知らないとダサい!リキュールとウイスキーの違いはイケてる大人の嗜みだ

日頃何気なく呑んでいる「リキュール」と「ウイスキー」ですが、今回はその定義の違いを紹介していきます。

  • メンバー
  • 更新日:
292view
favorite
知らないとダサい!リキュールとウイスキーの違いはイケてる大人の嗜みだ

リキュールとウイスキーとは何でしょうか。

どちらもお酒であることにいは間違いありません。

仮にお酒を全く飲まない人でも「ウイスキーは茶色いお酒!」「リキュールは甘いお酒!」という感じのイメージをもっているのではないでしょうか。

でも、リキュールとウイスキーの違いは?と尋ねられると、「え、味ですか?」と曖昧になってしまいますよね。

呑んべぇでも明確に答えられる人は少ないかもしれません。

原材料が違う?製造過程が違う?アルコール度数が違う?

実は答えは「製造過程が違う」です。

リキュールの定義は「原材料以外の副材料を加えて作られる混成酒」です。

日頃何気なく呑んでいる「リキュール」と「ウイスキー」ですが、今回はその定義の違いを紹介していきます。

リキュールとウイスキーの違いをまずは酒税法から学ぶ


では日本でのリキュールとウイスキーの酒税法による違いについて学んでいきましょう。

酒税法によるウイスキーの定義

まずはウイスキーの定義について、日本の酒税法に則って説明していきます。

酒税法では「大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を糖化・発行させ蒸留することによって製造される蒸留酒」と定義されています。

また、それに加えるようにして「上記の製法で作られたものにアルコール、スピリッツ、香味料、色素を加えたもの」とも定義されています。

スピリッツとは端的に言えば「焼酎、ウイスキー、ブランデー以外の蒸留酒」であり、ウォッカやジンもスピリッツに含まれます。

酒税法によるリキュールの定義

厳密に定義されているウイスキーに対してリキュールの日本における定義は「国が定めた原材料から製造される酒の内、エキス分が2%以上の物」とされています。

この「エキス分」とはその酒を蒸発させた際に残留する不純物のことを指し、これは基本的にベースとなる酒を製造した後に加えられる副材料由来のものとなります。

したがって、リキュールは酒税法では混成酒類に分類されており、定義こそ簡単なものですが、その種類はそれこそ無数に存在します。

リキュールの副材料として使用されるものは主に香草・薬草類、果実類、ナッツ類等が挙げられます。

元々リキュールは中世ヨーロッパで「蒸留酒に薬草を加えて調製された薬」として開発・発展されたもので、香草・薬草類の配合に関しては歴史も古く、中には100種類以上の副材料を配合しているリキュールもあると言われています。

一般的なリキュールとウイスキーの一般的な違いとは


酒税法のくくりがわかったところで、一般的なリキュールとウイスキーの違いについてご説明したいと思います。

ウイスキーは大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を糖化・発行させ蒸留したお酒で、それを木樽で熟成させたものです。

色は琥珀色、茶色が多く、大麦(モルト)の味わいや、トウモロコシなどの味わいを楽しむ他、樽の香りなどを楽しむことができます。

それに対してリキュールは、醸造酒または蒸留酒に香味成分や糖分などを加えて風味を加えたものですので、お酒の味と風味を両方楽しめます。

色は千差万別、透明のものも真っ赤なものもあります。

甘いもののイメージもありますが薬草系などは苦いものもあり、なかにはウイスキーをベースにしたものもあります。

リキュールとウイスキーの楽しみ方の違い

ウイスキーの楽しみ方

スピリッツからできているため、リキュールには例外もありますが、どちらも度数が高いことが多く割って飲むことも多いお酒です。

ただ、ウイスキーは樽で熟成されたそのものの味ですので、原酒の味や樽の香り、もしくはブレンデッドウイスキーであればそのブレンドの味わいを楽しむのがウイスキーの飲み方の一つです。

味付けされていないそのものの味を楽しむことができるのが、ウイスキーの楽しみ方の一つです。

ただし、飲みやすさにおいてはそのウイスキーそれぞれですので、ハイボールやカクテルにして飲むのも楽しみ方です。

リキュールの楽しみ方

リキュールはすでに風味が整えられていますので、そのまま飲んでも飲みやすく仕上がっています。

ただ度数は高いものもありますので、それをジュースやソーダなどと組み合わせてカクテルにするのが、楽しみ方の王道と言えるでしょう。

楽しみ方の違い

お酒そのものの味を楽しんだり、飲みやすく割って飲んだりするのがウイスキー。

スピリッツに風味を加えて飲みやすくされた味を、そのままもしくはカクテルにして楽しむのがリキュールというわけです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3