リキュールとビールの違いはどこにあるのか

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

日本で販売されているお酒には色々な種類が存在しており、日本酒やビールやワインやウイスキーなど製法や使われている原材料に違いがあります。特に身近に親しまれているのがビールやリキュールです。しかし、多くの人々は意外とこれらの違いが分からないといったケースが多いです。そこで、リキュールとビールの違いを知って、飲み分けたり、新しい飲み方を試して楽しんでみたりすると良いでしょう。近年では、リキュールに数多くのフレーバーが存在していますので、このフレーバーもお酒を楽しむ際の大切な要素です。

リキュールとビールの違いを理解するには

リキュールやビールの違いを知るには、それらを製造している会社の公式サイトで情報を確認してみるのが良いでしょう。ビールとは、原料のうちの3分の2以上に麦芽が使用されています。副原料は麦やホップや米、とうもろこしやでんぷんなどが用いられており、麦芽を糖化しながら酵母で発行させるのがビールの作り方であり、アルコール度数は20%未満に法的に設定されていて、発泡性種類となっています。逆に発泡酒は原料のうち3分の2未満の麦芽が使われている物を指します。ビールとしての副原料に認め得られていない物が含まれている場合にも発泡酒と見なされます。
リキュールは、発泡酒にスピリッツや焼酎を混合して作られた物です。酒税法において、リキュールをビールや発泡酒と明確に分ける為に、原材料には麦芽以外の物が使われる事が多いです。ここで使われているのが、大豆ペプチドや大豆タンパクやとうもろこしなどといった物で構成されています。

飲み方に違いがあるリキュールやビール

リキュールやビールの違いを知るには、飲み方にも着目してみて良いでしょう。ビールは基本的にそのまま飲む事が多く、ビールに何かを入れてアレンジして飲むといったケースは少ないです。しかし、リキュールの場合は、それがベースになって色々なお酒を作る事が出来ますので、バリエーションは豊富となっています。カクテルのベースになったり、市販のチューハイのベースになったりというように、ユーザーの好みのフレーバーを生み出し易いのがリキュールを使う利点です。
ビールとリキュールの大きな違いの一つがホップを使っているかどうかという点でしょう。ビール特有の苦味は、料理を美味しくしてくれる役割もありますが、コクを生み出すのに役立っています。しかし、リキュールにはホップが入っていませんので、苦味が無く、色々なフレーバーを生み出す際に味を付け易くなっているのがリキュールの良いところであり、飲み方にも注目してみると楽しめます。

カクテルのベースとして使われるリキュールと地ビールなど独自路線で違いを出すビール

お酒を楽しむ際には、ユーザーの味の好みが大きく左右されますので、ビールのように料理に合わせて飲むのか、おしゃれなカクテルを作る事でフルーティーさを引き出して、様々なフレーバーを楽しむのかを考えておきますと、お酒を一層楽しめるようになります。リキュールには有名な物だけでもたくさんの種類があり、よくカクテルを作るのに使われています。その為、多くの場合において、そのまま飲むといった機会は無く、フルーツを添えたり、他のお酒と混ぜ合わせて理想のフレーバーを生み出して新しいカクテルを作るといった事が自由自在に行なえます。
ビールは、大手メーカーから発売された物が広く流通していますが、その他にも地元のビールメーカーで製造された地ビールと呼ばれる物も販売されています。地域毎に好まれる味が違いますので、ビール好きな人々には、地ビールは旅先の楽しめます。リキュールとビールの楽しみ方の違いは比較的大きいでしょう。

リキュールとビールの違いを知る事でお酒の楽しみ方も変わってくる

リキュールとビールは、使われている原材料が異なりますし、味も大きく異なってきます。カクテルのベースにするならリキュールが適していますし、ホップの苦味やコクを求めるならビールを選ぶのが良いでしょう。リキュールは色々なお酒と組み合わせがし易いのが大きなメリットですので、ビールでは味わえないテーマ性の高いカクテルを作るのに向いています。ビールはコクやキレなどに違いがありますので、肉料理などに合わせるのが一番相性が良い飲み方と言えるでしょう。
リキュールは、チューハイなどにしてメーカーが売り出しているケースが多いです。量販店でチューハイなどの製品の原材料欄を確認しますと、リキュールと書かれています。リキュールは新しいフレーバーの炭酸系のお酒を作り易いというのがメリットであり、メーカーもシーズン毎に新フレーバーをリキュールをベースにして作り出していますので、飲食店でカクテルを飲まない人でも楽しめます。

製法や飲み方などに違いがあるリキュールやビールはどこで飲めるのか

製法や飲み方に違いがあるビールやリキュールをそれぞれ飲みたい場合、量販店で購入して飲む方法と居酒屋やバーなどで飲む方法があります。リキュールはカクテルのベースになっているお酒ですが、他のお酒と組み合わせ易いという特徴を活用して、メーカーでは各種フレーバーのチューハイや缶ハイボールなどを発売しています。しかし、より美味しいカクテルを飲みたいのであれば、オシャレなバーでカクテルを楽しむのがリキュールを美味しく楽しむ為の一番の方法でしょう。
ビールは、量販店で売っているので、それをそのまま飲むといった楽しみ方が可能ですが、独特の苦味が料理とよく合うという特徴を活かして、居酒屋やバーやレストランなどで注文する事で、ビール本来のコクを楽しめます。ビールには、リキュールベースのカクテル類とは違って、全く異なるフレーバーが存在しているわけでは無く、キレやコクやのどごしという面で差別化を図る傾向が強いです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3