知ると感動?スピリッツとウイスキーの違いを分けた日本人の愛とは?

今回は、スピリッツとウイスキーの違いについて一般的な違いと酒税法の違いを掘り下げてみました。

  • メンバー
  • 更新日:
396view
favorite
知ると感動?スピリッツとウイスキーの違いを分けた日本人の愛とは?

呑んべぇさんなら「スピリッツ」と「ウイスキー」の名前を知らない人はいないでしょう。

仮にお酒を全く飲まない人でもウイスキーに関してはお酒であると認識できるくらいには浸透している極一般的な単語と言えます。

しかし、スピリッツとウイスキーの違いを明確に答えられる人はお酒好きの方でもあまりいないのではないのでしょうか。

原材料が違う?製造過程が違う?アルコール度数が違う?

実はその答えを一言で表現すると「ウイスキーはスピリッツの一種」という極めて単純な回答になります。

なんとも拍子抜けですが、これはあくまで一単語の説明としての答えになります。

では「酒としての違い」を加味するとどうなるでしょうか。

そうなってくると「ウイスキーはスピリッツの一種だけど、日本の厳密な定義によると種類が違う」というちょっとよくわからないものになります。

結局スピリッツとウイスキーは同じなのか、違うのか?

まずはそれぞれの定義を知るところから始めましょう。

言葉としての「スピリッツ」と「ウイスキー」の定義


「スピリッツ(spirits)」を日本語に訳すと「蒸留酒」となり、原材料をアルコール発酵させ醸造させたものを、更に蒸留して製造する酒全般を指します。

そして「ウイスキー」は大麦やライ麦、トウモロコシといった原材料をアルコール発酵させ醸造させたものを蒸留して製造する酒、つまり「蒸留酒」に分類されます。

したがって、この定義に沿ってスピリッツとウイスキーの関係性を表すと「ウイスキーはスピリッツ(蒸留酒)の一種」というものになります。

これは動物に置き換えると「ライオンはネコ科の一種」という極々当然のことなのでわかりやすいですよね。

つまり単語としてのスピリッツとウイスキーは同列に比較するものではないのです。

この定義でウイスキーと同列にあるのは焼酎やブランデー、ウォッカ、テキーラといった「他の蒸留酒類=スピリッツ」となります。

日本の酒税法における「スピリッツ」と「ウイスキー」の分類


ではスピリッツとウイスキーは完全な上下関係にあるものなのかというと、少なくとも日本においては「違う」と言えます。

日本において酒類の分類は「酒税法」によって主に製造過程の違いにより明確に定義されています。

酒税法における酒類の分類は以下の4つに分けられます。

1.発泡酒類 2.醸造酒類 3.蒸留酒類 4.混成酒類

この内、今回問題のスピリッツとウイスキーは3.蒸留酒類に分類されます。

ここで皆さんはこう思ったことでしょう。
「さっきのスピリッツ=蒸留酒という話を踏まえると、『ウイスキーはスピリッツの一種』という一緒の答えになるのでは?」と。

実はそうではないのです。

酒税法で分類された蒸留酒類の中での更なる区分ではウイスキーとスピリッツが同列で存在しているのです。

(ちなみに同じ蒸留酒類には焼酎やブランデー、原材料アルコールが分類されています。)

日本の酒税法における「スピリッツ」と「ウイスキー」の定義


日本の酒税法でのウイスキーの定義は「大麦やライ麦、トウモロコシを原料とした蒸留酒の一種」とされています。

これも呑んべぇならばなんとなく知っている人もいることでしょう。

ではスピリッツの定義はどうなっているのか。

それは「焼酎や『ウイスキー』、ブランデー、原材料アルコール以外のエキス分2%未満の蒸留酒」というなんとも大雑把な定義になっています。

(エキス分2%以上のものは4.混成酒類のリキュールに分類されます。)

さきほど「ウイスキーと同列にあるのは焼酎やブランデー、ウォッカ、テキーラ」と言いましたが、酒税法の中ではウイスキーと焼酎、ブランデーがそれぞれ独立して分類されており、ウォッカやテキーラはまとめてスピリッツに分類されています。

酒税法の歴史から見るスピリッツとウイスキーの分類の変化


なぜ日本の酒税法において、ウイスキーが他のスピリッツから独立して分類されているのでしょうか。

日本の酒税法は1940年に旧酒税法が制定され、それを全面改訂する形で1953年に改めて制定されました。

当時の酒類の分類は現在のように厳密な分類ではなく、「当時の日本人が認識していた酒類の分類が強く反映されたもの」といってよいものでした。
したがって清酒、焼酎、みりんといった日本独自の酒類をまず分類し、続いて洋酒として当時既に広まっていたビール、ワイン、ウイスキー、そしてこれらのどれにも該当しない酒類をエキス分の違いでスピリッツとリキュールに分類しました。

その後2006年に酒類の分類についての改訂が行われましたが、旧分類の名残を受けて焼酎とウイスキーはスピリッツから独立して分類されたというわけです。

(なおブランデーは旧分類で「ウイスキー以外のウイスキー類」と分類されていたため、流れで一緒に独立しました。)

ウイスキーはスピリッツの中でも特別なお酒


このように、ウイスキーは製造過程においてはスピリッツ=蒸留酒に分類されますが、日本の酒税法による分類ではウイスキーは焼酎やブランデーと同様に、その他のスピリッツから独立した存在とされています。

したがって「スピリッツ」と「ウイスキー」の関係性は?と尋ねられたら「ウイスキーとは、日本ではちょっと特別扱いされているスピリッツ」と答えるしかありません。

もちろんウイスキーとその他のスピリッツでは原材料の違い等がありますが、それはウイスキー内でも存在しますし、テキーラやラムがなぜ特別扱いされないのかというと明確な理由がありません。

理由があるとすれば、たまたま日本の酒文化で早いうちに確固たる地位を築き上げたウイスキーが、「ちょっと特別なスピリッツ」として扱われているということです。

それほど酒税法が制定された当時から、ウイスキーが日本人に馴染み深いお酒であったということですね。

酒税法が改正された頃、戦後の昭和の日本でどのようにウイスキーが親しまれていたのかと思うと感慨ぶかいものがあります。

祖父や父の秘蔵のウイスキーや、晩酌のボトルがなんだかとてもノスタルジックに思い出されます。

スピリッツとウイスキーの違いは、日本人のウイスキーに対する愛でした。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3