主に麦焼酎を製造しています。CMも味わい深いですが、麦焼酎も味わい深いですよ。もともとは地域の銘酒「麻地酒」を作っていたのが、この地域の温暖な気候も相まって醸造を行うのに不都合が生じたために、先人の知恵と研究を重ねた結果、二階堂の麦焼酎が生まれたのです。二階堂酒造は、その技術は内部にのみ伝来する形で味を守っており、門外不出の技術によって「二階堂」「吉四六」「豊後路」などの麦の芳醇な香り豊かな麦焼酎が生み出されているのです。CMの味わいというのは、そのまま二階堂酒造のすべての商品の味わいにつながっていくのですね…。大分に行ったら、呑んべぇ向けにぜひ二階堂を。

【焼酎のおすすめ手土産03】長崎には焼酎の地域ブランド「壱岐焼酎」がある

世界的にお墨付きをもらったといってもいいのが、長崎県の麦焼酎ブランドである「壱岐焼酎」です。大陸から伝来した製法を壱岐島内で長年培われたことによって、壱岐独自の麦焼酎作りが築き上げられたのです。現在は7つの蔵元が壱岐焼酎を製造していますが、特に有名なのが壱岐の蔵酒造の「壱岐の島」「二千年の夢」「壱岐っ娘」、そして玄海酒造の「壱岐スーパーゴールド」です。ベースは、米麹と大麦の比率を1:1にして、壱岐島の地下水を用いることから始めますが、そこからは各蔵元の工夫をこらして味わいを変えていくのです。WTO(世界貿易機関)が定める協定によって「地理的表示」というのがなされるようになった結果、それが品質の保証にもなっています。まさに国際機関が認めた壱岐焼酎、買わないわけにはいきません。

【焼酎のおすすめ手土産04】熊本が誇る米焼酎「吟香鳥飼」

熊本県人吉市にある鳥飼酒造は、球磨川の支流草津川流域で製造している蔵元です。この鳥飼酒造が誇る米焼酎「吟香鳥飼」は、熊本に行ったときに、手土産で購入するのにおすすめの焼酎です。400年前から焼酎の製造に力を込めていましたが、近隣の環境破壊に心を痛めて環境保護活動を行ったことでも知られています。米焼酎に合わせた吟醸麹を作ることに研究を重ねて、今の品質に至りました。製造過程においても一つの妥協も許さぬというのがひしひしと伝わってきます。全国的に広く知れ渡っているというわけではありませんが、蔵元の気持ちのこもった素晴らしい一品ですので、ぜひ熊本に行った際には一本手にしてみて、土産にしてもいいのではないでしょうか。

【焼酎のおすすめ手土産05】手土産にぜひ!宮崎のそば焼酎「雲海」

焼酎と言えば、芋・麦が主流ですが、宮崎県高千穂の里で育まれた雲海酒造は、そば焼酎を初めて日本で生み出した蔵元です。ここで製造される「そば雲海」はもちろんですが、「そば雲海黒丸瓶」も手土産としてはもってこいの代物です。また、日向灘からの採取に成功した酵母を使って製造された「吉兆雲海」も一度飲んでみたいそば焼酎です。大学との共同研究で選び抜かれた酵母を使っているので、みんなで味わってみたいですよね。土産品と同時に自分にも買ってみてはいかがでしょうか。さらに、そば麹を使って仕込んだ「雲海全麹仕込み」も、そばの香りや甘味が十二分に引き出された味わいをもたらすので、宮崎に行った暁には、普段飲むことが少ないそば焼酎を買ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3