ギフトにおすすめ!中国発祥の「紹興酒」とは?

  • メンバー
  • 更新日:
13view
favorite

中国のお酒といえば何を思い浮かびますでしょうか?
「度数が高そう」「味が辛口そう」というようなイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか。

今回、皆さんが一度は聞いたことがあるであろう中国のお酒「紹興酒」を詳しくご紹介します。
紹興酒=中国のお酒というイメージを持たれる方が多いかと思いますが、実は紹興酒は中国の地域限定のお酒なのです。これは、上海や浙江省、江蘇省などのいわゆる江南地域のみで飲まれるお酒で、別名は黄酒として知られています。

日本では馴染みのないお酒かもしれませんが、中国ではよく知られている古くからのお酒なのです。
ぜひ、中華料理や中国酒がお好きな知人へのギフトとしてご参考にしていただければと思います。

そもそも「紹興酒」とはどんなお酒?

中国酒は大きく分けて、蒸留酒の「白酒」と果実酒の「果酒」、そして醸造酒の「黄酒」の3つに分類されています。ちなみに、紹興酒は、この「黄酒」に分類されます。
紹興酒は、アルコール度数が14~18%程度のものが多く、比較的中国酒の中でも度数の低いお酒として親しまれています。感覚としては日本酒よりも少し度数が高いくらいでしょうか。ちなみに蒸留酒の「白酒」はアルコール度数が50度以上であり、中国人との会食では当然のように出てきます。少し余談になりますが、これを「干杯」(飲み干す)することで、会食を楽しんだという意思を示す文化さえあるのです。恐ろしいですね。
中国のお酒は度数が高いというイメージをお持ちの方は、まずは「紹興酒」を試されてみてはいかがでしょうか?

紹興酒の効能とは?

紹興酒には以下の効能があると言われています。
・血行促進
・食欲増進
・疲労回復
・体力回復
・気力回復
・冷え性
など、効能もすごく期待できるんです!
また、紹興酒にはアミノ酸が豊富に含んでいる特徴から、悪酔いしないお酒でもあるのです。
もちろん、飲みすぎは禁物ですが。。
また、中華料理は油っぽい料理が多いですよね?
そこで、紹興酒と一緒に料理を摂ると、胃もたれを防ぐ働きもあるのです。
どうでしょうか?中華料理を召し上がる際に紹興酒も。という気になりませんか?
さらに、紹興酒には消化促進と解毒作用があるため、ダイエット期間にいいお酒とも言われています。
お勧めの量は1日150mlほどで、この程度であれば、健康維持効果が期待できると同時に太ってしまう心配も必要ありません。

ぜひ、健康維持の意識として日頃の食事に紹興酒を取り入れてみてはいかがでしょうか?

紹興酒のおすすめの飲み方

紹興酒は、香りとコクを楽しむお酒と考えられているため、「常温のストレート」で飲むことが一般的ですが、幅広く飲み方をアレンジもして頂けます。
それでは、いくつかご紹介していきます。

ストレート
本来の味を常温で飲む飲み方。冒頭でもご紹介いたしました通り、紹興酒の本来の飲み方です。華やかな香り、そして豊かな味わいをお楽しみいただけます。

ホット
温めて飲む飲み方。人肌くらいのぬるめの燗で楽しんでいただくのがお勧めです。紹興酒の本来の味わいが更に深まりますよ。

オン・ザ・ロック
紹興酒を冷やすことで、重厚な味わいも和らいで飲みやすくなります。辛みの強い料理を召し上がる際に口の中を爽やかにしてくれる効果を期待できます。

そのほかに、
レモンを少量絞りソーダで割る、「上海ハイボール」
ウーロン茶で割る、「ドラゴン・ウォーター」
などのアレンジも自由にして頂けます。

ぜひ、お気に入りの紹興酒の飲み方を見つけてみてくださいね。

ギフト向けの紹興酒の選び方

自分が日頃から好んで飲んでいる紹興酒であれば、他の人にプレゼントするのもいいですね。
日頃から紹興酒を飲んでいる方であれば、「紹興酒の味が好き!」の方が多いと思いますので、その場合は「江南派」の紹興酒がお勧めです。
逆に紹興酒をこれまで飲んだことない方であれば、北方派、南方派の黄酒がお勧めです。

ちなみに、紹興酒のラベルに「陳年」と書かれていることがあるが、これは中国語で「古い」「長い年月を経た」といった意味があります。
それだけ、古くから親しまれてきたお酒としてお分かりいただけるかと思います。

中華料理はよく作るが、紹興酒はあまり飲まないという方であれば、是非紹興酒をプレゼントしてみて、普段お世話になっている方の食生活がよりよく働きかけるきっかけを作ってみてくださいね。

ギフトを通して紹興酒の魅力を広めよう!

黄酒は中国のお酒の中で最も古い種類とされています。そして、黄酒の中でも特に有名なものが紹興酒であります。黄酒は米や黍(きび)などの穀類を原料に作られる醸造酒で、酒色が黄色いことから「黄酒」と呼ばれています。

しかし、中国ではだれもが知っている有名のお酒である一方、日本ではなかなか売られていないのが現状です。それは、日本人の口に合わないお酒だからなのか?いいえ。そんなことはありません。
むしろ、紹興酒の飲み方をよく知ることで、中華料理の美味しさが一層際立ち、むしろ日本のご家庭にもおすすめしたいお酒です。
和食の海外進出に伴い、日本酒がより多くの方に知られてきています。
中華料理がこれほど日本のご家庭で親しまれているのに「紹興酒」がなかなか飲まれていないのはどうしてでしょうか?
是非、ギフトをきっかけに、「紹興酒」の魅力を周りに広めてみてくださいね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3