リキュールのおいしい飲み方5選

  • メンバー
  • 更新日:
14view
favorite

さまざまな種類のリキュールがありますが、どうやって飲んだらよいかわからないことはありませんか?

今回はリキュールのおいしい飲み方をご紹介します。リキュール本来の味や風味を楽しめるように、ストレート飲んだり、美味しい氷とともにロックにしたり、美味しい水で割って飲みやすく水割りにしたり、夏場などはすっきりとソーダで割ってソーダ割りにしたりと、いろんな飲み方をご紹介します。

それぞれの飲みかたにあったおすすめのリキュールもご紹介します。カクテルで飲むときの初心者でも飲みやすい、リキュールのカクテルメニューについても書いていきます。香りや味を楽しめるリキュールはそのままでも、何かで割ってもおいしく飲めるのでおすすめです。

リキュールをロックでおいしく飲む

リキュールの本来の味を楽しみたいけれどアルコールの度数が高くてストレートでは飲めない場合は、ロックをおすすめします。

美味しい氷と一緒にロックにすると、リキュール本来の風味や香りを味わいながら、氷で冷えることによってスッキリと飲み事ができます。だんだんと氷が解けていくことにより、味の変化を楽しむことができます。ゆっくりと飲みながら、リキュール本来の味と風味を楽しみたい方におすすめの飲み方です。

ロックで飲むとにきおすすめのリキュールは、ミントリキュールのルジェグリーンミント、プラムリキュールのポルススロージン、アマレットリキュールのディサローノ、オレンジリキュールのコアントロー、マスカットリキュールのミスティアがおいしくリキュールを味わえます。

リキュールを水割りでおいしく飲む

リキュール本来の味や風味を味わいたいけれど、カクテルのようにゴクゴクと飲みたい方には水割りがおすすめです。味や香味はストレートやロックに比べて薄まってしまいますが、リキュール本来の味を楽しむことができます。アルコール度数も薄まるので、お酒が弱い人で、リキュール本来の風味を感じたい人にはおすすめの飲み方となります。

水割りで飲む時におすすめのリキュールは、ライチリキュールのディタ、アマレットリキュールのディサローノアマレット、ピーチリキュールのルジェクレーム・ド・ペシェ、コーヒーリキュールのカルーア、ココナッツリキュールのマリブなど水割りで美味しく飲めるのでおすすめです。

果実やハーブなどは水との相性も良いので水割りにしたらおいしくなります。

リキュールをソーダで割っておいしく飲む

炭酸ソーダと割ることで、スッキリ、さっぱりとしたのど越しになり、飲みやすくなります。カクテルと違い、炭酸ソーダに味や香りがついていないもので割れば、リキュール本来の味と香りを味わいながら、さっぱりとリキュールを味わうことができます。ことらもリキュール本来のよさを感じることができるので、おすすめの飲み方となります。のど越しがさわやかな炭酸ソーダ割りは暑い夏や、スッキリさっぱりとしたものが飲みたい時におすすめです。

オレンジリキュールのコアントロー、ライチリキュールのディタ、カシスリキュールのルジェクレーム・ド・カシス、ハーブリキュールのカンパリはソーダで割って飲むのみおすすめのリキュールとなっています。

リキュールをストレートでおいしく飲む

ストレートでの飲み方は、リキュールの本来の味を感じることができるのでおすすめです。

リキュールはアルコール度数が40度近くあるものもあるので、少量をゆっくりと味わいながら飲みことでリキュールを楽しむことができます。

ストレートでの飲み方はリキュールのおいしさをダイレクトに感じることができる飲み方です。アマレットリキュールのディサローディサローノや、バニラリキュールのミュコーバニラコニャック、紅茶リキュールのティフィンティーリキュール、レモンリキュールのリモンチェッロはストレートで飲むのみおすすめです。普段ストレートで飲んでいる人や、これからストレートで飲んでみたい人におすすめのリキュールとなっています。

リキュールをカクテルにしておいしく飲む

お酒だけではなく、ジュースや他のお酒と合わせて飲む方法です。リキュールと合う組み合わせのもので割ると、お

な酒が苦手な人でも飲みやすくなります。カクテルにする割り方はたくさんあるので、自分の好みの味でカクテルを飲めるのが嬉しいです。

リキュールでカルーアを牛乳で割ってカルアミルクにして飲むと、お酒が苦手な人でもついついゴクゴクと飲んでしまうくらい美味しいカクテルができあがります。マリブとコーラで割った、マリブコークの人気のカクテルとなっていて、飲みやすくておいしいのでつい何はいでも飲んでしまうくらいおいしいです。カシスリキュールをウーロン茶で割ったカシスウーロンはさっぱりとした味わいで特に女性に人気があります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3