必須アミノ酸が他アルコールの約30倍?紹興酒の美味しい銘柄

  • メンバー
  • 更新日:
44view
favorite

お酒好きでも、普段はあまり手を出さない存在の紹興酒。

居酒屋などではメニューに無いことも多く、中華料理屋に行っても普段飲み慣れているビールをついつい頼んでしまう、そんな人も多いのではないでしょうか?

実は紹興酒はビールやワインなどに比べ、およそ30倍もの必須アミノ酸を含んでいるお酒です。私達の体をつくる為に大切な必須アミノ酸は、忙しく毎日を過ごす働き盛りの大人達は特に不足してしまいがち。紹興酒を楽しみながら、体が喜ぶ栄養素を摂れるのはとても嬉しいですよね。

そんな注目すべき紹興酒の美味しい飲み方・おススメの銘柄も合わせて知って、あまり紹興酒を飲んだことが無いという人も是非この機会に試してみましょう!

紹興酒初心者におススメしたい銘柄と、美味しい飲み方はコレ! 

紹興酒デビューを迎える人におススメしたい銘柄が、「紹興酒3年」です。

大手アルコールメーカーからも発売されている最もポピュラーな紹興酒です。口当たりは、さっぱりとしていて初心者の人でも飲みやすい紹興酒の銘柄の1つです。

名の通り3年かけて熟成された紹興酒は素材本来の旨味を楽しむことができます。各銘柄共通して紹興酒の基本の飲み方は、”常温でストレート”です。慣れるまで最初の基本の飲み方の段階で、「苦手かも…」と感じてしまうことがあります。そんな時おススメの飲み方を知っておくと紹興酒の魅力に気づけるはずです。

紹興酒×烏龍茶(割合2:1)は、独特な紹興酒の深い味わいが口の中に残らず美味しく呑むことができるのでおススメです。紹興酒を楽しむことのできる中華料理屋には烏龍茶もメニューに並んでいるので頼みやすく、すぐに試すことができます。季節や好みに合わせてホットでもアイスでも美味しいおススメの飲み方です。

高級食材に合わせて美味しい紹興酒15・20年陳醸の特徴と銘柄

日本酒を連想させる白いラベルが印象的な「紹興酒古越龍山 陳醸20年」は古越龍山から発売されている銘柄。紹興酒の中でも値段が高めです。飲むと高級感を味わうことができるうえに、濃厚な香りも合わせて楽しむことができます。

一緒に合わせたい料理は北京ダックや海老の揚げ物などの高級食材を使用しているものがおススメです。紹興酒が誕生した中国では熱燗で飲む習慣が無く日本独特の飲み方とされていますが温めると紹興酒独特の風味が増します。紹興酒は最近飲み始めたばかり、という人であればロックや冷やすことで飲みやすくなります。

紹興酒20年陳醸も15年ものと同じく、高級食材を使用した料理がとてもよく合います。日和商事が展開している、「越王台陳年20年花彫酒青磁」は味と同様に高級感を感じることのできるデザインです。ボトルだけではなく留め具などが付いた箱でデザイン性が高く、お中元などでも選ぶことのできる紹興酒の銘柄です。

紹興酒12年陳醸の特徴と銘柄。合わせると美味しい料理はなに?

味が複雑で、濃厚な香り漂う紹興酒12年陳醸と合わせると美味しいのが、味の濃い料理です。手羽先の煮込みや中華料理の王道メニューである、ふかひれスープと合わせても美味しく飲むことができます。

手に入りにくい中華食材なども展開している興南貿易株式会社から発売されているのが、「紹興老酒クリアー12年」です。スリムなボトルのラベルデザインで銘柄名の字体も可愛いので女性にも、おススメしたい銘柄です。えぐみや雑味が少なく飲みやすい紹興酒の1つとされています。

その他にも黄中皇株式会社からは、「龍泉青磁女児紅紹興酒」が発売されています。デザイン性の高いボトルが特徴的です。贈り物としても喜ばれそうな紹興酒の銘柄です。常温で保存しておく時に部屋やキッチンに置いておくとワンポイントになってくれそうな紹興酒です。独特の甘みを感じられるので、いつもとは違う変わった紹興酒を飲みたい!そんな人に是非飲んでほしい銘柄です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3