紹興酒を使ったサングリアは漬け込む素材に薬膳が使われることもある

  • メンバー
  • 更新日:
21view
favorite

サングリアは女性に人気のカクテルで、通常は赤や白ワインをベースにつくられます。フツールなどが入っており、見た目にも美味しそうな雰囲気があります。フルーツの組み合わせで、色々味を変えて楽しめるのも魅力です。場合によっては炭酸水を入れて、飲みやすくしたものもあります。中華料理店などでは、紹興酒を使ったサングリアを提供しています。ナツメグやシナモンなど、薬膳素材が漬け込まれています。それでいて、飲み口はスッキリしています。

通常のサングリアはワインにフルーツや炭酸水を入れてつくられる

サングリアは女性に人気のカクテルで、通常は赤や白ワインをベースにつくられます。特に甘いお酒が好きな方に向いており、ワインなどが苦手な方でも美味しく飲めるのが魅力です。何よりもフルーツがふんだんに入っており、見た目にも美味しそうな雰囲気が漂っているものです。フルーツの組み合わせで色々味を変えることができ、自分好みのカクテルを見つけることにもなります。お気に入りの一杯が見つかれば、お酒を楽しむモチベーションにもなります。それゆえ女子会やママランチなどにも適しており、みんなでカクテルを楽しめます。そもそもサングリアはワインにフルーツや香辛料を漬けてつくられるお酒でした。主に赤ワインが使われていたことから赤い血を意味するスペイン語「サングレ」が由来となります。因みに白ワインでつくられるカクテルはサングリア・ブランカと呼ばれたりします。サングリアが飲みやすいのはフルーツや炭酸水が入っているからです。

紹興酒は中国の伝統的なお酒で常温のストレートが通常の飲み方

紹興酒は中国の伝統的なお酒で、現地での飲み方は常温のストレートが一般的です。これが最も紹興酒の味が分かるとされますが、馴染みのない日本人にとっては少しクセが強すぎることもあります。そうした方におすすめなのが、紹興酒のロックです。冷やすことでクセが抑えられ、スッキリとした味わいになります。ただし冷やし過ぎるとせっかくの風味が失われるので、氷を少なめにして楽しむのがコツとなります。紹興酒の変わり種の飲み方として、ハイボールもおすすめです。氷の入ったジョッキに紹興酒1を入れ、それをソーダ水2で割るが美味しい飲み方です。最後にカットレモンを添えれば、お洒落な紹興酒ハイボールの完成です。ジョッキと紹興酒を予め冷やしておけば、美味しさが一層増します。変わり種といえば、紹興酒のサングリアも外せません。砂糖やフルーツを漬けておき、ソーダで割るだけで簡単に作れます。濃厚な味わいが癖になること間違いなしです。

中華料理店では紹興酒を使ったサングリアを提供する場合もある

中華料理を堪能するなら、本場中国の伝統酒である紹興酒が欠かせません。食欲増進や疲労回復にも効果があり、健康面で様々な効能が認められています。紹興酒の中でも10年ものの古酒は、長期間熟成された混ぜものなしの原酒となります。原酒でありながらスッキリした味わいで、コクや風味もしっかりしています。中華料理店によっては、紹興酒を使たサングリアも提供しています。ワインを使ったサングリアとは一味も二味も異なります。薬膳としてナツメグやシナモン、山椒などが漬け込まれています。さらに龍眼やハッカクなどをブレンドして、独特な紹興酒サングリアに仕上がっています。薬膳には健康や美容効果が期待でき、シナモンには血管の健康に役立つ働きがあります。龍眼には貧血を改善する効果があるとされ、紹興酒サングリアは女性に嬉しいお酒と言えます。様々な薬味が入っていながら飲み口はスッキリとしており、独特のスパイシーな味わいが魅力です

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3