韓国のジョンジュ(全州)には独特のマッコリ店があり手土産も揃っている

  • メンバー
  • 更新日:
22view
favorite

韓国では「食はチョンジュ(全州)にあり」と言われており、チョンジュの食レベルの高さを表しています。当地ではチョンジュ式スタイルの食堂街が有名です。やかんに入ったマッコリを注文すると、テーブルの上に所狭しとおつまみが並びます。チョンジュ式スタイルのお店の中には、旬の食材を使ったメニューも提供する場合があります。中には高級食材のワタリガニが出されたりするので、そうしたお店を探すのも楽しみの一つとなります。チョンジュはビビンバ発祥の地でもあり、当地のお土産としても最適です。

韓国のチョンジュ(全州)にはチョンジュ式スタイルのマッコリ店がある

韓国では「食はチョンジュ(全州)にあり」と言われており、チョンジュの食レベルの高さを表しています。当地の住民の味覚レベルも高く、美味しいものが沢山あることでも有名です。ジョンジュの食堂街では名産品のマッコリを、独特のスタイルで楽しむことが出来ます。そのスタイルは韓国でも珍しいもので、お酒好きにはもってこいの場所です。ソウルからのアクセスも良く、日帰り観光にもおすすめなスポットです。チョンジュはマッコリの名産地で、チョンジュ式スタイルのお店が並んでいます。マッコリをやかんで注文すれば、テーブルに載せきれないほどの大量のおつまみが出てきます。おつまみの種類も豊富で、小皿に入れて所狭しと並べられます。ナムルやキムチをはじめ、豚肉のポッサムや焼き魚、卵焼きなど数えるのも大変なくらいです。こうしたおつまみをお供にマッコリをゆっくり味わえるわけです。さらに高麗人参やイモ、栗なども出てきて栄養満点です。

チョンジュのビビンバはマッコリに合うおつまみで手土産として最適

チョンジュ式スタイルのお店の中には、旬のものが堪能できるマッコリ店もあります。秋にはサンマが出され、冬には生ガキが供されたりします。場合によっては高級食材のワタリガニがメニューに上ることもあります。そうした旬の食材を求めてお店巡りするのも楽しみの一つです。お店の選び方としては、お客が沢山入っているところなら間違いありません。どの店舗も小規模経営なので、テーブル数もあまり多くありません。それゆえお目当ての店舗に行くなら早めに訪れるのが良いと言えます。このようなスタイルのマッコリ店はチョンジュにしかないので、マッコリ好きなら是非旅行のスケジュールに加えたいものです。チョンジュはビビンバ発祥の地としても知られています。当地のビビンバは真鍮の器に盛りつけられ、ユッケが添えられています。ユッケには臭みがなく、ナムルとの相性も抜群です。旅行のお土産としても当地のビビンバは最適で、マッコリにも合います。

マッコリは定番の手土産

韓国のお酒といえばマッコリですが、日本でもその人気が高まっています。韓国では各家庭で造られるお酒でしたが、現在はスーパーなどでもズラリと並び、お土産品としても人気です。近年に入ると乳酸菌を豊富に含むお酒として、健康や美容面でも注目されるようになっています。地方限定の商品も数多く出されており、各地の地酒メーカーが競うようにしてマッコリの新商品を打ち出しています。街ではマッコリバーが登場し、気軽にマッコリを飲める環境も整っています。そんなマッコリブームはもはやブームの域を越えて地域に根付いた文化としての側面があると言えます。加熱処理をしない生マッコリの登場が、その文化の流れに拍車をかけています。それ以外にも原料や水にこだわった製品など常に進化し続けているのがマッコリの魅力です。それはマッコリファンの層が厚くなっているからです。韓流ブームが落ち着いたとは言え相変わらずマッコリは定番の手土産です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3