おあがりて!【長野グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

今回は、 ビールにあう『長野県グルメ』のおつまみを5つご紹介します♪

  • メンバー
  • 更新日:
139view
favorite
おあがりて!【長野グルメ】ビールにあうおつまみ決定戦

呑んべぇのみなさんは、ビールを飲むときにどのようなものをおつまみにしていますか?

「毎回自分で作っている」というお料理上手な方もいるでしょうが、働いているという方にとって手作りのおつまみを用意するのは、なかなかハードルが高いというものです。そうなってくると、どうしてもおつまみを買ってくるという方のほうが多いのではないでしょうか?

コンビニのお菓子や、スーパーのお惣菜などもなかなか美味しいですが、たまには変わったものでビールを楽しみたいものですよね。そんな方におすすめなのが、ご当地グルメのおつまみです。

今回は、 ビールにあう『長野県グルメ』のおつまみを5つご紹介します♪

ビールにあう『長野県グルメ』つまみ【小川の庄の縄文おやきセット】

はじめにご紹介したいのが、「小川の庄」から販売されている「縄文おやきセット」です。

おやきは、長野の郷土料理ですので、さまざまなお店から販売されていますよね。おやきとは、一見するとちょっと大きめのお饅頭のような形をしている食べ物なのですが、その中にはお野菜がたっぷりとつまっているというものです。

ちょっとだけ肉まんのような雰囲気なのですが、食感や旨味がまったく違うんですよね。

小麦粉でできた皮に、しょうゆやお味噌などで味をつけた野菜を包み込んで、焼いていくというシンプルなものなのですが、この素朴さがたまらないのです。

味は、野沢菜、しめじ野菜、あずき、かぼちゃ、切干大根、 野菜ミックス、りんご、きんぴらの8つなのですが、やはりビールともっとも合うのが定番の野沢菜です。また、味噌味の切干大根もなかなかオツですよ。

長野の農村風景に思いをはせながら楽しむおやきとビール…なんとも良い風情がありますよね!!

小川の庄 縄文おやき 15個セット 出典:Amazon

小川の庄 縄文おやき 15個セット

内容量:約90g(1個)×15個

ビールにあう『長野県グルメ』つまみ【大橋珍味堂の柿の種 安曇野産山葵味】

次にご紹介したいのが、「大橋珍味堂」の「柿の種 安曇野産山葵味」です。ビールのおつまみの定番と言えば、やっぱり柿の種ですよね。けれど、スーパーで売られているような柿の種は、どうしても味に飽きがきてしまうということもあるかと思います。

そんなときにおすすめしたいのが、この「大橋珍味堂」の「柿の種 安曇野産山葵味」なんです。

柿の種って、一般的にはちょっぴり辛いですよね。そのピリ辛の柿の種に、安曇野でとれたわさびを粉状にしたものを練りこんでいるという、辛いもの好きにはたまらない一品なんです!!

想像以上にわさびのピリッとした刺激が感じられるお菓子ですので、一気食いは厳禁ですよ。ピリッとしたわさびの辛みがきたあとに、その辛みに追い打ちをかけるかのように辛口のビールを流し込む…なんていう楽しみ方もなかなか刺激的で良いですよ。

ただし、結構辛いですので、わさびの辛さが苦手だという方は、お気をつけくださいね。

ポット柿の種 安曇野産山葵味 210g ×6個 出典:Amazon

ポット柿の種 安曇野産山葵味 210g ×6個

内容:醤油味・安曇野産わさび味・紀州産梅味各210g×各1、こつぶ餅200g×1

ビールにあう『長野県グルメ』つまみ【信州ナチュラルフーズの鹿肉ジャーキー】

次にご紹介するのが、「信州ナチュラルフーズ」の「鹿肉ジャーキー」です。

「鹿肉のジャーキー!?」とびっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、長野県といえばやっぱりジビエでしょう!
普通のビーフジャーキーに飽きたという方には、ものすごくおすすめのおつまみですよ。

ビーフジャーキーもビールのおつまみとしては最高ですよね。けれど、鹿肉のジャーキーだってビールにはバツグンに合うんです。

鹿肉ジャーキーは、ビーフジャーキーよりもあっさりとした旨味があるというところが特徴です。ビーフジャーキーよりも、噛めば噛むほどに旨味が出てきますので、ビールと共にじっくりと時間をかけて味わいたくなるようなジャーキーなんです。

ちなみに臭みはまったくと言っていいほどありませんので、ジビエがあまり得意ではないという方にもおすすめできますよ。
10個入りで1万円程度。なかなか高額なおつまみですが、ここぞというときにぜひ!

信州猟師さんの鹿肉ジャーキー25g 出典:楽天

信州猟師さんの鹿肉ジャーキー25g

【原材料】
鹿肉(長野県産)、糖類(水飴、ブドウ糖)、食塩、香辛料、調味料(アミノ酸)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(硝酸K、亜硫酸Na)、カラメル色素、原材料の一部に乳、小麦、大豆、豚肉、ゼラチンを含む

ビールにあう『長野県グルメ』つまみ【本家田中こうじ店の金山寺もろみ しょうゆの味(み)】

次にご紹介するのが、「本家田中こうじ店」の「金山寺もろみ しょうゆの味(み)」です。

金山寺もろみ しょうゆの味(み)は、もろみに、なすやきゅうり、やまごぼう、にんじん、そしてしその実の漬けものなどを加えて、おしょうゆで味付けをしたお惣菜です。ちなみに、使っているお野菜はほぼすべて地元でとれたものなんですよ。

これを、きゅうりなどにつけて食べるともう最高なんです!この金山寺もろみ しょうゆの味(み)をのせたきゅうりをぼりぼりとかじりながら、キューっとビールを飲む夏の夜を想像してください。「最高」のひとことに尽きますよね。

きゅうりだけでなく、あえてみょうがなんかをさらに和えて、つまんでみるのも美味しいですし、白ごはんの上にのせて、それをつまみにしながらビールを飲むのも一興ですよ。また、個人的におすすめなのが、このしょうゆの味(み)を使った焼きおにぎりです。これが美味しく、ビールとの相性も◎です。

ビールにあう『長野県グルメ』つまみ【すや亀の信州上田名物 美味だれ(おいだれ)】

“最後にご紹介するのが、「すや亀」の「信州上田名物 美味だれ(おいだれ)」です。

これは、簡単に言ってしまうと、「にんにくじょうゆタレ」なのですが、ものすごく美味しいんです。野菜炒めを作り、この信州上田名物 美味だれ(おいだれ)をたっぷりとかけてみてください。もはや、それだけで最高のビールのおつまみになりますよ。

なんと言っても、このタレのおいしさの秘訣は、「にんにく」でしょう。かなりパンチの効いたにんにくの旨味と香りがしっかりときいたタレですので、濃いめのビールとの相性が本当に素晴らしいんです。

「野菜炒めを作るのが面倒くさい」という方は、白いごはんにかけて食べても良いかもしれません。それくらいタレだけでおいしいので、ついついビールも進んでしまいますよ。

このタレは、もともとは焼き鳥用に作られたものですので、買ってきた焼き鳥にかけたりして、オリジナルのおつまみを作ってみるのもなかなかおすすめです。

信州上田名物 美味だれ(おいだれ) 出典:Amazon

信州上田名物 美味だれ(おいだれ)

調味料 にんにく醤油タレ
原材料名/醤油、米麹、本みりん、国産にんにく、鰹だし、昆布だし、米酢、食用植物油脂、ごま油、寒天、一部に小麦を含む。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3