誰にでも出来る!リキュールのおいしい飲み方7選!手間なしカクテル

今回は特別な材料がなくても使えるリキュールのおいしい飲み方を7つご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
105view
favorite
誰にでも出来る!リキュールのおいしい飲み方7選!手間なしカクテル

「リキュールって買ってみたけど、どうやって飲んだらいいのかわからない!」

なんてことはありませんか?

カクテルを作ろうと思って買ったのはいいのですが、毎日カクテル用のジュースやトニックウォーターがあるわけではありませんよね。

そんな時は一体どうやって飲めばいいのでしょうか。

そこで今回は、リキュールのおいしい飲み方をご紹介します。

カクテルはもちろん、カクテルの材料がなくてもリキュール本来の味や風味を楽しめるように、ストレート飲んだり、ロックやソーダ割など様々な楽しみ方をご紹介します。

またリキュールは種類が多いので、それぞれの飲み方にあったおすすめのリキュールもご紹介します。

【01】リキュールのおすすめの飲み方「ロック」


リキュールって、割って飲むイメージがあると思うのですが、実はそのまま飲んでも充分おいしいんです。

ただ、そのまま飲むとアルコールの度数が高いということもあるので、そんな時はロックがおすすめです。

美味しい氷と一緒にロックにすると、リキュール本来の風味や香りを味わいながら、氷で冷えることによってスッキリと飲み事ができます。

だんだんと氷が解けていくことにより、味の変化を楽しむことができます。

ゆっくりと飲みながら、リキュール本来の味と風味を楽しみたい方におすすめの飲み方です。

ロックで飲むのにおすすめのリキュールは、ミントリキュールのルジェグリーンミント、プラムリキュールのポルススロージン、アマレットリキュールのディサローノ、オレンジリキュールのコアントロー、マスカットリキュールのミスティアなどがおいしくリキュールを味わえますよ。

【02】本来の味がわかるリキュールの飲み方「水割り」


リキュール本来の味や風味を味わいたいけれど、ロックのようにちびちびではなく、「ゴクゴク飲みたい!」という方には水割りがおすすめです。

味や香味はストレートやロックに比べて薄まってしまいますが、リキュール本来の味を楽しむことができます。

アルコール度数も薄まるので、お酒が弱い人で、リキュール本来の風味を感じたい人にはおすすめの飲み方です。

水割りで飲む時におすすめのリキュールは、ライチリキュールのディタ、アマレットリキュールのディサローノアマレット、ピーチリキュールのルジェクレーム・ド・ペシェ、コーヒーリキュールのカルーア、ココナッツリキュールのマリブなどが、水割りでもおいしく飲むことができます。

果実やハーブなどは水との相性も良いので水割りにしたらおいしくなりますよ!

【03】さっぱりと飲めるリキュールの飲み方「ソーダ割り」


炭酸ソーダと割ることで、スッキリ、さっぱりとしたのど越しになり、飲みやすくなります。

無糖の炭酸ソーダなら、リキュール本来の味と香りを味わいながら、さっぱりとリキュールを味わうことができます。

こちらもリキュール本来のよさを感じることができるので、普段カクテルでしかリキュールを飲んでいない人には新しい発見があるかもしれませんよ。

のど越しがさわやかな炭酸ソーダ割りは暑い夏や、スッキリさっぱりとしたものが飲みたい時におすすめです。

オレンジリキュールのコアントロー、ライチリキュールのディタ、カシスリキュールのクレーム・ド・カシス、ハーブリキュールのカンパリなどがソーダで割って飲むのがおすすめのリキュールです。

【04】ゆっくりリキュールを楽しむ飲み方「ストレート」


ストレートでの飲み方は、リキュールの本来の味を感じることができるのでおすすめです。

リキュールはアルコール度数が40度近くあるものもあるので、少量をゆっくりと味わいながら飲みことでリキュールを楽しむことができます。

ストレートでの飲み方はリキュールのおいしさをダイレクトに感じることができる飲み方です。

アマレットリキュールのディサローディサローノや、バニラリキュールのミュコーバニラコニャック、紅茶リキュールのティフィンティーリキュール、レモンリキュールのリモンチェッロなどはストレートで飲むのみおすすめです。

味やアルコール度数が濃いと感じる場合は水のグラスを別に用意してチェイサーとして飲むのがおすすめです。

【05】甘いリキュールの飲み方「ミルク割り」


リキュールの中には、とても甘味が強くてミルク割にするととてもおいしいものが沢山あります。

もちろんそれらは「カルアミルク」や「マリブミルク」のようにすでにカクテルとしてよく知られているのですが、ミルク割にしてもおすすめのリキュールをご紹介します。

たった今ご紹介した、コーヒーリキュールのカルーア、ココナッツリキュールのマリブはもちろん、紅茶リキュールのティフィン、カシスリキュールのクレーム・ド・カシス、アマレットリキュールのディサローノアマレット、クリームリキュールのベイリーズなど、ご紹介しきれないほどあります。

さっぱりさわやかなフルーツ系よりは、濃厚で甘味の強いリキュールが向いています。

【06】寒い日に楽しむリキュールの飲み方「ホット」


お酒をホットで飲むというと意外に思うかもしれませんが、日本に熱燗や焼酎のお湯割りがあるようにリキュールもホットで飲むとまた別の味わいを楽しむことができます。

ミルク割で紹介したリキュールを、ホットミルクにするのもとても相性がいいです。

意外なものでは、アマレットにオレンジジュースを加えて温めたり、カンパリにハチミツとレモンを加えるものもあります。

ホットが合うリキュールは、カルーアやアマレットはもちろん、甘味のあるクレーム・ド・カシス、ウイスキーベースのドランブイや、チョコレートリキュールのモーツァルトやゴディバなどです。

また梅酒は日本人にとても馴染み深いリキュールですが、梅酒もお湯割りやあたためて飲むとしみわたる感じがとてもおいしいリキュールです。

【07】リキュールを簡単カクテルにして楽しむ飲み方


カクテルといえば、バーでバーテンダーがシェーカーを振って作ってくれるイメージですが、家にあるものでも簡単にできるものもあります。

クレーム・ド・カシス単体では甘さが際立ってしまって苦手だな、という人でもさっぱりしたウーロン茶などと合わせると飲みやすくなります。

他にもコカ・コーラやジンジャーエールで割る飲み方は、「マリブコーク」や「アマレットジンジャー」などカクテルの名前としても知られているくらい定番の飲み方です。

またグレープフルーツジュースやオレンジジュースはカクテルによく使われる果汁です。

カシスをオレンジジュースで割れば「カシスオレンジ」の出来上がりですね!

ウーロン茶やコカ・コーラ、オレンジジュースなら比較的家に置いてある飲み物なので、気軽に真似ができそうです。

リキュールの飲み方に悩んだらぜひ挑戦してくださいね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ