リキュール好きなら知っておこう!媚薬「パルフェタムール」について

  • メンバー
  • 更新日:
29view
favorite

パルフェタムールという名のリキュールをご存知でしょうか?
その昔、媚薬と謳われ売り出されたお酒だといいます。

他のリキュールとはちょっと違う…それがパルフェタムール。
セクシーな色・濃厚な香り…。
飲んだ者を魅惑の世界へと誘います。

いつものリキュールに飽きたら、是非飲んでいただきたい。
そして、好きな人がいればおススメしていただきたい。

その濃厚な香りと味わいにあなたも相手も虜となってしまうはず!

媚薬「パルフェタムール」とはどのようなお酒なのでしょうか。

媚薬「パルフェタムール」とは

パルフェタムールとは、スミレの一種「ニオイスミレ」を原料として作られているリキュールのこと。
色は濃い紫と美しく香りも豊かなため「媚薬」「飲む香水」といわれています。
ちなみに、パルフェタムールは「完全なる愛」という意味です。

アルコール度は25度。
17世紀のフランスで生まれました。
上述したようにパルフェタムールはニオイスミレで作られていますが、実は主原料はオレンジなどの柑橘系。そこにニオイスミレとバラ・バニラ・アーモンドなどを足し作られています。
一口飲んだだけでは分からないパルフェタムールの複雑な味わいと香りは、このような材料によって作り出されています。

パルフェタムールを使った代表的なカクテルには下記のようなものがあります。
・ブルームーン
 キリッとした味わいで飲みごたえがあります。
・バイオレットフィズ
 すっきりとした味わいが特徴で食前酒におススメです。

他にもさまざまなカクテルで使われています。

媚薬といわれる所以と女性に人気の理由

パルフェタムールを生みの親はソルニエというフランスの商人。
彼がニオイスミレの香りを抽出しリキュールを作りだし、フランス語で「完全なる愛」という意味の「パルフェタムール」という名で売り出しました。

当時のフランスでは「香り」で異性の気を引いたといいます。
そのため、香りの良いパルフェタムールを「惚れ薬(媚薬)」と謳い売り出したそうです。

パルフェタムールは女性に人気の高いリキュールです。
人気の理由は、芳醇な香りと見た目の鮮やかさ、そして上品な味わい。
下記のような様々なカクテルが生み出されています。

・ジュテーム
 フランス語で愛してるを意味するカクテル。
 白ワインと合わせて作られています。
 上品な甘さが特徴的でパルフェタムールの豊かな香りに酔いしれることができます。

・アズール
 見た目も鮮やかで楽しませてくれるアズール。
 フランス語で青を意味します。
 ウォッカと合わせたシンプルなスタイルのカクテルです。

媚薬「パルフェタムール」おススメ銘柄

おススメのパルフェタムールをご紹介しましょう。

・味わいの好みによる選び方
さっぱり派…エキス分が低めのものを。
濃厚派…エキス分の割合が高めのものを。

下記2社のパルフェタムールは世界的にも有名。
お好みのパルフェタムールを見つけてください。

・マリー・ブリザール・パルフェ・タムール
 マリー・ブザール社のパルフェタムールです。
 一般的には濃い紫色が特徴のパルフェタムールですが、ここのパルフェタムールは青色をしています。
 エキス分:28.7%
アルコール度数:25度

・ボルス・パルフェ・タムール
 世界最古といわれるリキュールメーカー、ボルス社が出しているパルフェタムールです。
 美しいスミレ色、芳醇な香り…ともに最高。
 ボルス社のパルフェタムールは世界的にも有名でさまざまなバーでよく見かけるほど。
 銘柄を選ぶ際、迷うようならまずはボルス社のものから始めてみましょう。
 エキス分:30%
 アルコール度数・24度

媚薬「パルフェタムール」まとめ、

芳醇な香りと濃厚な味わいのパルフェタムールはニオイスミレを原料に作られたリキュールでした。虜となってしまうほどの味わいではあるものの、一口飲んだだけでは何の味だかわからないという複雑さがあります。今度、誰かと飲みに行くときは予習しておきましょう。「この味はね…!」なんて、ちょっとうんちくを語ってみるとあなたの株があがるかもしれませんよ。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3