おすすめスピリッツ入門編!これだけあれば間違いなし定番銘柄5選!

この記事では定番のものを中心におすすめのスピリッツを4つご紹介いたします。

  • メンバー
  • 更新日:
53view
favorite
おすすめスピリッツ入門編!これだけあれば間違いなし定番銘柄5選!

日頃皆さんはどんなお酒を飲んでいますか?

焼酎やウイスキーはロックやストレートはもちろん、割って飲んでもおいしいのでバリエーションが豊富で一本あると助かりますよね。

実はそんなお酒が他にもあるんです。

それは、ジンやウォッカ、テキーラ、ラムなどのスピリッツです。

ストレートやロックなど基本的な飲み方から、ソーダ割りやジンジャーエール割り、ジントニックやモヒートなどのカクテルベースに幅広い使い方が出来るので、お酒の楽しみ方の幅が広がります。

この記事では定番のものを中心におすすめのスピリッツを4つご紹介いたします。

おすすめのスピリッツとはどんなお酒?


スピリッツという言葉を聞いたことはあっても、そういえばどんなお酒なのかよくわからない、という方もいるかもしれません。

スピリッツはいわゆる「蒸留酒」のことで、ワインやビールのように酵母を発行させたお酒を醸造酒といいますが、この醸造したお酒をさらに蒸留したお酒のことを言います。

蒸留したのでさらにアルコールの純度が高まり、度数が高くなります。

この蒸留酒には、焼酎や泡盛、ウイスキーやブランデーも含まれていますが、日本ではこれらの蒸留酒は独立した酒類に分類されています。

それ以外の代表的な蒸留酒である「ジン」「ウォッカ」「テキーラ」「ラム」が4大スピリッツと呼ばれています。

【01】すっきり香るおすすめスピリッツ「ビーフィーター」

サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ] 出典:amazon

サントリー ビーフィーター ジン40度 [ 700ml ]

アルコール度数:40 %
内容量:700ml

それでは、おすすめのスピリッツをご紹介していきます。

まずは「ジン」の定番銘柄、「ビーフィーター」です。

190年の歴史がある銘柄で、ロンドンのケニントン蒸留所で全世界に供給する量を製造しています。

ジンを提供しているバーや居酒屋などでよく扱われているので目にしたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

ジンの中では安価でお求めやすく、癖が少ないので初心者の方からお酒をよく嗜まれる方にまで根強い人気があり、スタンダードな銘柄です。

オレンジやレモンの皮をボタニカルとして使用しておりスッキリした香りの中にほのかに柑橘系の香りを感じさせます。

冷凍庫で冷やしてストレートや、カクテルでしたらジントニック、オレンジジュースで割ってオレンジ・ブロッサムなどにして飲むのがおすすめです。

【02】日本産のおすすめスピリッツ「ROKU」

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU <六> [ ジン 700ml ] 出典:amazon

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU <六> [ ジン 700ml ]

アルコール度数:47 %
内容量:700ml

ジンからはもう1種類紹介させていただきます。

紹介するのは日本産のジン「ROKU」です!

近年いろいろなメーカーが独自にボタニカルを配合したクラフトジンを発売することが増えてきましたが、その中でもROKUは日本のクラフトジンを代表するような銘柄です。

ジュニパーベリーなど一般的なボタニカルのほかに桜の花、桜の葉、ゆず皮、煎茶、玉露、山椒を使用したまさに「日本のジン」といった趣です。

香りからはほんのりと桜とゆずが香り、飲んでみると山椒のピリっとした刺激が舌を襲いその後に鼻からスッと抜けて行くような爽快感を感じます。

飲み方はストレートやロック、トワイスアップでその風味を楽しむ他、ソーダで割って梅肉やしそなどおを落として日本を味わうのもおすすめです!

【03】シンプルなおすすめスピリッツ「スカイウォッカ」

アサヒビール スカイウオッカ 40度 750ml 出典:amazon

アサヒビール スカイウオッカ 40度 750ml

アルコール度数: 40%
内容量:750ml

ウォッカで紹介するのは「スカイウォッカ」です。

なんといってもまず目に留まるのがコバルトブルーのシンプルでオシャレなボトルです。

1992年にサンフランシスコで生まれという歴史は浅いですが全世界で飲まれており、価格もお求めやすく人気の高い銘柄です。

ウォッカとしてはピュアウォッカに分類されるお酒で味付けや風味づけが行われていない純粋なウォッカです。

4回の蒸留と3回のろ過を経て製造されるので、雑味のない味ですっと飲みやすい味なのが特徴です。

飲み方としては冷凍庫でよく冷やしてストレートや、ソーダとレモン果汁でウォッカリッキー、ジンジャーエールにライムを絞ってモスコミュール、トマトジュースとスパイスを加えたブラッディマリーなどがおすすめです!

【04】甘い香りのおすすめスピリッツ「キャプテンモルガン」

キャプテンモルガン スパイストラム 700ml 35度 [並行輸入品]ラム 出典:amazon

キャプテンモルガン スパイストラム 700ml 35度 [並行輸入品]ラム

アルコール度数:35%
容量:700ml

ラムでおすすめするのが「キャプテンモルガン」です。

17世紀にカリブ海で大暴れしていたヘンリー・モーガンという海賊の絵が描かれている瓶が目印のラムです。

以前はプエルトリコで製造されていましたが、現在はアメリカ領ヴァージン諸島で製造されいます。

ラムの種類としてはスパイストラムに分類され、バニラや香辛料で味や風味付けされたトロピカルフレーバーが特徴です。

とりわけバニラの風味が強く飲むだけではなくバニラアイスにかけて楽しむなどといった活用法もあります。

飲み方としてはまずストレートでその風味を味わっていただきたいです。

そのほかとしてはコーラで割るキューバ・リブレ(ラムコーク)や意外な所では牛乳割りがおすすめです。

寒いときにはバターと砂糖を加えた「ホットバタードラム」も体が温まりますよ!

【05】人気のおすすめスピリッツ「クエルボ エスペシャル ゴールド レポサド」

クエルボ エスペシャル ゴールド レポサド 40度 [ テキーラ 375ml ] 出典:amazon

クエルボ エスペシャル ゴールド レポサド 40度 [ テキーラ 375ml ]

アルコール度数 : 40%
容量 : 700ml

最後にテキーラの「クエルボ エスペシャル ゴールド レポサド」を紹介します。

全世界で一番ポピュラーといっても過言ではないのではないかというほど世界中で愛されている銘柄です。

テキーラはリュウゼツランの一種を蒸留したあと、樽で熟成させて造られます。

レポサドとは2ヵ月以上熟成させたものに与えられた呼び名です。

テキーラとしては比較的アルコール度数が低く樽で熟成させているため樽の色が移り少し黄色が買っているのが特徴的です。

テキーラの飲み方といえばライムをかじってグラスをあおり、その後に塩をなめるというのが有名ですが、カクテルにするのもおすすめです。

まずはオレンジジュースとグレナデンシロップを混ぜた「テキーラサンライズ」やライムジュースとミントを加えた「モッキンバード」などが飲みやすくてすっきりしているのでぜひ挑戦してみてくださいね!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ