どうまい!【静岡グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

今回はビールに合う静岡グルメおつまみをご紹介します!

  • メンバー
  • 更新日:
51view
favorite
どうまい!【静岡グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

静岡県には、美味いがいっぱい!山の幸、海の幸なんでも揃う、季節の変わり目は美味しいもので溢れています!

都会では味わえない新鮮だからこそ食べられるグルメや、昔ながらの懐かしグルメ!多分静岡県民の当たり前が他県民のみなさんにとってはご馳走になってしまうかもしれません…そんな静岡グルメを1度は食べてみてみませんか?得はしても損しない!試して間違いなしの静岡県グルメは静岡県に沢山溢れてます。

今回はビールに合う静岡グルメおつまみをご紹介します!

ビールにあう『静岡グルメ』おつまみ01【静岡県おでん】

濃い醤油出汁とおでんの具から出てくる出汁でビールが進む静岡県おでん。

おでんの定番染み大根に、こんにゃく、牛すじ、白はんぺんに玉子とちくわ、いつものおでんの中に、見慣れないおでんの具材がひとつ・・・真っ黒な出汁に沈む真っ黒はんぺん、静岡定番黒はんぺんです!

黒はんぺんとは、鰯を使ったはんぺんです。はんぺんと言えば真っ白ふわふわなイメージですが、黒はんぺんは、真っ黒ペラペラ。見た目からははんぺんとは思えない様な印象ですが、これが美味い!

おでんに入れて、黒はんぺんから出る出汁は静岡おでんに欠かせない味となるのです。

また、静岡おでんと言えば1品1品に竹串を刺してあるのが特徴で箸が無くても食べられる様に出来ています。

静岡おでんの始まりは、子供たちが学校帰りに駄菓子屋さんでおやつ代わりに買って食べながら帰るのが定番でした。大きな四角いおでん鍋をみんなで囲んでご近所さんが井戸端会議を開く場でもありました。

ご当地B級グルメ 静岡おでん 2パック 2~4人前 出典:楽天

ご当地B級グルメ 静岡おでん 2パック 2~4人前

【原材料名】
具[大根(国産)、魚肉練り製品(黒はんぺん、ちくわ、揚げ物)、たまご、牛すじ、こんにゃく]、おでんだし[醤油、砂糖、かつを風調味料「ぶどう糖、食塩、風味原料(かつをぶし粉末、しいたけ粉末、こんぶ粉末)、たん白加水分解物」]、調味料(アミノ酸等)、酸味料、保存料「ソルビン酸(K)」、凝固剤(水酸化Ca)、香料  (原材料の一部に大豆、小麦を含む)
添付かやく(さばぶし粉末、アオサ粉)

ビールにあう『静岡グルメ』おつまみ02【鯵のたたき】

鯵のたたきとは馴染みが無いかも知れません。一般的にはなめろうと呼ばれています。

漁師が船の上で採れたての鯵を捌いて包丁で叩いて調理する所から由来して『たたき』と呼び、味噌、砂糖、醤油、酒、生姜にネギと包丁で叩きながら混ぜそのまま食べてもよし、熱々ご飯と食べてもよし、そこに出汁茶漬けをかけて思いっきりすするのも良いでしょう。

採れたて新鮮な鯵でした出来ない食べ方とされ漁場町ならではとも言えるでしょう。

また、たたきに片栗粉を混ぜて油で揚げた鯵のハンバーグも食卓に並びます。

お父さんはビールのつまみに、子供たちはご飯と一緒に食べるのが一家の夕ご飯時によくある光景です。

今では、新鮮な鯵が昔に比べて手に入りにくくなり中々見かけられなくなりましたが、鯵が手に入ったと聞いたらまずたたきを思い浮かべてしまいます。味噌の甘みと、生姜、ネギの薬味が鯵の臭みを上手く調和し口に運ぶと刺身とはまた違った味わいとなります。

新鮮・国産アジを使ったお手軽な一品! 刺身 おさしみ あじ 鯵 国産アジのたたき 生食用 出典:楽天

新鮮・国産アジを使ったお手軽な一品! 刺身 おさしみ あじ 鯵 国産アジのたたき 生食用

国産アジのたたき 生食用 2人前(80g×2パック) 冷凍

ビールにあう『静岡グルメ』おつまみ03【採れたてサザエ】

夏本番、海辺で採れたてサザエを網焼きして、待ってる間に匂いでビールを1本。昔はこれが当たり前の夏の光景でした。

今は許可が無いとサザエを獲ることは禁止されていますが、それでもサザエを扱うお店は数多くあります。サザエを熱してぶくぶく泡を吹き始めたら、そこに醤油をひとかけ、ただでさえサザエと塩の焼けていく匂いに加えて、醤油の香ばしい匂いはたまりません。

さらにバターを一欠片もこれまた最高としか言えません。

サザエの肝は苦くて食べれない、そんな風に考えてはいませんか?採れたてのサザエは全く苦味なんて無いんです。

サザエが死んでしまうと肝は苦くなり食べれませんが、生きたままから調理をすると味が全然違います。海が近いから出来る特別な食べ方となりますね。

また、サザエを湯煎してマリネにしたり採れたてそのまま刺身にも出来てしまいます。刺身はコリコリ、ちょっとなれないと硬いかも?ぜひ試して欲しい、静岡県グルメです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3