お盆の里帰りはお酒を持っていこう♪家族と!旧友と!大勢で楽しむためのおすすめの酒5選!

  • メンバー
  • 更新日:
13view
favorite

8月も半ばを過ぎ、いよいよお盆の時期になってきました。

実家に帰って家族と酒を酌み交わしたり、旧友たちとともに宴を催したりと…。お盆に里帰りをすると、お酒もつきものですよね。いろいろな場面でお酒を飲むことがありますが、今回はお盆に大勢で飲むときのお酒をいくつかピックアップしたいと思います。

一人で飲むときとはまた一味も二味も違うでしょうし、何よりバラエティに富んだラインアップでお酒を楽しみたいですよね。居酒屋で楽しむだけでなく、家で、外で、バーベキューや海水浴などで楽しめるようなお酒をおすすめしたいと思います。

【お盆の里帰りにぴったりのお酒】暑いお盆の時期もやっぱりビール!

暑いお盆には、やっぱりビールがいいですね。日ごろ発泡酒や第三のビールで楽しんでいる方が多いと思います。でも、お盆は年に1回ですから、贅沢にビールを飲みましょう!アサヒスーパードライやエビスビール、キリンラガーなどは定番ですよね。350ml×24缶の箱買いをして大勢で飲み明かしましょう!年に何回かの贅沢な気持ちになるべく、プレミアムモルツを用意してもいいですね。500mlの箱買いもありですが、いろいろな銘柄のビールを楽しみたければ350ml缶がお手頃な量で楽しむことができます。Amazonでは、東京オリンピックデザインの限定缶も販売されているので、スポーツを観ながら楽しむにはピッタリでしょう。辛口を求めるなら、期間限定の「アサヒスーパードライ澄みわたる辛口」でのど越しを楽しむのもgoodです!

【お盆の里帰りにぴったりのお酒】いつものビールじゃもったいない!ご当地ビールで里帰り!

いつものビールでは物足りないという方は、「ご当地ビール」で楽しんでもよいでしょう。例えば、普段住んでいる地域にご当地ビールがあれば、それを手土産に里帰りするのも一つの手です。近年、「地ビール」とか「クラフトビール」「エールビール」が聞かれることが多くなってきました。例えば長野県のヤッホーブルーイングで出している「よなよなエール」や新潟県のコシヒカリを含んだスワンレイクビール、岩手県の銀河高原ビールなど、全国各地でクラフトビールが販売されています。通販サイトなどで、全国各地のご当地ビールの詰め合わせが3000円ちょっとで購入することもできますので、友達同士で集まって飲み比べしてみるという楽しみ方もありますよ!

【お盆の里帰りにぴったりのお酒】オードブルに合う酒はハイボール!

お盆で里帰りすると、ご実家でごちそうを取り揃えて酒宴を開くことが多いですよね。中にはオードブル盛り合わせを注文してみんなで食べて飲んで…というふうになります。揚げ物を食べて脂っこいなぁと感じたら、ハイボールですっきりさせましょう。トリスハイボールや角ハイボールはお手軽に売られていますし、実家のお父様にお中元がてらカナディアンクラブや山崎、マッカランを携えて贅沢なハイボールで供してもいいでしょう。いい親孝行のひと時になるかもしれません。友達同士であれば、24缶セットで買ってもいいですね。グラスも炭酸水もしっかり冷やして大きめの氷でハイボールを作って飲む…。脂をきれいに流し込み爽快な気持ちにさせてくれます。

【お盆の里帰りにぴったりのお酒】お盆の期間、ウイスキーで至福のひと時を!

ビールやハイボールでひと盛り上がりした後は、ゆっくりと帰省の疲れを癒すべく、ウイスキーをたしなんでみてはいかがでしょうか?山崎やマッカランはハイボールにせずとも、そのままロック、水割りで味わうのもいいでしょう。ご両親と飲んで、他愛のない話で花を咲かせたり、日ごろの感謝をさりげなく伝えたりするのもよし、旧友と昔の話でまた花を咲かせるのもよし。ゆっくりとウイスキーを味わうことで、日常の喧騒から逃れ、懐かしい気持ちへといざなってくれるはずです。お盆休みの数日間で肉親と、旧友と語らうにはもってこいのお酒です。ぜひ、里帰りのときには自分のおすすめの一本を持って帰ってみては?ロックや水割りで暑さを吹っ飛ばして、涼しさを求めていきましょう。

【お盆の里帰りにぴったりのお酒】やはりお盆の締めくくりは日本酒や焼酎!

お盆を故郷で過ごすにあたって、やはり最後は日本酒、あるいは焼酎を飲むのをお勧めします。日本酒や焼酎については、故郷の銘柄を飲むのがいいですね。また、普段住んでいる地域のお酒を土産に帰省するのもいいですよ。秋田県の新政酒造は、「ナンバー6」「Colorsシリーズ」など素晴らしい日本酒が揃っていますし、新潟県の「八海山」「越乃寒梅」、焼酎であれば長崎県の壱岐焼酎や宮崎県の二階堂など、全国でそれぞれの良質なお酒があるのです。友人で示し合わせて、普段自分が暮らしている地域の銘酒を携えて、一献傾けるのもまた、いい思い出になりますよ。お盆は年に1回の特別な期間ですから、ちょっと贅沢して「飲みニケーション」を交わしてみてください!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3