説明できる?「リキュール」と「ウイスキー」の違いは●●過程だった!

より楽しいお酒ライフを楽しむためにも、多くの人がなんとなくは理解できているウイスキーはもちろん、おそらくあやふやであろうリキュールについての知識も深めるため、両者の明確な定義による区別を学んでいきましょう。

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

「リキュール」と「ウイスキー」、これらはどちらもお酒の種類として有名です。仮にお酒を全く飲まない人でもウイスキー=(美味しい)お酒くらいの知識は持っているでしょう。

しかし、リキュールとウイスキーの違いを明確に答えられる人はどれほどいるのでしょうか。原材料が違う?製造過程が違う?アルコール度数が違う?

その答えは「製造過程が違う」です。リキュールに関してより詳しく答えるならば「原材料以外の副材料を加えて作られる混成酒」となります。

より楽しいお酒ライフを楽しむためにも、多くの人がなんとなくは理解できているウイスキーはもちろん、おそらくあやふやであろうリキュールについての知識も深めるため、両者の明確な定義による区別を学んでいきましょう。

定義自体は厳密だが、それ故に生産地の特色が顕れるウイスキー

まずはウイスキーの定義について、日本の酒税法に則って説明していきます。酒税法では「大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を糖化・発行させ蒸留することによって製造される蒸留酒」と定義されています。また、それに加えるようにして「上記の製法で作られたものにアルコール、スピリッツ、香味料、色素を加えたもの」とも定義されています。スピリッツとは端的に言えば「焼酎、ウイスキー、ブランデー以外の蒸留酒」であり、ウォッカやジンもスピリッツに含まれます。

ウイスキーの原材料は世界中で広く生産されている穀物類であるため、世界各地でその地固有のウイスキーが製造されています。有名なのはスコットランドのスコッチ・ウイスキー、アイルランドのアイリッシュ・ウイスキー等でしょうか。もちろん日本のウイスキーもジャパニーズ・ウイスキーとして世界的なブランドとして認知されています。

世界各地で製造されるウイスキーそれぞれの違いとは?

原材料が普遍的なもののため、世界各地で製造されているウイスキーですが、単なる産地によって区別されているわけではありません。

例えば先ほど挙げたスコッチ・ウイスキーは糖化の工程で麦芽を泥炭(ピート)で燻すことによって顕れる独特の風味(スモーキー・フレーバー)が特徴です。対してアイリッシュ・ウイスキーは泥炭を使わないことはもちろんですが、蒸留を他の一般的なウイスキーよりも多い三回行うことによって、よりまろやかな味わいに仕上げています。

また、日本で製造されるジャパニーズ・ウイスキーはスコッチ・ウイスキーを元に造られたことはNHK連続テレビ小説「マッサン」で広く知られましたが、当時の日本人には泥炭の香味があまり受け入れられず、より安価で大衆向きのものが先に流通したため、本格派と庶民派の二極化が進んだ状態で技術が向上していったという少し複雑な経緯があります。

中世ヨーロッパにおけるリキュールの役割は「薬」だった?

対してリキュールの日本における定義は「国が定めた原材料から製造される酒の内、エキス分が2%以上の物」とされています。この「エキス分」とはその酒を蒸発させた際に残留する不純物のことを指し、これは基本的にベースとなる酒を製造した後に加えられる副材料由来のものとなります。したがって、リキュールは酒税法では混成酒類に分類されており、定義こそ簡単なものですが、その種類はそれこそ無数に存在します。

リキュールの副材料として使用されるものは主に香草・薬草類、果実類、ナッツ類等が挙げられます。元々リキュールは中世ヨーロッパで「蒸留酒に薬草を加えて調製された薬」として開発・発展したとされるので、香草・薬草類の配合に関しては歴史も古く、中には100種類以上の副材料を配合しているリキュールもあると言われます。

後付けの味や風味による差別化が真骨頂のリキュール

対して果実類やナッツ類を配合するリキュールは比較的歴史の浅いものですが、最初から「嗜好品としての酒」として製造されたため、数百年の歴史を誇る香草・薬草類配合リキュールよりも現代では製造量・種類ともに大きく上回っています。

また、配合する副材料による味や風味の違いがリキュールの最大の特徴として挙げられますが、その中でもあえて風味を抑えて、カクテルや製菓といった別の嗜好品の原材料としての役割を担うものが多いのも果実類、ナッツ類を配合するリキュールの特徴です。

また、上記以外の副材料として最近注目されているのが卵やクリーム、ヨーグルトといったタンパク質や脂肪分を多く含むものであり、これまでのリキュールとは大きく違った味の濃厚さが特徴です。

リキュールとウイスキーは、それぞれ一括りにはできない程に多様性のある酒

これまで述べてきた通り、リキュールとウイスキーは製造過程こそ大きく違うものの、その共通点として「カテゴリ内での多様性に非情に富んでいる」というものがあげられます。

ウイスキーは歴史の古さと原材料の普遍性故に生産地固有の特色が強くでており、地元の人々はもちろん、他の地域の人々も固有のファンとしてそれぞれのブランドのウイスキーを好んで飲む人が多いです。リキュールは副材料の多様性がそのまま種類の豊富さに直結しており、単に「リキュール」と一括りにすることはとてもではないが不可能です。また、リキュールはカクテルの材料として用いられることも多く、正に「無限の発展性」を持つ酒と言えるでしょう。

「リキュール」と「ウイスキー」の違いは確かに明確な定義によって示されています。しかし、それぞれがその中でも多くの「違い」を武器にそれぞれの地位を確立しているのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3